2017年7月6日更新

南沢奈央を徹底紹介!期待の女優の素顔に迫るまとめ11選!

数々のドラマや映画で活躍している女優の南沢奈央。芸能界デビューには慎重だった南沢奈央の人物像や、似ていると言われるあの人まで11選にして紹介していきます。

1.南沢奈央のプロフィールを紹介!期待の若手女優ランキング1位!

南沢奈央は1990年6月15日生まれ、埼玉県の出身です。身長164cm、血液型はO型で堀北真希や桐谷美玲らがいるスウィートパワーという事務所に所属しています。

2009年、オリコンが10代20代を対象に実施した「期待の若手女優ランキング」のアンケートでは見事1位に輝きました。当時、多部未華子や吉高由里子らそうそうたるメンバーがランクインしていましたが、その女優達を抑えての1位ですから非常に期待されていたことが伺えます。

2.芸能界入りのきっかけは?

現在の所属事務所に中学3年生の頃からスカウトされていた南沢奈央ですが、元々女優の仕事にあまり興味がなく、さらに高校受験を控えていたことや人前に出るのが苦手という性格から断り続けていたそうです。

しかし高校に進学後、同事務所に所属する黒木メイサ主演の舞台『あずみ〜AZUMI RETURNS〜』に招待され、それを観て感動したことがきっかけで芸能界に入ることを決めました。

3.『恋する日曜日 ニュータイプ』で主演デビューを飾る

2006年10月からBS-iで放送された『恋する日曜日 ニュータイプ』で主役の多々野ユリを演じ、主演デビューを果たした南沢奈央。このドラマはプロデューサーである丹波多聞アンドリウ企画制作の人気ドラマシリーズ第4段でしたが、過去シリーズのオムニバス恋愛ドラマ形式とは異なり、1話完結型のコメディタッチでの連続ドラマ仕立ての内容でした。

南沢奈央が演じたユリは、本人は自分の能力に気づいていないけれど屈指の力を持つ超能力者という役柄です。

4.『赤い糸』では溝端淳平と共演!

『赤い糸』はフジテレビが同名携帯小説のテレビドラマ化と映画化を企画したもので、2008年12月からテレビドラマがスタートし同年12月20には映画が公開され、ドラマと映画が連動して物語が展開されていきます。

赤い糸の導きで運命の人と結ばれることを信じるヒロインの芽衣を南沢奈央が演じ、さりげない優しさで芽衣を見守る敦史を溝端淳平が務めました。芽衣と敦史は惹かれあいながらも、すれちがいや二人の間にある衝撃的な事実が邪魔をしてしまいます。

原作があまりに過激だったためストーリーは大幅に変更されているようですが、世界観は守られているので原作で涙した人も楽しめそうです。

5.BeeTV放送のドラマ『キミの記憶をボクにください~ピグマリオンの恋~』で韓国ドラマデビュー

2010年3月から携帯電話専用放送局BeeTVで放送されたドラマ『キミの記憶をボクにください~ピグマリオンの恋~』で韓国ドラマデビューを果たしました。恋人の記憶はあるが、その顔を覚えていないヒロインのミカと、ミカに恋してしまうギヨン、ミカとの愛とギヨンとの友情にもがくヒョンジュンのラブストーリーを描いています。南沢奈央はヒロインのミカを演じました。日韓合作による本作品は、全編韓国でのロケ。公私ともに韓国を訪れるのは初めてということもあり、韓国語を勉強してからロケに望みました。

6.南沢奈央ってどんな人?趣味や性格は?

趣味は読書や落語鑑賞だという南沢奈央。佐藤多佳子の小説『しゃべれども しゃべれども』がきっかけで落語にはまり、そのことが高じて2011年2月には柳亭市馬の指導の元、赤坂BLITZ 寄席LIVEにゲスト出演も果たしました。その時は南亭市にゃおの高座名で古典落語の演目『雛鍔』に挑戦したようです。

また性格的には、人前に出るのが苦手ということから人見知りをしてしまうみたいです。ただ、尊敬する人たちと話せないのは損だという思いから努力して話すようにしているとのことです。

業界内では、まじめで素直で礼儀正しい性格だと評判のようですよ。

7.南沢奈央の好きなこと!

南沢奈央の嗜好は、好きな食べ物がラーメン・卵焼き、好きなアーティストがコブクロやアンジェラ・アキ、かつて受けたインタビューでは憧れの人をデビューのきっかけとなった黒木メイサと答えています。

8.南沢奈央と桜庭ななみがそっくり?

南沢奈央と桜庭ななみが似ているというのは、以前からインターネット上でよく言われてきました。画像を比べてみていかがですか?ちなみに左側が南沢奈央です。

顔だけでなく二人は同じ事務所のスウィートパワーに所属し、桜庭ななみは1992年生まれの身長162.5cm、血液型O型ということで年齢は2歳差ですが似ている項目が多いようです。

9.大学卒業後の現在

難関校である明治学院付属高等学校を卒業した南沢奈央は、仕事をしながら立教大学の現代心理学部に入学しました。忙しい中でも大学を4年で卒業していることからも優秀さが伺えます。

現在は女優業に専念していますが、大学卒業前には「勉強を続けて小説とか文章を書いてみたいです」と語っていたことから、今後もしかしたら南沢奈央の書いた小説が読める日が来るのかもしれません。

10:NHKの科学教育番組『サイエンスZERO』ではナビゲーターを担当

NHKの科学教育番組『サイエンスZERO』では2012年からナビゲーターを務めています。最先端の科学技術をニュースや日常に当てはめて紹介するこの番組。南沢奈央は学生時代化学が苦手だったとのことですが、番組ナビゲーターを務めたことで科学の面白さに気づくことができたそうです。

11.南沢奈央の2016年の予定は?

『最上の名医2016』に美咲しおり役で出演。

2016年2月10日に放送されるテレビ東京系ドラマスペシャル『最上の命医2016』では、研修医の美咲しおり役として出演します。

2011年に放送された『最上の命医』の特別ドラマで、斎藤工演じる西條命が帰ってきます!自ら病魔に侵されながらも、患者の命のために奔走する小児外科医、西條命。

今回は前作から5年後、アメリカから帰ってきた命が、臨時職員として慶良総合病院で働き始めることから物語は始まります。

南沢奈央は、慶良総合病院で働く研修医ですが、小児外科の激務に心が折れがちな美咲しおりを演じます。

4月5日放送『素敵な選TAXI スペシャル』にカフェの店員・宇佐見夏希役で出演

2016年4月5日に放送されるドラマ『素敵な選TAXI スペシャル』で、南沢奈央は主人公枝分が行きつけのカフェの店員・宇佐美夏希を演じます。2014年10月~12月に放送されたこの番組。主役のタクシーの運転手を枝分を竹ノ内豊が演じ、脚本とカフェのマスター役は芸人のバカリズムが務めます。乗客の戻りたい過去まで連れて行く「選TAXI(センタクシー)」の運転手・枝分が、タイムスリップを通して、乗客の人生を再生させる物語です。

また南沢奈央演じる宇佐美夏希とバカリズム演じるマスター、主役の竹ノ内豊演じる枝分かれがカフェで繰り広げるユニークな会話にも注目です。