2019年12月23日更新

映画『マイティ・ソー バトルロイヤル』の動画を配信中のサービスを紹介!【全編無料あり】

マイティ・ソー バトルロイヤル
Supplied by LMK

2017年公開の映画『マイティ・ソー バトルロイヤル』は、全世界で興行収入900億円を越える爆発的ヒットを記録し、マーベル作品の人気を不動のものにしました。本記事では、本作を無料で視聴できるサービスを紹介します。

目次

映画『マイティ・ソー バトルロイヤル』のフル動画を無料視聴する方法

「マイティ・ソー」シリーズの第3作目となる映画『マイティ・ソー バトルロイヤル』。本作は、宇宙をまたにかけた壮大なバトルとコミカルな作風が見どころで、マーベル・シネマティック・ユニバースの中でも、マイティ・ソーの人気を確立した傑作です。 本記事では、本作を無料で視聴できるサービスを紹介します。

『マイティ・ソー バトルロイヤル』のフル動画を配信中のサービス一覧

VODサービス 見放題・無料レンタル 有料レンタル
U-NEXT 〇(ポイント使用)
TSUTAYA TV 〇(ポイント使用)
ビデオマーケット 〇(ポイント使用)
amazonプライムビデオ
dTV
FODプレミアム × ×
ビデオパス × ×
hulu × ×

映画『マイティ・ソー バトルロイヤル』は、5つの動画サービスで配信されています。 次の項目では、U-NEXT、TSUTAYA TV、ビデオマーケットの詳細について解説しますので、最後までお見逃しなく!

U-NEXTで映画を無料視聴する方法

サービス名 U-NEXT(ユーネクスト)
無料期間 31日間
付与ポイント 初回600ポイント/毎月1,200ポイント
種類 月額定額
料金(税込) 月額1,990円(うち1200円分のポイント含む)
メリット ・配信作品数160,000本以上(2019/10現在)
・最大4つまでアカウント作成可能
・ダウンロード利用可能
デメリット ・月額料金がお高め

U-NEXTでは、映画『マイティ・ソー バトルロイヤル』の動画をレンタル配信中。 ですが、本サービスの初回入会時に600円分のポイントがもらえるので、そのポイントを使って本作を無料で観られます。

TSUTAYA TV/DISCASでも映画『マイティ・ソー バトルロイヤル 』のフル動画が配信中

サービス名 TSUTAYA TV/DISCAS
無料期間 30日間
付与ポイント 毎月1,100ポイント
種類 月額定額
料金(税抜) 最安1,865円〜5,423円
メリット ・動画配信サービスと、宅配レンタルサービスで作品ラインナップが豊富
デメリット ・値段が高い
・宅配レンタルの場合、宅配を待たなければいけない

TSUTAYA TVでは、映画『マイティ・ソー バトルロイヤル』の動画が500円でレンタル配信されています。 本サービスでは、初回入会時に1100円分のポイントがもらえ、そのポイントを使って本作を無料で観られますよ!

ビデオマーケットで実写映画のフル動画を観る

サービス名 ビデオマーケット
無料期間 初月
付与ポイント 毎月540ポイント
種類 月額定額
料金(税込) 月額500円(ポイント)
月額980円(ポイント+見放題)
メリット ・取り扱い作品数が国内最大
・月額料金が安い
・倍速再生などの機能付き
デメリット ・追加料金が多い
・無料配信数が少ない
・ダウンロード再生ができない

ビデオマーケットでは、『マイティ・ソー バトルロイヤル』の動画が330円でレンタル配信されています。 U-NEXTとTSUTAYA TVと同じく、本サービスも初回入会時に540円分のポイントがもらえ、そのポイントを使ってタダで視聴可能です。

映画『マイティ・ソー バトルロイヤル』のあらすじ

ソー(クリス・ヘムズワース)は、アベンジャーズでの戦いを終え、インフィニティ・ストーンを探して宇宙を旅していました。旅の途中で炎の悪魔・スルトと戦い、故郷の国・アスガルドが「ラグナロク」と呼ばれる終焉の危機に瀕していると知ります。 アスガルドに帰還したソーは、弟のロキ(トム・ヒドルストン)と共に父のオーディン(アンソニー・ホプキンス)を地球に迎えに行くのですが、オーディンは寿命で死亡。 オーディンの死によって、彼のパワーで幽閉されていた最強最悪の女戦士・ヘラ(ケイト・ケイト・ブランシェット)が復活します。ソーの実の姉でもある彼女はアスガルドへワープし、宇宙を暴力で支配しようと動き出しました。 ソーとロキは、ヘラを止めようと戦いますが全く歯が立ちません。2人は一旦逃げようとワープ装置を使いますが失敗し、ソーは無秩序な惑星・サカールに流れ着いてしまいました。果たしてソーたちは、ヘラの野望を阻止できるのでしょうか?

登場人物&キャストを紹介

ソー/クリス・ヘムズワース

クリス・ヘムズワース
WENN.com

ソーは神の国アスガルドの王・オーディンの息子であり、雷を司る神。彼は超怪力とタフネス、そして選ばれし者だけが扱えるハンマー・ムジョルニアを武器に、数多の強敵を打ち倒してきました。また、地球に危機が迫ったときは、アベンジャーズのメンバーとして大活躍します。 ソーを演じたのは、俳優のクリス・ヘムズワース。彼は映画「マイティー・ソー」シリーズや、映画『アベンジャーズ』で大ブレイクしました。マーベル・シネマティック・ユニバース(マーベルの関連作品)以外では、2012年に公開されたダークファンタジー映画『スノーホワイト』の猟師役で知られています。 彼は身長190センチの鍛え上げられた肉体と、爽やかな笑顔が印象的な俳優で、今作ではどんな状況下でもタフネスと気の利いたジョークで乗り切るソーを熱演しました。

ロキ/トム・ヒドルストン

トム・ヒドルストン
FayesVision/WENN.com

ロキはオーディンの養子であり、ソーの義弟。彼は姿を変化させたり、人の心を操ったりする能力を持っています。ロキはアスガルドを支配したいという野望を抱いており、過去には悪事を企んでソーやアベンジャーズのメンバーと対立してきました。本作では、仲間とも敵とも取れない微妙な立ち位置で、ソーを物語に引きずり込んでいきます。 ロキを演じるのは、俳優のトム・ヒドルストン。彼は端正なルックスと愛嬌のある笑顔が、悪事を働いても憎めないロキ役にピッタリとハマり、2011年公開の映画『マイティ・ソー』でブレイクしました。 その他にも、2012年公開の映画『ミッドナイト・イン・パリ』で作家のフィッツジェラルドを演じて話題に。映画やTVドラマの他、舞台でも活躍しており今後も彼の動向に目が離せません!

ヘラ/ケイト・ブランシェット

ケイト・ブランシェット
WENN.COM

ヘラはオーディンの娘であり、ソーの姉。彼女は凶暴な性格と圧倒的なパワーを持ち、かつては父・オーディンと共に数々の星を武力で制圧していました。そんなある日、オーディンが善良な心に目覚め、凶悪過ぎる彼女は幽閉されてしまいます。 そして今回、ヘラはオーディンが死んだため自由の身となり、アスガルドから宇宙の征服を目論むのです。 ヘラを演じるのは女優のケイト・ブランシェット。彼女は1998年に公開された映画『エリザベス』で、エリザベス1世を演じて各界から大きな賞賛を浴びました。2004年公開の映画『アビエイター』では、アカデミー助演女優賞を獲得した実力派です。 本作では凶悪な死の女神・ヘラをエレガントに演じ、圧倒的な存在感を放っています。

『マイティ・ソー バトルロイヤル』の見どころをチェック!

ノンストップで繰り広げられる豪快なバトル!

本作の見どころはなんといっても、ノンストップで繰り広げるアクションと豪快なバトルです。テンポがとても良く、戦いの舞台も神の国アスガルドや地球、惑星サカールとどんどん切り変わっていくので、2時間飽きることなく画面に引き込まれます。 雰囲気でいえば2018年に大ヒットしたDC映画『アクアマン』に近く、これでもかという程エンタメ要素が満載。ヒーロー映画に求めているものがすべて詰まっています。

コメディ要素が満載!

本作の魅力は超豪快バトルだけではありません。「マイティー・ソー 」シリーズの前2作とは大きく趣を変え、思わず笑ってしまうギャグシーンが満載です。ヒーローモノが好きな人だけでなく、コメディが好きな人も爆笑できる作品となりました。 マーベルは、2014年に公開された映画『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』の商業的な成功もあり、コメディが得意なタイカ・ワイティティ監督を起用して路線を大きく変えようとしたのでしょう。 本作はコメディ×超絶バトルにより、インパクトという意味では前2作を上回るものとなっています。

壮大で迫力あふれるシンメトリーの映像!

本作は、壮大で美しい映像の数々も魅力です。左右対称のシンメトリーな構図を多くしたことで、インパクトがあり印象に残るシーンを多く生み出しました。 左右対称な映像は、広大な景観や映像の奥行きを表現するのにピッタリです。さらに「マイティー・ソー 」シリーズのキャラクターの元となっている、北欧神話のような雰囲気にもマッチしています。 シンメトリーの映像が多い映画は珍しくはありませんが、これほどまでに物語とマッチして見応えあるものは多くはないでしょう。 特に本作では、惑星サカールの建物や宇宙船が、シンメトリーの映像美を極めたとされるスタンリー・キューブリック監督の映画『2001年宇宙の旅』のオマージュとも取れる造形になっているのが印象的です。

おすすめの類似作品を紹介!

マーベルヒーローブームの火付け役 映画『アイアンマン』

『マイティ・ソー バトルロイヤル』を観た方で、2008年公開の映画『アイアンマン』をまだ見ていない人はいませんか?本作はマーベル映画の人気を決定づけるキッカケとなった傑作です。 アイアンマンことトニー・スターク(ロバート・ダウニー・Jr)は、真顔で皮肉を連発するちょっと変わったヒーロー。さらに、反軍事企業的な内容を盛り込んだ物語により、大人も楽しめるヒーロー映画だと話題になりました。 物語は、巨大企業の社長であるトニー・スタークが、自ら開発した軍事用の武器を売り込むためにアフガニスタンに赴き、自社製の武器を使ったテロリストに拉致されてしまうというもの。 非常に風刺が効いた展開から、人として成長していくトニー・スタークに大いに感情移入できる物語です!

ソー、ハルク、アイアンマンらがロキと対決!映画『アベンジャーズ』

2012年公開の映画『アベンジャーズ』では、『マイティ・ソー バトルロイヤル』に登場したソーやロキ、ハルクが登場し、大バトルを繰り広げます。 本作はソーやアイアンマン、キャプテン・アメリカといったヒーローたちが所属するアベンジャーズが、インフィニティ・ストーンを我が物にしようとするロキと対決するストーリーです。 絶望的な展開からのアベンジャーズの大活躍に、大きなカタルシスを得られることでしょう!

はみ出し者達は銀河を救える?映画『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』

2014年公開の映画『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』は、『マイティ・ソー バトルロイヤル』と同じようなギャグシーン満載のヒーロー映画です。 トレジャーハンターのピーター・クイルは、旅の途中で冷徹な女戦士・ガモーラ、筋肉質で短絡思考のドラックス、凶暴な小動物・ロケット、植物型宇宙人のグルートと出会いガーディアンズ・オブ・ギャラクシーを結成。彼らは時に反発し合いながらも徐々に絆を深め、強大な敵に立ち向かっていきます。 笑いあり友情ありの、唯一無二で痛快なヒーロー映画をぜひ視聴してみてはいかがでしょうか?

映画『マイティ・ソー バトルロイヤル』のフル動画は配信サービスを活用して視聴しよう

以上、映画『マイティ・ソー バトルロイヤル』のあらすじや見どころ、無料で視聴できる動画配信サービスを紹介してきました。 本作は大迫力バトルや美しい映像を堪能でき、それでいて大いに笑える傑作です。紹介した配信サービスを利用して、視聴してみてはいかがでしょうか。