ステファニー・シグマン、『ナルコス』に出演している美女がボンドガールに!

2017年7月6日更新

初のメキシコ出身ボンドガール、ステファニー・シグマンのあまり知られていない過去作品などについてご紹介いたします!

ステファニー・シグマンのプロフィール

ステファニーシグマン

出典: www.ign.com

ステファニー・シグマンは1987年生まれのメキシコ人女優です。2010年にメキシコ映画『Rio De Oro』にて映画デビューしました。

父親は、あのニューヨークヤンキースのスカウトマンだったそうです。

ステファニー・シグマンの主な出演映画

ステファニーシグマン

ステファニー・シグマンは2011年公開の映画『MISS BALA 銃弾』で主役を演じました。ミスコン女王が逮捕された事件をベースにメキシコの社会情勢を描いた本作は様々な映画祭で賞を獲得するなど、世界的に高評価を獲得しました。

本作に関するインタビューにて、役について以下のように語っています。

「ストーリ自体がとても興味深いわ。彼女(演じた女性)の住んでいた環境がとても興味深かった。私がぜひ挑戦したかった役よ。」

2013年には実話を元に制作されたノルウェー映画『パイオニア』に出演しています。こちらも、トロント国際映画祭にて上映されるなど、世界的に話題となった作品です。

また、ステファニーシグマンはArctic Monkeysのミュージックビデオ、『Song 'Snap Out Of It』にも出演しています。

ドラマ『ナルコス』で注目を集める

ナルコス

出典: cast-note.com

ネットフリックス制作ドラマ『ナルコス』は日本では、2015年9月に配信されました。麻薬で財を築いた実在の男と麻薬捜査官との社会派ストーリーです。本作中で、ステファニーはコロンビア人のレポーターを演じています。

なお、シーズン2の制作予定がすでに発表されており、ステファニー・シグマンも出演予定です。

『007』新作のボンドガールに決定!

ステファニー・シグマンは、007新作映画『007 スペクター』にボンドガールとして出演します。動画は同作の予告編です。

メキシコ出身女性がボンドガールとなるのは、ステファニー・シグマンが初となります。このことは様々なメディアに取り上げられ、ステファニーの名前を一躍有名にしました。

ステファニーは、同作の三人目のボンドガールとして、メキシコへやってきたボンドが同国の伝統的なお祭り「死者の日」で出会う妖艶な美女、エストレラ役を演じます。

ステファニー・シグマン エストレラ役

出典: www.007.com

そんなボンドガール役について、以下のようなコメントをしています。

「ボンドガールになるなんて、夢のよう。お姫様になった気分だわ。まだ、私がボンドガールだなんて信じられない。」
「素晴らしい経験になる。私が演技を始めたのはたった5年前なの。007シリーズに出演できるなんて、本当に素晴らしいわ。」

ジェームス・ボンド役のダニエル・クレイグに続き、他2人のボンドガール、モニカ・ベルッチレア・セドゥなど豪華キャストと共演しています。

なお、『007 スペクター』は2015年10月26日にロンドンにて公開予定、その後、12月4日日本公開予定となっています。

ステファニー・シグマンの今後

ステファニーシグマン

出典: remezcla.com

『007 スペクター』のボンドガールとしての映画出演だけではなく、2015年映画『El Cielo es Azul』、2015年映画『War on Everyone』、2016年公開予定映画、『Going Under』など、次々と出演映画が公開されます。

また、アメリカTVドラマ『American Crime』のシーズン2にも出演が決定しています。

今後の活躍が楽しみですね!