2018年2月2日更新

『ドント・ブリーズ』続編がまさかの製作中!?【最新情報】

ドント・ブリーズ DVD

2016に公開されたシチュエーション・ホラー作品『ドント・ブリーズ』の続編について最新情報が明かされました。まさかの続編『ドント・ブリーズ2』のあらすじやキャストを、大成功した前作から予想します!

『ドント・ブリーズ2』まさかの制作が進行中!

2016年12月に公開され話題を呼んだシチュエーション・ホラー作品、『ドント・ブリーズ』。1年ほど前から制作陣によって話されてきた続編『ドント・ブリーズ2』が、2018年現在制作初期段階にあることが明かされました。 「続編に取り組んでいる最中である」とインタビューにて明かしたのは、前作で盲目の老人を演じたスティーブン・ラングです。まさかの続編『ドント・ブリーズ2』のあらすじやキャストを、大成功した前作から予想します!

最強のあの老人が帰ってくる!気になる続編のあらすじとは?

前作『ドント・ブリーズ』では、3人の若者が、盲目の老人の家に盗みに入ることから始まります。母親の暴力から姉妹で逃げ出したいと考えるロッキーは、金を隠し持っているとされる老人の家に忍び込みますが、盲目の老人は、元軍人の身体能力と驚異的な聴覚を頼りにロッキーら3人に襲いかかります。 元軍人である老人と戦い、ロッキー達姉妹は彼の金で母親の家から出ることができます。しかしながら、エンド・クレジットの直前で殺したと思っていた老人が生きのびていたことをロッキーは知ります。 続編『ドント・ブリーズ2』で一体どのような恐怖ストーリーが語られるのかの詳細はまだ明かされていません。老人を演じたスティーブン・ラングが制作を認めたことから、彼が次回作でも様々な工夫を凝らして人々に襲いかかることは間違いなさそうです!

前作『ドント・ブリーズ』からのキャスト続投はいかに?

『ドント・ブリーズ2』でのキャストは正式に公開されていませんが、最強の盲目老人を演じたスティーブン・ラングのカムバックが予想されます。そして前作で生き延びたロッキーの再登場はあるのでしょうか?

盲目の老人を演じたスティーブン・ラング

本名をノーマン・ノードストロームという盲目の老人を演じたのは、1952年NYC出身のスティーブン・ラングです。ジェームズ・キャメロン制作の『アバター』などの出演作品があります。 『ドント・ブリーズ2』の制作についての出演を認めており、スティーブン・ラング演じる最強の盲目老人がさらなる進化を遂げてカムバックするようです。

ロッキーを演じたジェーン・レヴィ

1989年、アメリカ生まれのジェーン・レヴィは、前作『ドント・ブリーズ』でロッキーを演じました。 ロッキーは前作で、盲目の老人の金を奪いデトロイトからロサンゼルスへと向います。老人が家に侵入した2人の泥棒を殺害したというニュースを聞きますが、彼女や彼女の盗んだお金については全く報道されません。『ドント・ブリーズ2』で、これらのことが関係してロッキーがさらなるトラブルに巻き込まれる可能性もありそうです。 ジェーン・レヴィは、今作と同じくサム・ライミ制作、フェデ・アルバレス監督作品である2013年『死霊のはらわた』にも出演しています。

サム・ライミとフェデ・アルバレスのタッグ再び!

前作でメガホンを握ったフェデ・アルバレスと制作を担当したサム・ライミは一年ほど前から『ドント・ブリーズ2』への制作に関して「最高のアイデア」があると明かしていました。 サム・ライミといえば、『スパイダーマン2』『死霊のはらわた』などの続編やリメイクでの成功作品を生み出したことでも有名です。盲目の老人の家に閉じ込められる、シチュエーション・ホラーの続編という難しい課題を前に監督と共に興奮を隠しきれない様子でインタビューを受けています。 フェデ・アルバレス監督は、前作の繰り返しになるような続編は作りたくないと考えた結果、続編を素晴らしいものにするアイデアを思いついたと語っています。

『ドント・ブリーズ2』気になる公開はいつに?これからの制作情報が見逃せない!

フェデ・アルバレス監督は、『ドント・ブリーズ2』の監督を務め、盲目の老人がさらにどんなことが出来るのか、彼の人生がどのように動くのかを見届けたいと話します。 予測のつかない続編になると言われる『ドント・ブリーズ2』の制作の詳細や気になる公開日などはまだ公開されていません。これからの制作情報に要注目です。