2018年2月26日更新

松岡茉優、『あまちゃん』ブレイク女優をもっと好きになる14のトリビア【『ちはやふる』若宮詩暢役】

NHKドラマ『あまちゃん』への出演をきっかけにその名を世間に知られることになった、今注目の若手女優松岡茉優。その演技力には定評があり、映画、ドラマへのオファーが殺到しているといいます。今回は松岡茉優の魅力に迫ります。

『あまちゃん』ブレイク女優の松岡茉優がかわいい!

松岡茉優のプロフィール

松岡茉優(まつおか・まゆ)は1995年2月16日に東京都生まれの女優です。2006年映画『AKIBA』でデビュー。宮崎あおいや、多部未華子、長谷川博己らと同じラタオフィスに所属しています。 大人気NHK朝ドラ『あまちゃん』で入間しおり役を務め、世間の注目を集めました。その後もドラマ『GTO』『コウノドリ』、映画『桐島、部活やめるってよ』など多くの作品に出演しています。 また、ドラマ・映画だけではなく、明るいキャラクターでバラエティ番組やCMタレントとしての活躍も多い松岡茉優について紹介します。

1.松岡茉優がデビューしたきっかけは妹

松岡の芸能界デビューとなったのは妹の松岡日菜がスカウトされたのがきっかけで、本人はこのことについて「妹のついで。妹には頭が上がりません」と語っています。 妹の日菜は3歳の時にスカウトされドラマ『花より団子』の牧野つくしの幼少期や『MR.BRAIN』の秋吉かなこの幼少期など、子役として活躍していました。現在、日菜は芸能活動を引退しているようです。

2.ももクロ・百田夏菜子や家入レオとは高校の同級生

松岡の高校は若手芸能人が多く所属している日出高等学校です。同級生にはももいろクローバーZの百田夏菜子や家入レオがいるそうで、ともにテレビ出演した際の仲良さげな姿も話題となりました。 さらにFlower、E-girlsの藤井萩花や℃-uteの鈴木愛理、アイドリング!!!の朝日奈央、乃木坂46の能條愛未も同級生だそうです。

3.おはガールを務めていた松岡茉優

松岡茉優はテレビ東京の人気番組『おはスタ』で2008年4月から2010年3月までおはガールを務めていました。彼女自身、小学校1年生から中学生になるまで欠かさず観ていた『おはスタ』。おはガールになることは憧れだったようです。

4.朝ドラ『あまちゃん』の入間しおり役でブレイク

2013年に放送された朝の連続ドラマ『あまちゃん』。宮藤官九郎が脚本を書き、能年玲奈が主演を務めた大ヒット国民的ドラマです。海女をしていた東北に住む主人公の少女・アキはひょんなことから地元のアイドルとして活動をはじめることになります。 そのことがきっかけでついに東京で芸能活動を始めることになったアキとまわりの人々の物語を描いたドラマです。 『あまちゃん』の放送後は放送終了の喪失感から「あまロス」という言葉が生まれるほどの人気ドラマでした。

『あまちゃん』はブレイクのきっかけだけでなく、女優として成長した作品に

松岡茉優は主人公の天野アキ(能年玲奈)がデビューを目指して上京した『あまちゃん』東京編で、アキがアイドルとして活動する「GMT47」のリーダーが入間しおりを演じています。責任感が強く熱血のキャラクターで、GMTの活躍に向けてチームをまとめるリーダーシップ溢れるメンバーでした。

GMTはアメ横女学園芸能コースの2軍。解散寸前の「GMT47」のリーダーとして、地元アイドルを集めて路上ライブを行う日々が視聴者の心に響いたのかもしれません。松岡演じるリーダー・入間しおりは、埼玉出身・ネギ担当というキャラクターでした。 この役に抜擢されたことで、アイドルでありながらも身近に感じられる可愛い女の子というイメージを定着されることに成功したといえるのかもしれません。 大ヒットしたドラマ『あまちゃん』に出演したことで世間からの知名度が急上昇した松岡茉優。このドラマがきっかけで映画・ドラマにさらなる活躍をみせていきます。

『あまちゃん』への出演も多くの人に支えてもらえたことや、見守ってもらえたことがとても勉強になった、と語っています。謙虚でありながら、自分というものをしっかりと持っている若手にしては珍しい芯の強い女優というイメージが松岡の素晴らしさではないでしょうか。

5.橋本愛との共演が多い?

橋本愛とは『あまちゃん』、『桐島、部活やめるってよ』、『リトル・フォレスト』でも共演しており、このふたりが共演しているものは傑作になるというジンクスが生まれつつあります。

映画『桐島、部活やめるってよ』(2012)

気小説の映画化で公開当時は日本の映画賞を総なめにした神木隆之介主演の映画『桐島、部活やめるってよ』に出演しています。

松岡茉優はスクールカースト上位のグループに属する野崎沙奈役を演じました。髪を長く伸ばしていると、少し違った印象を受けますね。イケメン彼氏を持ち、可愛くて人気者だけどちょっぴり性格が悪そうなキャラクターを演じました。 謙虚で誰に対しても気さくな松岡の性格とは正反対な役どころでしたが、演技のリアルさに「性格悪そう」「いじわるそう」なんてイメージがもたれてしまったという話も。 共演した橋本愛演じるかすみと同じ女子グループに属する友達同士という役でした。

『リトル・フォレスト』(2014~2015)

2014年8月に『夏編・秋編』が2015年2月に『冬編・春編』が公開された映画『リトル・フォレスト』に、橋本愛演じる主人公いち子の親友キッコ役で出演しています。 本作は小森という東北の小さな集落を舞台とした物語。そこでの生活を丁寧に描き、そのまま小森で生きていくのか、それとも街へ出るのか、主人公の人生の岐路を映し出した作品です。

6.ドラマ『問題のないレストラン』でダイエットに成功!?

問題のあるレストランで2週間で三人合わせて27kg落ちたよ!!

真木よう子さん(@yokomaki_official)がシェアした投稿 -

2015年に放送されたドラマ『問題のないレストラン』で松岡が演じたのは、主人公の田中たま子(真木よう子)が経営する屋外レストランで働く若手シェフ・雨木千佳です。 そんな中、真木よう子が共演者の松岡茉優と二階堂ふみと共にインスタグラムにアップした画像が話題を呼びました。 その画像には「問題のあるレストランで27キロ落ちたよ!」というコメントがあり、そこに写っている3人の姿は以前よりほっそりしていました。単純計算すれば、1人あたり9kg前後痩せたことになりますね。それだけ痩せれば見た目にも分かるレベルです。 確かにこれまでの彼女の印象はふんわりとしたイメージだったので、痩せてシャープな印象になりました。

7.アイドル好きを公言。推しメンは元モー娘・鞘師理保!

ドラマ『あまちゃん』で“アイドル役”を演じるにあたって、彼女なりにアイドルを研究したそう。特に研究したアイドルグループはモーニング娘。 研究しているうちにファンになったそうで、今では「モー娘。愛」がすごい松岡茉優として有名になるほどに。 9期以降に加入したメンバーのモー娘。のことを「新生(新星)モーニング娘。」と呼んでおり、トーク番組に出演した際にはその愛を熱く語っています。 中でも大ファンだと公言しているのが、鞘師理保。あるバラエティ番組で、鞘師にドッキリを仕掛けられ、嬉しかったからか泣いてしまう場面もありました。

8.モー娘。コラボで、割れた腹筋を披露!

過去に大好きだという元メンバーの鞘師里保との共演も果たした松岡茉優。 そんな中、2016年に開催された、ハロー!プロジェクトのイベント・ひなフェスにて、松岡が一夜限りで「モー娘。」のメンバー入りを果たしました。 その際、メンバーと共に彼女が着ていた衣装は、ウエスト部がしっかりと見える2ピース仕様の衣装でした。それを見たファンは、あまりの鍛え上げられた腹筋に騒然となったそうです。 おそらくかなりストイックに筋トレをした結果でしょう。松岡茉優のモー娘。ファンとしての本気が伝わってくるエピソードですね。

9.目指すは「女版の八嶋智人」

女優としては、文句なしの彼女ですがどうやら目指すところは「ただの女優」ではないと話題になっています。個性派俳優としても人気のある、八嶋智人が目標ということを公言しており、それを伝え知った本人は「あまちゃんファンとして幸せいっぱいな気持ちです」とツイートしたとのこと。 15歳のときからそれを目標としてきたというのだから、本気で目指していることがわかります。八嶋のことを、唯一無二の存在の俳優として尊敬しており、バラエティ番組でのバランス感覚の良さも魅力だと語っています。

10.お笑いのセンスもキラリ!

これまでも深夜のネタ番組でおぎやはぎの二人とともにMCを務めたことでも話題になっている松岡。その対応力の高さにおぎやはぎも舌を巻くほど。本業の女優が駄目でもお笑いの道がある、と言わしめたほどというのだから驚きです。 またフジテレビのお笑い番組「ENGEIグランドスラム」では、ナインティナインとともにMCを務めています。お飾りのタレントのようにただ笑って立っているだけではなく、しゃべりも巧みにこなしており安定感のある進行に圧巻。 女版八嶋智人となる日も近いのではないでしょうか。

11.学園ドラマ・映画に引っ張りだこの松岡茉優

これまでドラマ『鈴木先生』や『GTO』、映画『悪の教典』など学園を舞台にした作品に多く出演している松岡。 しかし最近では『コウノドリ』で白衣姿の産婦人科医・下屋加江を演じたり、初主演映画となった『勝手にふるえてろ』では恋愛経験のない26歳OL・江藤良香を演じるなど、役どころの幅が広がっているようです。

12.知ってた?実はこんな作品にも出ていた

松岡は、女優として名が知られる前に意外な作品に出演していました。 過激な作風で有名な園子温監督作品による映画『愛のむきだし』で、満島ひかり演じるヨーコがアづけられる親戚の家の子供・百合として出演しています。 また米倉涼子が主演を務めたドラマ『35歳の高校生』では、米倉の演じる馬場亜矢子の高校時代を好演。当時まだ知名度が低かった松岡は、米倉涼子の高校時代を演じることに対して、かなりプレッシャーがあったそう。 さらに、2013年に放送された観月ありさ主演のドラマ『斎藤さん2』では、ギャル姿を披露した松岡。同じ不良グループには早見あかりらがいました。ドラマでは妊娠するという難しい役どころでしたが、見事演じ切り、徐々に知名度を上げてきたのです。

13.ドラマ『コウノドリ』に下屋加江役では白衣姿を披露

2015年10月のTBSドラマ『コウノドリ』に新米産科医・下屋加江役で出演しました。 謎の天才ピアニスト・BABYは都内のライブハウスで行われた自身のライブを開始10分で終わらせ、ペルソナ総合医療センターに向かいます。実は天才ピアニストBABYの裏の顔はペルソナ総合医療センターの産科医・鴻鳥サクラ。ライブ中に救急車から未受診妊婦の受け入れ要請の電話がかかってきたのでした。 リスクの高い未受診妊婦の受け入れに反対する仲間を押しのけその妊婦の医療センターへの受け入れを決めた鴻鳥。果たして、未受診妊婦を無事出産させることができるのでしょうか。 鈴ノ木ユウの同名医療コミックをドラマ化した今作は謎の天才ピアニストであり産科医の・鴻鳥サクラと仲間たちの葛藤を描くヒューマンドラマです。

松岡茉優のほか、鴻鳥サクラを演じる綾野剛、ベテラン助産師・小松留美子役の吉田羊など豪華キャスト陣が出演しています。

14.映画『ちはやふる』が松岡茉優の新たな代表作に

広瀬すず主演の大人気同名漫画の映画化『ちはやふる』にも松岡茉優は出演しています。

千早・太一・新は幼馴染で、新に教わった競技かるたでいつも遊んでいました。しかし引っ越しで離ればなれになってしまい、「新にもう一度会いたい、会ったときに強くなったなと言われたい」という気持ちから、高校に入り「競技かるた部」を創設します。太一も千早の想いを知りながら、競技かるた部の創設を応援し、部員の一員となり、3人の競技かるたにかけた思い、恋が描かれます。

松岡は現クイーンで圧倒的な実力の持ち主である若宮詩暢役を演じています。 今後も松岡茉優から目が離せませんね!