2018年6月19日更新

『ヘルボーイ』のリブート作はただのヒーロー映画と一線を画す!

リブート化が報じられているアメコミムービー『ヘルボーイ』。どんな作品になるのか気になるところですが原作者のマイク・ミニョーラが作品の今後を示唆するような発言が話題になっています。

『ヘルボーイ』リブート作はただのヒーロー映画ではない!

ギレルモ・デル・トロ監督により2004年、2008年に映画化された『ヘルボーイ』が2019年にリブートされることが決定しています。どんな映画になるか、早くもファンからの注目を集める本作ですが、前作のデル・トロ版よりもはるかに、原作者のマイク・ミニョーラ自身が製作に関与していることを米映画ニュースメディアslashfilmが報じています。 本作において、マイク・ミニョーラはアンドリュー・コスビーやクリストファー・ゴールデンとともに脚本をつとめています。 そんな中でミニョーラは、今回の作品について、他のスーパーヒーロー映画とは違う映画になると語りました。マーベルやDCコミック映画とも一線を画し、また以前のデル・トロ版ともまた違ったテイストにしあげていくそう。 ヒーロー少年たちが駆け巡って戦って、世界を救うというようなテンプレートな物語ではなく、前作よりもより民話的で神話的でホラーテイストな作品になる模様。そのため、本作はR指定がついた作品になるようです。 公開はまだ先ですが、これからも続々と情報が出てくるのが楽しみですね!『ヘルボーイ』の完成に期待大です。 全米公開日は2019年1月11日に決定しています。