ジュリエット・ビノシュ×河瀬直美の映画『Vision』に豪華俳優陣が集結!【永瀬正敏、森山未來ほか】

2018年1月18日更新

ジュリエット・ビノシュと永瀬正敏がダブル主演を務める、河瀬直美監督の新作映画『Vision』。この記事では、同作のあらすじ、キャスト、公開日などの情報を紹介していきます。

河瀬直美監督最新作『Vision』に豪華俳優が集結!

カンヌ国際映画祭でのグランプリでの受賞経験を持つ映画監督・河瀬直美の最新作『Vision』に豪華俳優陣が出演していることが判明。 この記事では、同作の気になるあらすじやキャストなどの情報を紹介していきます。

『Vision』のストーリーは?

『Vision』は、世界中を旅しながら紀行文を書いているフランスのエッセイスト・ジャンヌが、とあるリサーチのために奈良・吉野を訪れるというストーリー。 劇中では、ジャンヌが現地で出会った山守の男と、言葉や文化といった壁を超えて心を通わせていく様子が描かれているとのことです。

ジュリエット・ビノシュ&永瀬正敏がダブル主演!

ジャンヌ/ジュリエット・ビノシュ

フランス人エッセイスト・ジャンヌを演じるのは『ポンヌフの恋人』『ショコラ』などで知られるフランスの女優・ジュリエット・ビノシュ。 世界三大映画祭すべての女優賞に輝いた経歴を持つ彼女が、河瀬監督とのケミストリーでどんな演技を見せてくれるのか?大いに期待したいですね!

智/永瀬正敏

本作で、ジャンヌと並ぶもう1人の主人公・山守の男・智を演じるのは、永瀬正敏。『ミステリー・トレイン』『パターソン』など、ジム・ジャームッシュの監督作への出演でも知られる永瀬ですが、彼が河瀬作品に出演するのは『あん』『光』に続いて本作が3作目となります。

豪華共演陣の出演が発表【ジュリエット・ビノシュが絶賛した俳優とは?】

主役の2人以外にも、本作には豪華キャストが多数出演。また、以下のキャストは、全員が河瀬作品初出演となる面々です。

鈴/岩田剛典(EXILE、三代目J Soul Brothers)

智と同じく、山守として山で生きる青年・鈴を演じるのは岩田剛典(EXILE、三代目J Soul Brothers)。彼の演技について河瀬監督は、ジュリエット・ビノシュが「彼は英語を獲得すべき…そうすれば世界が放っておかないから」と語ったのが印象的だったとコメント。 加えて河瀬監督も、「これを機に国内の人気だけでなく、世界の映画スターの道を獲得していけば、と自分が言った言葉に深く頷いた彼のまなざしの強さは本物でした」とコメントしています。

花/美波

モデルとしても活躍し、2018年3月29日から中村蒼と共に舞台『悪人』に出演する美波も本作に出演します。彼女が劇中で演じるのは、ジャンヌのアシスタント・花役。 実際にフランスと日本を往復しながら活動を続けている美波は、劇中でもフランス語も披露するとのこと。河瀬監督は、「彼女の持つ神秘に魅せられました」と美波を称しています。

岳/森山未來

河瀬監督が「ずーっと前から一緒に映画を創りたくて」とコメントを寄せているのは、森山未來。河瀬監督の念願叶って本作に出演することになった森山は、猟師の岳役を演じています。 また、森山は本作の撮影期間中を振り返り、「朝の光を浴びて、起きようとする一歩手前の浅い眠りの中でふっと陥ってしまう一瞬の、でもずっと見ていたくなる夢、のような時間でした」と独特の文章で喜びのコメントを発表しています。

源/田中泯

森山同様、猟師役で出演するのは、『龍馬伝』『るろうに剣心 京都大火編 / 伝説の最期編』などで知られる田中泯。 田中は本作の出演について「映像の仕事の中で、嗅ぎとり感じとるべき表現が現場にあるというのは、私にとって初めての体験でした」とコメント。 一方の河瀬監督も「源は、ずっと森を見つめていました。脚本からはみ出してゆく自らの感情を抑えきれない様子でした。だから、脚本に書かれたことは忘れましょうと告げると、その感情は生き場所を求めてすんなり飛び立ってくれました。その解放感の中での源の生々しさは特別でした。」とコメントするなど、本作が双方にとって極めて稀有な体験だったことが伺えます。

アキ/夏木マリ

智とジャンヌを導く存在となる老女・アキを演じるのはベテラン女優の夏木マリ。アキは山で薬草を作りながら静かに暮らす女性ですが、天候の変化を言い当てるという不思議な力があります。劇中でジャンヌの到来を予言し、智とジャンヌを導いていくことになるキャラクターだそう。 本作へのコメントとして夏木は、「以前に一度お声掛け頂いた時、スケジュールの都合でご一緒できなかったので、今回はスケジュールがピタッとはまり良かったです」と前置きした上で、永瀬正敏の演技を「本当に(山に)住んでるキコリのよう」と絶賛。ジュリエット・ビノシュの自然な演技も興味深かったとコメントしています。 なお、河瀬監督は夏木の演技にも賞賛のコメントを発表しています。

監督はカンヌに愛された女流監督、河瀬直美

本作の監督を務める河瀬直美監督は、奈良県出身・在住の映画監督です。1969年生まれの彼女は、1997年に初めて商業映画として制作した『萌の朱雀』で、第50回カンヌ国際映画祭カメラ・ドール(新人監督賞)を史上最年少(当時27歳)で獲得。以降、カンヌ国際映画祭でのグランプリをはじめ、幾度となく同映画祭で作品を上映したり、受賞したりとカンヌと縁深い監督へと成長。 2016年には、第69回カンヌ国際映画祭の短編コンペティション部門、並びに学生作品を対象としたシネフォンダシオン部門の審査委員長に就任するなど、その繋がりは一層密なものへとなっています。『Vision』もまた、カンヌで愛される作品となるのでしょうか?

映画『Vision』の公開は2018年中を予定

映画『Vision』の公開日は、2018年1月現在では明らかになっていません。ですが、2018年中には公開されると言われています。 日本が誇る名匠・名優たちと、フランスの大女優がコラボレーションした一作、早く劇場で見たいですね!