海外人気女優20人!これさえ読めば海外女優通!

2017年7月6日更新 537308view

映画に華を添える注目の美人女優をピックアップします。注目の若手女優からベテランの実力派まで、これさえおさえれば、あなたも海外女優通です!

アマンダ・セイフライド

『アマンダ・セイフライド』

プロフィール

アマンダ・セイフライドは、1985年生まれアメリカ出身の女優です。11歳でモデルとしてデビュー。2004年の映画『ミーン・ガールズ』でリンジー・ローハンやレイチェル・マクアダムスらと共演し、一躍注目を集めます。2008年『マンマ・ミーア!』2012年の映画『レ・ミゼラブル』では吹き替えなしで圧倒的な歌唱力を披露するなど実力派の女優として知られています。

2015年は『テッド2』『パパが遺した物語』『PAN ネバーランド、夢のはじまり』なの出演作で日本でも知名度を上げました。

2016年の注目作は『クーパー家の晩餐会』『ホワイル・ウィアー・ヤング(原題)』

『クーパー家の晩餐会』

2016年2月19日公開予定の『クーパー家の晩餐会』に出演します。『I am Sam アイ・アム・サム』のジェシー・ネルソンが監督をつとめる本作は、クリスマスパーティに集まった11人のクーパー一族を描く群像劇です。

ベン・スティラー、ナオミ・ワッツ、アダム・ドライバーなど豪華キャストが出演するコメディ『ホワイル・ウィアー・ヤング(原題)』にも出演しています。

アリシア・ヴィキャンデル

#AliciaVikander

Alicia Vikanderさん(@aliciavikanderdaily)がシェアした投稿 -

プロフィール

アリシア・ヴィキャンデルは、1988年生まれスウェーデン出身の女優です。もともとはバレリーナを目指していたため、王立バレエ学校で本格的にバレエを学んでいました。2007年から女優としての活動も始め、2012年にはキーラ・ナイトレイ主演の映画『アンナ・カレーニナ』に出演しています。

2015年はガイ・リッチーのスパイアクション『コードネーム U.N.C.L.E.』でヒロインを演じ、注目を集めました。また、海外ではアンドロイドを演じた『エクス・マキナ(原題)』が高評価されました。日本での公開が待たれます。

2016年の注目作は『リリーのすべて』

『博士と彼女のセオリー』のエディ・レッドメインが、世界で初めて性別適合手術を受けたリリー・エルベを演じた『リリーのすべて』に、リリーの妻ゲルダ役で出演します。映画『リリーのすべて』は2016年3月18日全国公開予定です。

『リリーのすべて』のほかにも『チューリップ・フィーバー(原題)』に出演、日本公開されることが決定しています。

アン・ハサウェイ

『アンハサウェイ』

プロフィール

アン・ハサウェイは、1982年生まれアメリカ出身の女優です。『プリティ・ウーマン』や『プリティ・ブライド』のゲイリー・マーシャル監督が手掛けたヒット作『プリティ・プリンセス』に出演し、人気スターの仲間入りを果たします。

2006年『プラダを着た悪魔』2007年『ジェイン・オースティン 秘められた恋』2010年『アリス・イン・ワンダーランド』などを代表作に持ち、近年では『ダークナイト ライジング』『レ・ミゼラブル』『インターステラー』などに出演し、アイドルのイメージを払拭し、実力派女優として活躍しています。

2016年の注目作は『アリス・イン・ワンダーランド 時間の旅』

2010年に公開された『アリス・イン・ワンダーランド』の続編『アリス・イン・ワンダーランド 時間の旅』に前作同様、白の女王役で出演します。『アリス・イン・ワンダーランド 時間の旅』は2016年7月1日公開予定です。

エマ・ストーン

プロフィール

エマ・ストーンは、1988年生まれアメリカ出身の女優です。2004年タレント発掘番組への出演をきっかけにキャリアがスタートしますが、なかなか仕事に恵まれず下積み時代が続きます。

その後2008年『キューティ・バニー』や、ジェニファー・ガーナーとマシュー・マコノヒー主演の『ゴースト・オブ・ガールフレンズ・パスト』などの映画に出演。続けて2010年に出演した『小悪魔はなぜモテる?!』ではゴールデングローブ賞主演女優賞にノミネートされ、注目を浴びるようになりました。

2012年『アメイジング・スパイダーマン』2014年『マジック・イン・ムーンライト』などを代表作に持ちます。

注目作は『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』『イラショナル・マン(原題)』

アカデミー賞4部門を受賞した本作で、エマ・ストーンはアカデミー賞助演女優賞にノミネートされました。

ウディ・アレン監督による『イラショナル・マン(原題)』が2016年初夏に全国公開されることが決定しました。『マジック・イン・ムーンライト』に引き続き2度目のウディ・アレン作品への出演となります。

エミリー・ブラウニング

『インサイド・ミー』

プロフィール

エミリー・ブラウニングは、1988年生まれオーストラリア出身の女優です。2001年『The Man Who Sued God』で映画デビューを果たし、翌年2002年公開の『ゴーストシップ』で注目を集めます。2004年『レモニー・スニケットの世にも不幸せな物語』、2011年『エンジェル ウォーズ』、『スリーピング ビューティー/禁断の悦び』などを代表作に持ちます。

注目作は『ゴッド・ヘルプ・ザ・ガール』『レジェンド 狂気の美学』

日本では2015年8月1日に公開された『ゴッド・ヘルプ・ザ・ガール』では主人公イヴを演じています。

『マッドマックス 怒りのデスロード』のトム・ハーディが一人二役で実在の双子ギャングを演じるということで話題の映画『レジェンド 狂気の美学』にエミリー・ブラウニングが出演します。2016年6月18日全国公開予定です。

カーラ・デルヴィーニュ

#regram @funnyordie coming soon...

Cara Delevingneさん(@caradelevingne)がシェアした投稿 -

プロフィール

カーラ・デルヴィーニュは、1992年生まれイギリス出身のファッションモデルです。モデルに加えソーシャライトや女優、歌手としても活躍しています。特に演技の道に意欲を見せており、モデル業の傍ら2012年に映画『アンナ・カレーニナ』にソロキナ女嬢役で女優デビューを果たしています。

2016年の注目作は『スーサイド・スクワッド』『チューリップ・フィーバー(原題)』

DCコミックの悪役たちが勢ぞろいする『スーサイド・スクワッド』に魔術師エンチャントレス役で出演します。日本公開は2016年夏、おそらく8月になるだろうと思われます。

また、クリストフ・ヴァルツ、アリシア・ヴィキャンデル、デイン・デハーン、ジャック・オコンネルといった豪華キャストが出演する『チューリップ・フィーバー(原題)』に出演することも決定しています。

ガル・ガドット

プロフィール

ガル・ガドットは、1985年生まれイスラエル出身のモデル・女優です。ミス・イスラエルに選ばれたこともある美貌が最大の武器で、2015年には「世界で最も美しい顔」で2位に選出されました。女優としては『ワイルド・スピード』シリーズのジゼル・ヤシャ役で知られています。

2016年の注目作は『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』

2016年春休み最大の注目作『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』でワンダーウーマンを演じることが決定しています。2017年にはワンダーウーマンが主人公の映画の製作も決まっており、ブレイクは保証されたようなもの。2015年のレベッカ・ファーガソン、アリシア・ヴィキャンデル、デイジー・リドリーといった女優のように一気に知名度が上昇することが予想されます。

2016年3月25日公開の『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』までに『ワイルド・スピード』シリーズや『ナイト&デイ』をチェックしておくと、一緒に観に行った友達にドヤ顔できること請け合いです!

キャサリン・ウォーターストン

キャサリン・ウォーターストン

プロフィール

キャサリン・ウォーターストンは、1980年生まれロンドン出身の女優です。名優サム・ウォーターストンの娘でもあります。2015年にはポール・トーマス・アンダーソン監督の『インヒアレント・ヴァイス』に出演し、注目を集めました。

2016年の注目作品は『スティーブ・ジョブズ』『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』

2016年2月12日全国公開予定、マイケル・ファスベンダー主演の映画『スティーブ・ジョブズ』に、スティーブ・ジョブズの元恋人役で出演します。これまでにもスティーブ・ジョブズの映画は作られてきましたが、本作は歴代最高という評価を受けており、アカデミー賞の有力候補と言われています。

2016冬公開予定のハリーポッタースピンオフ映画『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』にヒロインのティナ役で出演します。本作は2018年に第二弾が、2020年に第三弾が公開される予定で、キャサリン・ウォーターストンのブレイクはほぼ間違いないと言えるでしょう。

ケイト・ブランシェット

『ケイト・

プロフィール

ケイト・ブランシェットは、1969年生まれオーストラリア出身の女優です。これまで数多くの賞を受賞してきた世界が認める演技派で、2015年には映画『シンデレラ』でいじわるな継母役を演じ注目を集めました。

2016年の注目作は『キャロル』

2016年2月11日公開予定の映画『キャロル』は、ケイト・ブランシェット演じるキャロルとルーニー・マーラ演じるテレーズの同性愛を中心に描いた作品。ケイト・ブランシェットは本作でアカデミー賞主演女優賞にノミネートされました。

『キャロル』の他にも、ロバート・レッドフォードと共演した『トゥルース(原題)』が秋に日本公開されることが決定しています。

ケイト・マーラ

ケイト・マーラ

プロフィール

ケイト・マーラは、1983年生まれアメリカ出身の女優です。ルーニー・マーラの姉ということでも知られています。2005年『ブロークバック・マウンテン』2010年『アイアンマン2』『127時間』2014年『トランセンデンス』などに出演しています。テレビドラマ『ハウス・オブ・カード 野望の階段』では プライムタイム・エミー賞ゲスト女優賞 にノミネートされています。

2016年の注目作は『オデッセイ』

2016年2月5日全国公開の映画『オデッセイ』に出演予定です。本作は、マット・デイモン演じる主人公が火星に取り残されてしまい、救助されるまでサバイバル生活を送るというもの。2016年上半期最大のS映画として注目が集まっています。

シアーシャ・ローナン

シアーシャ・ローナン

プロフィール

シアーシャ・ローナンは1994年生まれのアイルランド女優。13歳の時に出演した2007年の映画『つぐない』でアカデミー賞助演女優賞ノミネート、2009年の『ラブリーボーン』で英国アカデミー賞主演女優賞ノミネートと10代の頃から演技力を高く評価されていました。

2016年の注目作は『ブルックリン』

アイルランドからの移民の主人公がニューヨークで生きていくさまを描いた映画『ブルックリン』にシアーシャ・ローナンは主演しています。本作の演技派高く評価されており、アカデミー賞ノミネートはほぼ確実だろうと言われています。

ジェシカ・チャステイン

ジェシカ・チャスティン

プロフィール

ジェシカ・チャステインは、1977年生まれのアメリカ女優です。2010年の映画『ペイド・バック』でロサンゼルス映画批評家協会賞助演女優賞受賞を受賞し注目を集め、2011年『ヘルプ 〜心がつなぐストーリー〜』、2012年『ゼロ・ダーク・サーティ』、2014年『インターステラー』などの大作に出演、いずれの演技も高く評価されています。

2016年の注目作品は『クリムゾン・ピーク』『オデッセイ』『スノーホワイト 氷の王国』

2016年1月8日公開のギレルモ・デル・トロ監督最新作『クリムゾン・ピーク』に出演することが決定しています。本作はミア・ワシコウスカ主演の19世紀イギリスを舞台にしたゴシックホラー。ジェシカ・チャステインは、ミア・ワシコウスカ演じる主人公イーディスの義理の姉を演じます。

2016年2月5日公開の映画『オデッセイ』はリドリー・スコット監督、マット・デイモン主演で送る、2016年上半期最注目SF大作です。火星でのミッション中に誤って、マット・デイモン演じる宇宙飛行士マーク・ワトニーが取り残されてしまうというストーリー。ジェシカ・チャステインは、ロケットの船長メリッサ・ルイス准将を演じています。

『スノーホワイト』の続編『スノーホワイト 氷の王国』が2016年5月に公開されます。悪の女王を前作に引き続きシャーリーズ・セロンが演じるのにくわえ、今回の続編では悪の女王の妹、氷の女王が登場、エミリー・ブラントが演じます。ジェシカ・チャステインは、クリス・ヘムズワース演じるハンターとともに女王姉妹に立ち向かう戦士サラを演じるとのことです。