2021年9月3日更新

『スパイダーマン:ホームカミング』の動画を無料で配信中のサービスはこれ!

『スパイダーマン:ホームカミング』 トム・ホランド
©Marvel Studios 2016. ©2016 CTMG. All Rights Reserved.

2017年に公開された、映画『スパイダーマン:ホームカミング』。本記事では、「スパイダーマン」の実写映画としては6作品目に当たる本作を配信中のサービスについて紹介していきます。

『スパイダーマン:ホームカミング』を無料で観られる動画配信サービスを紹介

『スパイダーマン:ホームカミング』の作品概要

公開年 2017年
監督 ジョン・ワッツ
キャスト トム・ホランド
マイケル・キートン
ジョン・ファヴロー

映画『スパイダーマン:ホームカミング』のあらすじ

『スパイダーマン:ホームカミング』は2017年に公開されたアメリカのヒーローアクション映画。 ヒーロー集団・アベンジャーズへの加入を夢見る冴えない高校生のピーター・パーカーは、スパイダーマンに扮して近所のパトロールを行うことを日課としています。 ある日、能力のひとつである第六感の反応をもとに怪しげな窃盗集団を探ると、武器の密売現場を発見しました。彼らを仕留めれば一人前のヒーローの証明ができると踏んだピーター。 彼は窃盗集団を追い詰めようとしますが、相手のボスは非常に厄介かつ危険な人物で……。

映画『スパイダーマン:ホームカミング』の主要キャラクター&キャスト

ピーター・パーカー役/トム・ホランド

トム・ホランド
©️WENN.com

ピーター・パーカー/スパイダーマンは、伯母のメイと2人暮らしをする15歳の明るい高校生。 彼は勉学に関しては優秀で、学力コンテストのエース的存在です。過去に1度だけアイアンマンから呼び出しを受けたことが忘れられず、彼に認められたいと思っていますが、やることなすこと全てが空回りしてしまいます。 ピーターを演じたトム・ホランドは、映画『インポッシブル』(2012年)や『借りぐらしのアリエッティ』(2010年)(翔の声の吹替え)に出演するなど、子役時代から活躍する俳優です。

バルチャー役/マイケル・キートン

マイケル・キートン
Brian To/WENN.com

本作のヴィラン、バルチャーは、解体・残骸処理の会社を経営していました。 しかし、アイアンマンの管理する政府機関に仕事を奪われ、従業員もろとも失業。 その後は武器の密売を始めて一儲けし、アイアンマンへの復讐を計画します。彼がバルチャーとして活動する際は、黒のウィングスーツとマスクを付け、自由自在に空を飛びます。 バルチャーを演じたマイケル・キートンは映画「バットマン」シリーズではバットマン役、映画『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』(2014年)では過去に劇中作「バードマン」の主演を務めた主人公役を演じるなど、翼に関するキャラクターが印象深い俳優です。

トニー・スターク役/ロバート・ダウニー・Jr

ロバート・ダウニー・jr
Peter West/ACE Pictures/Newscom/Zeta Image

トニー・スターク/アイアンマンは、軍需企業「スタークインダストリーズ」の社長です。 ヒーロー集団「アベンジャーズ」の一員でありながら、チームへのばく大な資金提供も欠かしません。ピーターのことを子ども扱いする一方、まだ若いピーターが無茶をしてひどい目に遭わないか心配しています。 トニーを演じた俳優はロバート・ダウニー・Jrです。彼は薬物依存で逮捕された過去を持つものの、映画「アイアンマン」シリーズで映画界に復活し、映画「シャーロックホームズ」シリーズのホームズ役など多くの映画に出演しています。

ハッピー・ホーガン役/ジョン・ファヴロー

ジョン・ファヴロー
©Hahn Lionel/Sipa USA USA/Newscom/Zeta Image

ハッピー・ホーガンは、トニーの親友であり彼の運転手を務めています。 本作ではピーターのお目付け役を買って出ています。またアベンジャーズ・タワーの引っ越しに精を出していたため、ピーターに対して度々つれない態度をとることになります。 演じたジョン・ファヴローは、1993年公開された『ルディ/涙のウイニング・ラン』にてデビューを果たした俳優です。また彼は監督としても活躍しており、「アイアンマン」シリーズで大ヒットを叩き出しました。

「スパイダーマン:ホームカミング」の見どころ

『スパイダーマン:ホームカミング』 トム・ホランド
©Marvel Studios 2016. ©2016 CTMG. All Rights Reserved.

見どころ①:ハイテク化したスパイダースーツに注目!

本作の見どころは、なんといってもハイテク化したスパイダースーツです。 本作のスパイダースーツは、ただの丈夫なタイツではなくなっており、人工知能を搭載し、腕から飛び出すクモの糸もバリエーション豊富、胸には偵察ドローンまで備えています。 「スパイダーマン」シリーズを知っている人はこの進化に間違いなく感動し、スパイダーマンを初めて観る人は、シンプルな見た目に反する最新のテクノロジーに驚くことでしょう。

見どころ②:新しいヒーロー像

本作のスパイダーマンには、従来のヒーロー像とは打って変わり、若さゆえのはしゃぐ様子が多々見受けられます。好きな相手に積極的に迫ったりするだけでなく、悪者の前でもふざけたりする姿も。 そんな新ヒーローが物語を進むうちにどのように成長していくのか、想像しながら鑑賞するとより一層楽しめるのではないでしょうか。

『スパイダーマン:ホームカミング』は動画配信サービスを使って無料で観よう!

本記事では、『スパイダーマン:ホームカミング』を無料で配信中のサービスや、本作のあらすじや見どころについても紹介していきました。 従来のヒーロー像とは打って変わった、トム・ホランド演じるスパイダーマン。マーベル作品の中でもまた違った楽しみ方ができるかもしれませんね。そんな『スパイダーマン:ホームカミング』を、動画配信サービスを使って是非チェックしてみてください!