裕木奈江の現在は?アイドルから国際派女優までの軌跡を辿る8のこと

2017年7月6日更新

1980年代後半に女優としてデビュー。その透明感のある可愛さから当時はアイドル的な存在でした。2006年『硫黄島からの手紙』に出演してからは、ハリウッド女優として活躍している裕木奈江のデビュー当時から今までの活動の奇跡をご紹介いたします。

1.1988年に女優としてデビュー

裕木奈江 デビュー

出典: laughy.jp

高等卒業後に芸能事務所に所属し、映画女優としてデビューした裕木奈江。デビュー作は1988年に公開された『ソウルミュージックラバーズオンリー』でした。その後、1990年に映画『曖・昧・Me』で主人公に抜擢されています。

当時はピンクレディーと並びアイドルのような存在で、睡眠時間がわずか3時間しかとれないほどの人気ぶりだったようです。この頃はCMやドラマ、歌番組企画などのメジャーなテレビ出演が激増し、一気に注目を浴びることになりました。

2.作家の五木寛之が名付け親?

裕木奈江 名づけは?

五木寛之は誰もが知っている人気女優の「黒木瞳」や、大御所歌手である「五木ひろし」の芸名を考えたことで有名な作家です。直木賞を受賞した『蒼ざめた馬を見よ』や『青春の門』をはじめとした小説の執筆だけでなく、歌の作詞も手掛けています。

そんな五木寛之が「裕木奈江」という名前を世に送り出したといわれています。

3.ドラマ『北の国から'92巣立ち』で演じた“とろこ役”が話題に

裕木奈江 北の国から

出典: alm-ore.com

『北の国から』でピザ屋のアルバイト店員の松田タマコ役を演じ、駐禁をとられそうになったときに黒板 純(吉岡秀隆)に助けられてから仲良くなり、恋人になります。黒板 純の恋人になった後妊娠が発覚し、中絶を経験するという衝撃的な内容が見る人の心をひきつけ、裕木奈江は大々的にヒットすることとなります。

1992年の5月22日と5月23日の二日間のみの放送だったにもかかわらず、本作に出演した裕木は大きな足跡を残すことになります。田中邦衛をはじめとし、吉岡秀隆、中嶋朋子、菅原文太などそうそうたるメンバーも内容とともに人気に拍車をかけました。

また演技で嘘にならないようにと、富良野の人としての経験を積む為に1ヶ月間合宿を実施していたそうです。五郎が怪我をするシーンでは、本当に田中邦衛自身が凍結するというハプニングがおきてしまうという逸話も。

当時のテレビ放送では「想い出づくり。」という番組と、「北の国から」どちらをリアルタイムで見るか悩む人が多かったと言われています。

4.ラジオが大好き!伊集院光のラジオのヘビーリスナー

裕木奈江 ラジオ

出典: xoomclips.com

『大槻ケンヂのオールナイトニッポン』『伊集院光のOh!デカナイト』のヘビーリスナーであることを明言しており、ラジオ好きが講じて深夜のラジオ番組のオールナイトニッポンのパーソナリティーを務めた経験があります。

裕木のラジオ番組のヘビーリスナーだったオードリー若林は「当時受験シーズンだったので金曜日に必ず裕木奈江さんのラジオを聴きながら勉強にはげんでいました。」と話しており、彼女のラジオのヘビーリスナーという人も多くいるようです。

5.1999年にヘアメイクアーティストと結婚

裕木奈江 ドレス

出典: topicks.jp

1999年11歳年上のヘアメイクアーティストと結婚し、ロサンゼルスに移住します。後2009年に自身のブログで離婚していたことを発表していますが、離婚理由は定かになっておりません。この結婚生活中に子供はもうけていませんでした。

離婚後はベビーシッターのアルバイトをした経験や病気になっていた事など自身の赤裸々な日常をブログにつづっていました。

6.ハリウッド映画『硫黄島からの手紙』に出演していた

裕木奈江 硫黄島からの手紙

2006年に公開のクリント・イーストウッド監督の話題作『硫黄島からの手紙』にNAEという名義で西郷一等兵の妻西郷花子役で出演しました。

後にも海外映画の『インランドエンパイア』(2007年デヴィッド・リンチ監督)や『Whith On Rice』(2009年デイヴ・ボイル監督)『レイキャビック・ホエール・ウォッチング・マサカー』(2009年ジュリアス・ケンプ監督)に出演。

特に『インランドエンパイア』では元々、セリフがまったく無いエキストラの役でしたが、監督に気に入ってもらいセリフのある役として出演。また、『レイキャビック・ホエール・ウォッチング・マサカー』では日本人夫婦のメイドのエンドウ役で出演しています。

7.現在はスイスに移住!写真家として活躍?

裕木奈江 写真家

現在はスイスのバゼルで生活しています。かわいい顔からは想像も付かないほど活発であり、「寝袋があれば十分」という発言が聞かれるくらいのアウトドア派です。

2009年に11年間の結婚生活に終止符を打ち、離婚してからは趣味で始めたカメラを使って写真家としての道を新たにスタートさせ、海外を拠点に活躍しています。

自身で撮りためた写真の展覧会も行っており、プロ顔負けの腕前を見せています。

8.女優としてもまだまだ現役!映画『ツイン・ピークス』に出演決定

ツインピークス

キャスト総勢217人、カルトの帝王といわれているデビッド・リンチ監督、製作総指揮デビット・リンチとマーク・フロストの『ツイン・ピークス』に裕木奈江の出演が決定しました。1990年から1991年にかけて放送された大ヒットドラマ『ツイン・ピークス』が25年ぶりに帰ってきます。

アメリカ北西部の山林の田舎町で、架空の町「ツインピークス」で少女の変死体が見つかり事件が大々的に世間に広まります。解決難航しFBIが派遣され、次々と事件の謎が深まり平和だった田舎町が変貌していくミステリーサスペンスストーリーです。

当時から絶大的な人気をほこったドラマで、変死体となって発見された少女をめぐる人間関係の真実が、後半になるにつれて明らかになっていく、気になりだしたら止まらないストーリー展開。当時のアメリカでは何度と無くドラマに出てきたチェリーパイが良く売れたとのことです。