2017年7月6日更新

アル・パチーノの知られざる秘密・裏話30選!

WENN.com

アル・パチーノは、『ゴッドファーザー』や『スカーフェイス』などへの出演で有名なアメリカ人俳優です。今回は、日本でも人気のアル・パチーノの秘密や裏話を、boomsbeat.comよりお届けします。

この記事の目次 [閉じる]

1.大物俳優アルフレッド・ジェイムズ・パチーノ

アル・パチーノは、1940年4月25日、ニューヨークにて誕生しました。本名は、アルフレッド・ジェイムズ・パチーノと言います。

祖父母はシチリア島コルレオネの出身で、女優でありメイクアップアーティストでもある、キャサリン・コヴィン・パチーノはアルの継母です。

2.ニューヨークのスラム街育ち

ニューヨーク市ブロンクスで育ったアルは、たまにケンカにも足を踏み入れており、学校ではトラブルメーカーと思われていたようです。アルは17歳で学校を退学し、コメンタリー・マガジンの郵便室で働いていました。19歳の時、演技のキャリアを積むためにグリニッチ・ビレッジに引っ越しています。

3.少年の頃からマリファナを使用

9歳で酒とタバコに手を出し、13歳から、時々マリファナを使用していましたが、ヘロインやモルヒネのようなハードドラッグには手を出しませんでした。アルの身近な友人2人は、19歳と30歳で薬物乱用により亡くなっています。

4.アル・パチーノはコメディアンの一面も?

芸能界に入った当初は、コメディアンとして少しの間働いていました。コメディアンとしてのアル・パチーノも見てみたいですね。

5.演技の才能

ハーバート・バーゴフ・スタジオに所属してすぐ、舞台作品で役を獲得し、1963年の『Out There(原題)』に出演しています。

6.『Does a Tiger Wear a Necktie?(原題)』で助演男優賞を受賞

1969年、ブロードウェイ作品『Does a Tiger Wear a Necktie?(原題)』に出演し、トニー賞やドラマ・デスク・アワード、シアター・ワールド・アワードで助演男優賞を受賞しました。同じく1969年、アルは、ニューヨークに住む若い女性を描いた成人映画『ナタリーの朝』に、トニー役で出演しています。

7.『ゴッドファーザー』にマイケル・コルレオーネ役で出演

アルはオーディションの時、映画制作会社の社長からマイケル・コルレオーネの役を断られていました。しかし、フランシス・フォード・コッポラ監督が社長に直談判し、アルはマイケルの役を得たのです。

アルをマイケル役にしたくなかったプロデューサー達からは、アルはたびたび”ミニチュア・パチーノ”と呼ばれていたそう。

『ゴッドファーザー』は広く批評家の賞賛を受け、アカデミー賞で、作品賞、主演男優賞、脚色賞を受賞しました。『ゴッドファーザー』での演技で、アルはハリウッドのスターダムにのし上がったのです。

8.『ゴッドファーザー PARTⅡ』出演!

1974年、アカデミー賞受賞作品『ゴッドファーザー PARTⅡ』で、アルは再びコッポラ監督と手を組み、前作と同じくマイケル役で出演しました。しかしアルは、ビデオゲーム版『ゴッドファーザー』への出演は断っています。

9.『マラソンマン』にキャスティングされていた

1976年、ジョン・シュレンジャー監督の『マラソンマン』にキャスティングされていましたが、プロデューサーのロバート・エヴァンズの意向で、ダスティン・ホフマンにキャスティングが変更されました。

10.『セルピコ』で、フランク・セルピコ刑事を熱演

『セルピコ』の撮影中、アルは、刑事セルピコ役になりきっていました。アルは実際にタクシードライバーを止め、車から過剰に排気ガスを出しているから逮捕する、と脅したことがあるそう。

11.『スカーフェイス』で、主人公トニー・モンタナを演じる

『スカーフェイス』は、多くのラッパーに支持されています。アメリカ人ラッパーのショーン・コムズは、『スカーフェイス』を63回も観たそうです。

12.『スラップ・ショット』への出演を熱望していた

「1977年公開の映画『スラップ・ショット』に出演したかったけれど、役を得ることが出来なかったんだ」と、アル・パチーノはインタビューで語っています。『スラップ・ショット』はアイスホッケーチームの物語であり、ディレクターのジョージ・ロイ・ヒルは、アルがアイススケートが出来ないという理由からキャスティングをしませんでした。

13.スピルバーグ監督からのオファーを断っていた?

スティーヴン・スピルバーグ監督から、映画『未知との遭遇』で、ロイ・ニアリー役を打診されていました。アルは事情があって、その話を断っています。スティーヴン・スピルバーグとのタッグも見てみかったですね。

14.論文に書かれるほどの演技力

『摩天楼を夢みて』や『リチャードを探して』でアルと共演したアレック・ホールドウィンは、ニューヨーク大学で、アル・パチーノと演技方法について65ページにおよぶ最終論文を書いています。

15.1922年、初めてアカデミー賞主演男優賞を受賞

1992年、『セント・オブ・ウーマン/夢の香り』のフランク・スレード中佐役で、初めてアカデミー賞主演男優賞を受賞しました。それまでにアルは、アカデミー賞に7回ノミネートされています。

16.ケヴィン・スペイシーの才能を見出す

ブロードウェイで、無名だったケヴィン・スペイシーの演技を見て感銘を受けたアルは、『摩天楼を夢みて』のディレクターを説得し、ケヴィンにジョン・ウィリアムソンの役を与えました。

今のケヴィン・スペイシーの活躍はアル・パチーノなしではなかったかも知れませんね。

17.シェイクスピアの大ファン!

アルは、シェイクスピアの熱狂的なファンとして知られています。

1996年、ウィリアム・シェイクスピアとシェイクスピアの作品『リチャード3世』についてのドキュメンタリー映画『リチャードを探して』で、監督、脚本、制作を手がけました。アルは、リチャード3世役で主演も務めています。

18.グローマンズ・チャイニーズ・シアター前の手形は、スターの証!

1997年、グローマンズ・チャイニーズ・シアター前(ハリウッドの俳優のサインや手形があることで有名)に、アルの手形もが追加されています。

19.『インソムニア』や『ニューヨーク 最後の日々』に出演

2002年、『インソムニア』では、殺人担当刑事役でロビン・ウィリアムズと共演しました。同年、『ニューヨーク 最後の日々』で、広報係のイーライ・ウーマン役を演じています。

20.支持率なんと93%!

ロッテン・トマト(映画評論家による映画レビューを1ヶ所にまとめたウェブサイト)で、アルは、支持率を93%に増加させています。

21.『オーシャンズ13』に出演

2007年、大ヒット作『オーシャンズ13』に、ウィリー・バンク役で出演しました。

22.実在の人物、ジャック・ケヴォーキアン医師を熱演

2010年のテレビ映画『死を処方する男 ジャック・ケヴォーキアンの真実』で、自殺ほう助支持者であるジャック・ケヴォーキアン医師を演じ、エミー賞とゴールデングローブ賞で主演男優賞を受賞しました。

23.映画『Wilde Salome(原題)』を監督

2011年、作家オスカー・ワイルドについての映画『Wilde Salome(原題)』で、監督を務めました。

24.『ユージュアル・サスぺクツ』出演のオファーがあったが・・・

アルはサスペンス映画『ユージュアル・サスぺクツ』への出演を断っており、このことを後悔しているそう。

25.メソッド式俳優

アルはメソッド式(自分の経験に基づいて演技する方法)の俳優です。この方法は、ニューヨークのアクターズ・スタジオにて、主に演出家のリー・ストランバーグや俳優のチャールズ・ロートンから教わったそうです。

26.税金未納トラブル

国税庁は、2008年から2009年において、アルが総額188,000ドルの税金を滞納していると主張し、財産差し押さえ権も申請しました。アルの代理人は、前ファイナンシャル・アドバイザーのケネス・スターによる過失だと主張しています。

27.プロダクションを所有

アルは、Chal Productionsという制作会社を所有しています。“Ch”は友人のCharlie Laughton(チャーリー・ロートン)にちなんでおり、“Al”は自身の名前から取っているようです。

28.『The Irishman(原題)』に出演予定

報道によると、アル・パチーノとロバート・デ・ニーロは『The Irishman(原題)』に主演することが決まっており、監督にはマーティン・スコセッシ、共演者にはジョー・ペシの名前が挙がっているそうです。

29.『Happy Valley(原題)』に出演予定

2013年7月、アルは、亡くなった前ペンシルベニア州立大学のサッカーコーチ、ジョー・パテルノを演じると発表されました。映画は仮称で『Happy Valley(原題)』と名付けられており、スポーツ記者のジョー・ポナンスキーによるパテルノの伝記(2012年)に基づいています。

30.1度も結婚したことがない

アルに最初の子どもが生まれたのは、アルが50歳になるちょうど6ヵ月前でした。61歳の時には、女優のビヴァリー・ダンジェロとの間に双子をもうけています。

しかしアルは、結婚は1度もしていません。