片岡愛之助、藤原紀香と結婚し公私ともに絶好調なイケメン歌舞伎役者に迫る事実8選

2017年7月6日更新

藤原紀香と結婚し公私ともに絶好調なイケメン歌舞伎役者片岡愛之助に迫る事実!熊切あさ美と交際、隠し子など8つのキーワードで、片岡愛之助について掘り下げていきます。

1:実家はスクリュー製造工場だった

藤原紀香と結婚し公私ともに絶好調なイケメン片岡愛之助。もともと梨園の生まれではなくスクリュー工場を営む家庭で育ったようです。

5歳の時に習い事の一つとして、松竹芸能の子役のオーディションを受けて見事合格。そして、7歳の時に藤山直美主演の『欲しがりません勝つまでは』で、テレビドラマに初出演を果たしました。その後、子役の演技を、十三代目片岡仁左衛門に認められて片岡一門へ転身し、歌舞伎役者として歩み始めたようです。

2:ドラマ『欲しがりません勝つまでは』でドラマデビュー

田辺聖子の自伝的小説をドラマ化した『欲しがりません勝つまでは』。大阪の写真館に生まれた少女のてんやわんや青春記です。藤山直美が主演のこのドラマで、片岡愛之助は5歳にしてテレビドラマに登場します。この時の演技が評価され、後に、片岡一門へ転身する事になるのですから、才能は子供の頃からいかんなく発揮されていたといったところでしょうか。

3:熊切あさ美と交際していた

片岡愛之助は以前、熊切あさ美と交際していたようです。藤原紀香との結婚で、熊切がブログに意味深なことを書いていたなどと話題になっていますが、2013年に交際宣言をしていた2人は、どのような関係なのでしょうか。2人が別れた原因は歌舞伎界の後援会の影響があるなど、いろいろと憶測もあるようです。

4:隠し子がいる

片岡愛之助には、小学5年生になる男の子がいるようです。母親は、大阪でホステスをやっている方だとか。別々に暮らしているようですが、この事実に多くの方は驚いたのではないでしょうか。しかし、これまでも佐藤江梨子、愛原実花との交際なども噂されていた片岡愛之助。魅力あふれる男性ですので、女性の方が放っておかないのもうなずけます。

5:ゲーム『ドラゴンクエストシリーズ』の大ファン

『ドラゴンクエストヒーローズ 闇竜と世界樹の城』に登場する闇の一族の王・ヘルムード役のボイスキャストに片岡愛之助が起用されたことが発表されました。その時に「子供の頃からずっとプレイしている大好きな『ドラゴンクエスト』に出演できるなんて、人生の中で一番嬉しい」と語っていたほど『ドラゴンクエストシリーズ』の大ファンのようです。

6:ドラマ『半沢直樹』でおネエ口調のエリート官僚を演じる

池井戸潤による小説『半沢直樹』シリーズのテレビドラマ化作品。2013年7月7日から9月22日まで放送されていました。このシリーズの中で片岡愛之助は、おネエ口調のエリート官僚を演じ多くのファンを獲得しています。この強烈なキャラクターは実はお弟子さんがヒントになっているとか。こんなこと一つとっても役作りの為に、日頃から様々なアンテナを張っている証拠と言えるのではないでしょうか。

7:歌舞伎役者として初めて仮面ライダーに

片岡愛之助は、2014年に『劇場版 仮面ライダー鎧武 サッカー大決戦!黄金の果実争奪杯!』にて、仮面ライダーマルス役に抜擢されています。こちらは歌舞伎界初の仮面ライダーとして話題になりました。子供のころから『仮面ライダー』を見て育った愛之助は、オファーが来た時には二つ返事で快諾したそうです。歌舞伎ファンから多くの支持を得ている愛之助は、仮面ライダーを演じる事で子供にまで広く愛される存在になったと言えるのではないでしょか。

8:藤原紀香と結婚!

2016年3月30日に結婚を発表した歌舞伎俳優の片岡愛之助と女優の藤原紀香。彼女も離婚騒動などで世間を賑わせたことがありました。様々な経験を経て幸せなゴールインを果たした二人。これから色々な苦難が待ち受けていると思いますが、2人で手に手を取ってその困難を乗り越えていってほしいと思います。プロポーズはまだのようですが「新婚旅行に行った時に、ロマンチックにしたいと思っている」という記者会見での答えに、2人の気持ちがギュッと詰まっているのではないでしょうか。