離婚率現代の2倍!時代は変われど、男女の諍いは変わらず『駆込み女と駆出し男』

2017年7月6日更新

井上ひさしが晩年11年をかけて執筆した時代小説「東慶寺花だより」を映画化。 大泉洋主演を迎え、戸田恵梨香、満島ひかりなど実力派俳優をキャスティングした豪華時代となっています。 原田眞人監督がメガホンを取り、スピーディーでエネルギッシュな作品に仕上げています。

江戸時代の離婚劇をコミカルに描きだす、笑えて、泣ける時代劇エンターテインメント

江戸時代は現代でいうところの離婚を離縁と呼び、それはなんと現代の2倍はあったと言います。 離縁をしたい女たちが必死の思いで駆け込んで来るのが縁切り寺「東慶寺」。 女たちは、まず東慶寺にある御用宿で離婚調整人に事情を話すことになります。 聞き取り調査人として、人気俳優の大泉洋、ヒロインには戸田恵梨香、満島ひかり。 ほか樹木希林、堤真一、内山理名、山崎努、武田真治など、ベテラン俳優陣が揃いました。

早くも映画史に残ると呼び声の高い本作、主演には大泉洋

resize_kakekomi_hyoumen

本作では女たちの複雑な事情を聞き取り、離縁へと導く調査人信次郎に扮した大泉洋。 公開前から彼の絶妙なトークバトルは映画史に残るとも言われるほどの評判になっています。 今回、主演に抜擢された喜びと意気込みを語っています。 「巨匠・井上ひさしさんの原作で、憧れの原田監督の作品に出演となり光栄に思っています。 また戸田さんや満島さんをはじめ個性豊かな俳優陣に囲まれながらの出演も大変嬉しく思っています。 公開になりましたら皆さんも是非!映画館に駆込んでください!」

監督&脚本を務めた原田眞人も自信!

500kakekomi0317full

本作が、人情時代劇初挑戦となる原田眞人監督ですが、その仕上がりには自信に満ちた表情がうかがえます。 原作では時代が厳密には書かれていなかったために、ひどく苦労し時間がかかってしまったとか。 信次郎の成長の様子や、女たちの繋がり、江戸から鎌倉までの道中の描写など使いたいシーンばかりだったと言います。 大泉をはじめ、戸田、満島など多くの豪華キャストでまた作品を撮りたいと意欲を見せていました。

主なキャスト紹介

kakekomi001-600×348

引用: cinema.ne.jp

●主人公、医者見習い&駆出し戯作者の中村信次郎…大泉洋

○亭主に愛想をつかし東慶寺に駆け込んだ女 鉄練りじょご…戸田恵梨香 ○惚れた男の元から何故か駆け込んできた お吟…満島ひかり

main

引用: cinema.ne.jp

○柏屋の女主人“三代目柏屋源兵衛”…樹木希林 ○柏屋の番頭 利平…木場勝己 ○利平妻 のお勝…キムラ緑子 ○東慶寺の院代 法秀尼…陽月華 ○乱暴の末夫婦にさせられた 戸賀崎ゆう…内山理名 ○もうひとりの駆込み女、神野三鈴

○「南総里見八犬伝」作者、当代一の戯作者 曲亭馬琴 役に山崎 努 ○お吟を妾にしていた、唐物問屋、堀切屋三郎衛門…堤 真一 ○じょごのDV夫 重蔵…武田真治

豪華キャストたちが送る、人情時代劇! 今から公開が待ち遠しいです。