2023年1月23日更新

漫画『リビドーズ』最終回まで全巻ネタバレあらすじ&感想!アンドロギュノスとは一体……

「性」と戦う少年の姿を描くぶっ飛んだストーリーで、大きな話題となった『リビドーズ』。青年誌であるメリットを最大限活かしている本作は、連載が終了した今でも根強いファンが多い作品です。 そこで本記事では『リビドーズ』最終巻までのネタバレあらすじを、感想と共に解説していきます!

AD

『リビドーズ』のあらすじ【ネタバレ注意】

『リビドーズ』は『週刊ヤングジャンプ』で連載していた、性と異能を題材とする作品です。 コンビニでバイトをする高校生のワキヤイサムは、陸上部に所属しながら脇役として生き続ける日々を変えたいと思っていました。そんな彼の近くで、ある事件が起こります。なんとバイト先の店長が、「ある生理現象」を起こした瞬間に、ブクブクと醜く膨れた異形の怪物に変わってしまったのです。 何がなんだかわからないイサムですが、ウィルスの魔の手は彼にも忍び寄っておりーー。

『リビドーズ』をお得に読む方法は?

漫画『リビドーズ』をお得に読みたい人にはコミックシーモアがおすすめ。 コミックシーモアでは無料会員登録で70%オフのクーポンをゲットできるので、かなりお得に読むことが出来ます。この機会に是非コミックシーモアで『リビドーズ』を一気読みしてくださいね!

1巻(1話〜7話)ネタバレ感想

性に興味津々なワキヤイサムは、バイト先で異形の怪物になってしまった店長をみます。それがウィルスのせいであり、「勃起」が発症のトリガーであると知った彼ですが、自身もまたウィルスに感染してしまうのです。 発症の前に好きな女子である初瀬に告白しようとしますが、そこに発症した同級生が現れます。初瀬との密着で腕が勃起してしまったイサムは、巨大な腕で同級生を退治しました。家に帰り病気について父に尋ねようと扉を開けると、そこには怪物となった父がいてーー。 異次元の設定に期待が高まる1巻です……!

AD

2巻(8話〜18話)ネタバレ感想

怪物化する父の症状は「リビド」と呼ばれるもので、発症すると性の対象にしか興味を抱かなくなるとのこと。イサムを無視しテレビにかじりつく父は、女性の声を聞きつけ外に飛びだします。イサムは同級生を倒したときを思いだし、腕をリビド化させ父に勝利しました。 国の調査機関所属の田丸と話したイサムは、父と戦う自分の姿が拡散され、中傷の的になってしまいます。しかしそんな彼を初瀬が訪ねてきたことで、イサムは絶望していた人生の希望を見出すのです。 2巻ではイサム以外にも腕をリビド化する人物が現れ、物語の急展開を予感させます。

3巻(19話〜29話)ネタバレ感想

志望校である大学に来ていた初瀬は、リビド化した怪物に襲われます。サークル室の一室に逃げ込んだ彼女ですが、その部屋にいた1人の男もすでに感染してしまっていました。 再び訪れたピンチから彼女を救ったのはイサムです。しかしそこに「リビドーズ」を名乗るシュウとゲジが襲撃してきます。彼らの目的は、性器を切り取らずにリビド化を操るイサムの捕獲です。 イサムは初瀬に官能小説を朗読してもらい性的に興奮することで、パワーを増していきます。次々とリビドーズが現れる中で、イサムが特別な存在であるとわかってきました……!

AD

4巻(30話〜40話)ネタバレ感想

シュウを倒したイサムは、歌舞伎町で活性化したリビドに襲われます。それを助けてくれた井出は、リビドは両生具有「アンドロギュノス」の過程でしかないとイサムたちに教えました。井出はアンドロギュノスと戦うためイサムを捕らえようとしており、なんとかイサムと初瀬は彼から逃げます。 初瀬との未来を望むイサムは、田丸に協力し被験者になる決断をしました。そして研究所へ向かう彼ですが、その護送車がアンドロギュノスの襲撃にあってしまうのです。 4巻では人類の存在を脅かすアンドロギュノスが登場し、絶望感が増してしまいました……。

5巻(41話〜50話)ネタバレ感想

1度アンドロギュノスに取り込まれ重傷を負ったイサムは、手術で幼若ホルモンを抽出されます。そんな中研究所はアンドロギュノスの襲撃を受け、田丸はイサムを置いてヘリコプターで脱出してしまいました。 2年後の世界で、男女は完全に隔離されています。依頼を受けた調達屋は、イサムの死体を回収しに戻ってきました。そこで繭を破ったイサムが登場し、初瀬との再会を希望します。しかし初瀬は田丸が進める法によって、人工的に妊娠をする対象に選ばれてしまっていたのです。 急展開を迎えた5巻、世界は変わり果ててしまっています。

AD

6巻(51話〜60話)ネタバレ感想

法の実行を阻止するべく、イサムは仲間と共に初瀬がいる孤島を目指します。道中でさらに仲間を増やし友とも再会した彼は、アンドロギュノスの倒し方も知りました。 その後他のリビドーズの組織と接触し、政府のおこないに反対する者同士で協力関係を結んだイサム。彼は自分の血液を提供し、アンドロギュノスの核の引きだしにも成功します。そしてリビドーズの集団は、政府を倒すために孤島に乗り込むのでした。 大学で敵として戦ったリビドーズも味方になる熱い展開です!

7巻(61話〜最終話)ネタバレ感想【最終巻】

彼らはかつての敵も仲間に加え、孤島に乗り込みます。政府は2つの孤島に、対象者を隔離していました。父島で政府とリビドーズの戦いが激化する中、母島でイサムを待ち受けていたのはリビド化した田丸です。 田丸にはサディストの性癖が芽生えており、初瀬に暴力を振るいます。リビドは性癖が歪んでいればいるほど強くなるので、イサムに勝ち目はありません。しかし最後は初瀬がイサムに駆け寄り、パワーを増大させたことで勝利できたのでした。 父島の戦いもリビドーズが勝利し、イサムは完全勝利を達成します。その後彼と初瀬には子供もでき、2人は幸せに暮らしたのです。

『リビドーズ』の感想&レビュー

『リビドーズ』の面白い点は、なんと言っても「性的に興奮すると怪物になる」という設定です。ダメなのに異性が近くにいて興奮してしまう、変身したいのに怖くて興奮できないなど、秀逸すぎる設定が物語を何段階も面白くしています。興奮した瞬間に腕がボコっと大きくなるシーンは、思わず笑ってしまうでしょう。 また各々の性癖によってリビドーズの能力も変わるので、パニック作品としてはもちろん、異能系漫画としても楽しめますよ!

AD

『リビドーズ』主要キャラクター紹介

ワキヤイサム

ワキヤイサムは『リビドーズ』の主人公です。コンビニでバイトをし陸上の練習をする平凡な高校生で、名前をもじり「脇役」と呼ばれる人生を嫌に感じていました。高校生なだけあり性には興味があり、客として来る女性で妄想をする毎日を過ごしています。 コンビニの店長がリビド化したのをきっかけに、自分も感染してしまった彼。しかし性器を切り落とさずにリビドーズとなった貴重な存在で、政府や他のリビドーズから狙われるようになりました。 同級生である初瀬に恋をしている、童貞です。

初瀬

初瀬はイサムが恋をする少女です。イサムには小学生の頃から想いを寄せられており、リビド化する直前に告白をされます。リビド化には性癖が深く関係していますが、イサムがリビド化するトリガーは彼女です。 事件に巻き込まれやすい初瀬ですが、リビド化するイサムをしっかりと支え共に行動しています。最終巻では強制妊娠の対象者として隔離されていましたが、無事イサムに助け出されました

『リビドーズ』あらすじをネタバレ解説しました

『リビドーズ』は7巻で完結しているので、全巻読みやすい作品です。 青年漫画らしい奇抜な設定で、世界観が強い異能系漫画が読みたい人は、ぜひチェックしてみてください!