2017年7月6日更新

『風と共に去りぬ』名作文芸映画には知られざる逸話があった! 

風と共に去りぬ [DVD]

日本では1952年に公開された伝説的な名作文芸映画『風と共に去りぬ』の制作過程には数多くの逸話が残っています。海外の記事から厳選したあなたの知らない17のエピソードをお届けします。

1.ヴィヴィアン・リーは早くから『風と共に去りぬ』のことを知っていた

名作映画『風と共に去りぬ』のヒロイン、スカーレット・オハラのキャスティングには数年かかりました。

プロデューサーのデヴィッド・O・セルズニックは、意図的に原作発売から映画化されるまでの間に数年を置き、スカーレット役が募集されているというニュースを人々の間に広めていたそうです。

ヴィヴィアン・リーがキャスティングされたのは本作の最初の場面が撮影された後でしたが、彼女はかなり早い段階からこの役に目をつけていたと言われています。当時のタイム誌にその時の様子が描かれていました。

イギリスの監督ビクター・サビルは、ハリウッド滞在中に『風と共に去りぬ』の初版を手にし、イギリスに持ち帰った。読み終えるとすぐに果敢にもヴィヴィアン・リーに電話をかけ、「ヴィヴィアン、悪女中の悪女が登場する、映画化にぴったりの素晴らしい小説を読んだよ。君こそがその悪女を演じるにふさわしい女優だ」と伝えた。
引用:time.com

2.オーディションで監督と意気投合したヴィヴィアン・リー

『風と共に去りぬ』はアメリカ南部を舞台にした物語ですが、ヴィヴィアン・リーはイギリス人。オーディションを受けたときにイギリス英語のアクセントを直そうとしませんでした。

ロンドンの舞台で活躍する人気女優だった彼女の発音は、はっきりとした格調高いものだったとか。

オーディションに立ち会った当時の監督ジョージ・キューカーはこう語っています。

リーは台詞をとても愛らしく、そして非常に歯切れのよいイギリス英語で読み上げた...。だから私は考えられる内でもっとも失礼な言葉で彼女をののしって、顔をぶったんだよ。

監督の反応にヴィヴィアン・リーは大笑いし、2人は意気投合。そして彼女はスカーレット役を手に入れることになりました。2人はその後とても仲良しになったそうです。

3.出演者たちのスキャンダルに頭を悩ませた制作陣

プロデューサーたちが、ヴィヴィアン・リーの出演に関して頭を悩ませたのは、彼女のイギリス英語のアクセントだけではありませんでした。

彼女は大きなスキャンダルを巻き起こし映画に影響を及ぼす可能性があったのです。当時彼女は結婚していましたが、既婚のイギリスの名優ローレンス・オリヴィエと不倫をしていたと言われています。

しかし、スカーレット役の有力候補の1人のポーレット・ゴダードが当時チャーリー・チャップリンと不倫をしていたことほどは気にかけられませんでした。

2人のスキャンダルは当時大きく注目されていたのです。ゴダードは不倫の末にチャップリンと極秘に結婚していたのですが、このことを公表していればスカーレット役を手にすることができたかもしれません。

4.監督が3人もいた!

ジョージ・キューカーは撮影のペースや製作の方針などでプロデューサーのセルズニックと折り合うことが出来ず、撮影開始後18日で監督を降りました。

次に監督になったのはアメリカで『風と共に去りぬ』と同年の1939年に公開されたミュージカル映画『オズの魔法使い』の監督を務めていたヴィクター・フレミング。

撮影中にフレミングは神経衰弱に陥り(仮病の可能性もあるそう)休暇を取りました。彼が戻ってくるまでの間、ハリウッド黄金期の大作を多く監督したサム・ウッドが代役を務めました。

5.陰で作品を支えたキューカー元監督

キューカーが監督をクビにされると、ヴィヴィアン・リーとメラニー役のオリヴィア・デ・ハヴィランドは大変あわてて、セルズニックに決定を変更するよう懇願したそうです。

訴えは聞き入れられませんでしたが、撮影中2人はキューカーの元に度々通い、指示を仰いでいました。

そこまで感覚が緻密ではないフレミング監督よりも、登場人物たちの複雑な性格を理解していたキューカーを2人は頼りにしていたようです。

6.脚本家は16人いた!その中には有名な小説家も

脚本家としてクレジットされ、またオスカーを受賞しているのはシドニー・ハワード1人ですが、彼の書いた脚本は6時間にもわたるもので、その後15人の脚本家が次々に脚本を短くするために奮闘しました。

その中の1人が『グレート・ギャツビー』などの作品で有名な小説家F・スコット・フィッツジェラルドです。

フィッツジェラルドは無駄な会話を減らし、その代わりに登場人物たちの行動に多くを語らせるようにしました。戦争から帰ってきたアシュレーとマレインが階段を上っていくのをスカーレットが燃えるような目でじっと見つめる場面には彼の影響が強く出ています。

7.当時史上3番目に制作費のかかった映画だった

当時『風と共に去りぬ』は史上3番目に高額の制作費385万ドルが費やされた映画となりました。

現代の金額に換算すると約6600万ドルとなりますが、これは今日の大ヒット作の制作費と比べれば驚くほど少ないと言えます。(たとえばジェームズ・キャメロン監督の2009年公開のヒット作『アバター』は4億2500万ドルです。)

8.アトランタの火事の場面は、スタジオのセットを燃やして表現!!

『風と共に去りぬ』で一番最初に撮影されたのはアトランタでの火事の場面です。スケールの大きな場面で撮り直しも許されず、映画の存亡がかかっていました。

火事の場面を最初に撮影したのには、スタジオにたまっていた20年分の古いセットを燃やし、新しいセットのための場所を作るという現実的な理由もあったそうです。

9.レスリー・ハワードはアシュレー役に乗り気ではなかった

21歳のハンサムな青年アシュレーを演じたのは、当時すでに40代になっていたイギリスの俳優レスリー・ハワードでした。彼は病弱でスリムな青年を多く演じていますが、アシュレー役には乗り気ではなかったようです。

『風と共に去りぬ』への出演を承諾したのは、次の作品でプロデューサーとしての肩書きを約束されていたからでした。娘に宛てた手紙で次のように語っています。

あんな役は大嫌いだ。私はアシュレーを演じられるほどハンサムでもないし若くもない。若く魅力的に見せるためにメイクで手直しされるのは嫌な気分だよ。

10.クラーク・ゲーブルはカメラの前で泣きたくなかった

物語の終盤で、クラーク・ゲーブル演じるレット・バトラーが、スカーレットが流産したことを知らされる場面があります。ここでレットは涙を流すことになっていましたが、ゲーブルは泣くことで自身のイメージが損なわれるのではないかと考え、演技をしぶりました。

俳優をうまくその気にさせることで有名だったフレミング監督は、涙を流すバージョンと深い悲しみを背中で表現するバージョンの2通りで撮影した後、涙を流す姿を見ても観客はレットを弱々しいなどと思わず愛しいと思うはずだとゲーブルを説得したそうです。

11.南北戦争の場面では1000体のダミーを使用!!

プロデューサーのセルズニックは、南北戦争の終盤で死傷者が地面に並ぶ場面で少なくとも2500人のエキストラを使うことを希望していました。

しかし映画やテレビの俳優の労働組合である映画俳優組合は1500人しか提供する事が出来ず、また資金を節約するためにも1000体のダミーを使うことになったそうです。

12.メインキャラ4人が揃うのは1場面だけ

『風と共に去りぬ』に登場する4人の主要な登場人物であるヴィヴィアン・リー、クラーク・ゲーブル、オリヴィア・デ・ハヴィランド、そしてレスリー・ハワードが4時間にわたる上映時間の間で一堂に会するのは、レットがけが人たちを心配する妻たちのもとに連れ帰り、ヤンキーたちに逮捕されるのを避けるために酔っ払っているふりをするたった一場面のみです。

主要キャラがいろいろな組み合わせで2人、もしくは3人同時に登場する場面は多くあるのですが、4人が揃うのはほんの一瞬だけなのですね。

13.『風と共に去りぬ』プレミアでアトランタが熱狂

『風と共に去りぬ』のプレミアが行われたジョージア州アトランタでは、州知事がイベントのために国家警備隊を出動させる準備をし、プレミアの日を州の祝日にしました。

またアトランタの市長は、プレミアのためのお祭りを3日間続けることにし、アトランタの市民たちに特別にドレスアップをするよう要求したほか、やってくる映画スターの服を引きちぎらないようにと命令していたと言われています。

3万人以上の人々が、お祭りの雰囲気を楽しむためだけにアトランタにやってきました。プレミアにはヴィヴィアン・リー、クラーク・ゲーブル夫妻、ローレンス・オリヴィエらが出席し、空港から会場まで移動する彼らに、集まった人々はキャンディトスをして歓迎したそう。

14.アカデミー賞を受賞するも、根強く残っていた人種差別

マミーを演じたハティ・マクダニエルはアカデミー賞にノミネートされ、受賞した最初のアフリカ系アメリカ人となりました。

しかし1940年当時、アメリカにはまだ人種差別が根強く残っており、マクダニエルと彼女の仲間は授賞式中他のキャストとともに席に着くことを許されず、受賞前後は会場の裏に隔離されたテーブルにつかなければなりませんでした。受賞のスピーチもスタジオの用意したもので「(彼女の)人種の名誉となる」という屈辱的な表現を含んでいたのです。

さらにアトランタのプレミアには黒人の俳優が出席することが許されなかったため、クラーク・ゲーブルは特に憤りました。イベントをボイコットするとさえ主張しましたが、マクダニエルはもともと行くつもりはなかったからと彼をなだめ、2人はその後も長い間よい友達であり続けたそうです。

15.人種差別的なシーンをカット

『風と共に去りぬ』は人種差別がまだ撤廃されていない1860年代の南北戦争の時代が背景となっており、黒人に対するステレオタイプやひどいバイアスのかかった言葉遣いや描写が含まれていました。

全米黒人地位向上協会NAACPは、映画にクー・クラックス・クランについて肯定的に言及したり、リンチを正当化するような場面があると知ると、映画をボイコットすると主張していたそうです。

プロデューサーのセルズニックは全国の最も影響力のある黒人の記者たちを集め、人種差別的な場面は極力映画から取り除くことを約束しました。

16.脚本が完成する前に撮影終了

原作のファンをがっかりさせることなく、大長編小説を普通の長さの映画にするには、大量の草稿を作成しなければなりませんでした。撮影が事実上終了した最終日の進行予定表にもまだ「脚本到着予定」と書かれていたそう。

映画の撮影が長くかかったのも、撮影を進めるには仕上がってくる脚本を待って同時進行で撮影しなければならなかったからでした。

17.『風と共に去りぬ』の脚本の最終稿を作る作業自体が劇に!

コメディ劇『月光とマグノリア(原題)』には、プロデューサーのセルズニックと監督のフレミング、そして脚本の完成度を上げるコンサルタントのベン・ヘクトが、原作を満足のいく脚本に仕上げるために1週間オフィスに閉じこもった(というより、セルズニックにより閉じ込められた)様子が描かれています。

セルズニックはフレミングとベン・ヘクトにバナナとピーナッツしか与えなかったそう。他の食べ物は執筆作業を遅らせると信じていたようです。最後にはセルズニックは疲労で昏倒し、フレミングは目の血管が破裂してしまいました。