アベンジャーズ (2012)

アベンジャーズ (2012)

Marvel's The Avengers
2012年製作 アメリカ 144分 2012年8月14日上映
rating 3.9 3.9
999 49

『アベンジャーズ (2012)』とは

『アイアンマン』『インクレディブル・ハルク』『マイティ・ソー』『キャプテン・アメリカ:ザ・ファースト・アベンジャー』というマーベル・コミックス出身のスーパーヒーローが一堂に会すビッグ・プロジェクトがついに実現! 地球を襲う巨大な脅威に立ち向かうドリームチームの闘いと、ヒーローそれぞれの苦悩のドラマが展開していく。

『アベンジャーズ (2012)』のあらすじ

長官ニック・フューリー(サミュエル・L. ジャクソン)率いる国際平和維持組織シールドの基地では、ある研究が行われていた。それは、世界を破壊する力をもった四次元キューブを極秘で調査するプロジェクトだ。 だが、突如として制御不能に陥ったキューブは、遠く離れた別世界につながる禁断のワームホールへの扉を開いてしまう。そこから現れたのは、神々の国アスガルドを追放され、地球の支配を目論む邪悪な神ロキ(トム・ヒドルストン)だった。アスガルドの尊大な王子ソー(クリス・ヘムズワース)の弟であるロキは、セルヴィグ博士(ステラン・スカルスガルド)やシールド最強のエージェント、クリント・バートン(ジェレミー・レナー)をコズミック・スピアによってあやつり、キューブの強奪に成功する。 地球侵略へのカウントダウンが開始された時、ニック・フューリーは、周囲の反対を押し切ってある決断をおこなう。それは、“最強”の力を持つ7人のヒーローたちによる“アベンジャーズ”を結成することだった。彼は、魔性のスパイ、ナターシャ・ロマノフ(スカーレット・ヨハンソン)やベテラン・エージェントのフィル・コールソン(クラーク・グレッグ)と共に、アベンジャーズ結成というミッションに挑んでいく。

『アベンジャーズ (2012)』のスタッフ・キャスト

『アベンジャーズ (2012)』の感想・評価・ネタバレ

  • Minori
    Minori 2 9月9日

    熱狂的ファンの方の高評価のなか言いづらいけど、すっごい中だるみ marvelの世界観やキャラたちは大好きだけど、映画としては正直いまいち こういう映画は絶対映画館で見るべきなんだと思う

  • 錆犬
    錆犬 0 8月12日

    2012/12/28 iTunes

  • まつり
    まつり 4 6月10日

    見たことはあったのだが、インフィニティ・ウォー見た後でもっかい見とこう!と思い立ち再観賞。 アベンジャーズのはじまり。公開当初は斬新だな!と思った印象がある。ヒーロー大集合なんてゴレンジャーとかウルトラマンとかしか思いつかなくて、まさかアメコミで、しかも本意気でヒーロー大集合やるなんて…反則級に面白いに決まってるじゃん!と思った覚えがある。ただその頃はアメコミ映画をあまり見てなくて個人的に熱くなるところまではいかなかったな。 ラストにちゃんとサノスが映っていてびっくりした。全然覚えてなくてごめんと思った。ストーリーは確かにエンタメで面白いんだけど、あくまで序章だったんたなと再度見て感じた。キャラ紹介、相関紹介、方向性明示が織り込まれたストーリーで、まだロキいじりも遠慮がち。 またちょっとずつアベンジャーズ映画を見進めていこうと思う

『アベンジャーズ (2012)』に関連する作品