2017年7月6日更新

金子理江、謎のアイドルグループLADYBABYに所属する美少女の魅力に迫る7のこと

金子理江

「ミスiD2015」でグランプリを獲得し、謎のアイドルグループ「LADYBABY」として人気急上昇の金子理江。その生い立ちから、オーディションでの驚愕のエピソード、アイドルや女優としての活動まで、金子理江の魅力に全力で迫ります。

目次

1:フィリピンとスペインと日本のハーフである金子理江

金子理江(かねこ・ りえ)は、1997年12月18日生まれで、東京都出身。芸能界デビューのきっかけはスカウトだそうで、2016年現在、アーティストハウス・ピラミッドに所属し、アイドルや女優として活動しています。

金子は「フィリピンとスペインと日本のハーフ」であることをツイッターで明かし、外国人の血も入っているのに純日本人顔であることを嘆いていたとか。そして、テレビ出演時のトークなどから、父親が日本人で母親がフィリピン人とスペイン人のハーフであることが分かっています。

金子の幼少時代は、とても過酷なものでした。母親が恋人を作りしばしば出て行ってしまい、父親と姉と3人でワンボックスカーで生活していたことも。また、小学6年生の時のエピソードですが、母親とフィリピンへ行った際には置き去りにされてしまったといいます。

「夏休みだけ帰るというのでお母さんに付いていったんですよ。そうしたらお母さんがその1か月の間に彼氏をつくっちゃって。『チケットがない』『お金がない』って言いだして、実家に置いていかれました。家族は多かったのですが、全然言葉は通じなくて。でも半年で覚えましたね」

辛い過去を明るく語る金子。母親と別れて暮らす今も連絡は普通に取っているそうで、こうした前向きな性格も金子の魅力かもしれません。

2:ツインテール協会の放課後ツインテールに参加

「放課後ツインテール」

「日本ツインテール協会」というツインテールをこよなく愛する団体があります。公式サイトでは、ツインテールの魅力を広めるため、有名サロンとコラボしヘアアレンジの紹介をするほか、様々なシチュエーションでのツインテールガールのスナップを公開。

それらのコンテンツのひとつ、人気の女子高生モデルが制服を着てツインテールスタイルで登場する「放課後ツインテール」に、金子理江は2014年5月に参加しています。当時は、名がひらがなで「金子りえ」でした。

3:ミスiD2015でグランプリを獲得

講談社が主催する、新しい時代の新しい女の子を発掘するオーディション「ミスiD」。金子は、20014年に開催された「第3回 ミスiD2015」で、約4,000名の応募者の中からグランプリに輝きました。この回は、もうひとりグランプリが選ばれ、謎のオーラを放つ美女・水野しずが金子とともに受賞しています。ちなみに、第1回のグランプリは人気モデルの玉城ティナでした。

4:アイドルグループ「LADYBABY」を結成

LADYBABY「ニッポン饅頭 / Nippon Manju」Music Clip

「ミスiD2015」でグランプリを獲得した金子は、2015年3月、黒宮れい、レディビアードらとアイドルグループ「LADYBABY」を結成します。黒宮れいは、ジュニアアイドルとして活動し「ミスiD2015」でグランプリは逃したものの「ミスiD2015」に選ばれた逸材。そして、リーダーのレディビアードは、永遠の5歳で女装パフォーマーという強烈なインパクトのキャラクター。

コスチュームメーカー・クリアストーンのPRユニットとして結成された「LADYBABY」。「個性的」などという言葉では表しきれない新感覚のアイドルグループの誕生です。サポートメンバーとして、金子とともに「ミスiD2015」のグランプリに輝いた、謎の美女・水野しずが加わることもあるとか。

2015年7月に『ニッポン饅頭』でCDデビューし、同曲の動画は公開から半年で1,300万回という再生回数を記録しました。2016年1月には『アゲアゲマネー ~おちんぎん大作戦~』をリリース。そして、同年4月発売の3rdシングル『蓮華チャンス!』をひっさげ、初の国内ワンマンライブも決定したそうです。

5:特技はダンス!ミスiDのオーディションでも披露

女の子らしい可愛いルックスで、ほわんとやわらかい印象の金子ですが、キレのあるダンスが得意だそうです。「ミスiD2015」でのオーディションの際に見事なダンスを披露し、見た目とのギャップに会場を驚かせたのだとか。小顔で抜群のスタイル、そしてダンスの上手さは、ダンサーをしていたというスパニッシュ系フィリピン人の母親譲り。その長所を生かし、ライブでのパフォーマンスにも期待です。

6:大事なオーディションで8時間もの大遅刻?

実は、金子は「ミスiD2015」の最終面接に8時間もの遅刻をしました。特別に行われた追試では、朝起きてからの様子を再現し、遅刻の経緯を伝えたのだとか。審査員の間でグランプリにするか否か論議がされたそうですが、見事に受賞。新時代のアイドルにふさわしい魅力と可能性を秘めていると認められました。

「このステージに立つ前に色んなことがありました。一番は最終オーディションに遅刻してしまったこと。色々とたくさんの人に迷惑をおかけしてしまったのですが、グランプリを取ることができてすごく嬉しいです」

とグランプリに輝いた喜びと意気込みを語っています。

7:2016年公開の映画『いいにおいのする映画』で主演を務める

『いいにおいのする映画(Be A Light To The World)』予告編

金子は女優業にもチャレンジし、2016年2月公開の映画『いいにおいのする映画』に出演。本作は、新鋭・酒井麻衣監督がメガホンをとり、国内外で活動するブルータルオーケストラ「Vampillia」をテーマに製作され、金子は照明技師を目指す主役の少女・レイを演じました。

共演は、吉村界人や「Vampillia」のメンバーたち。光やモノクロ、パートカラーなどを効果的に使い、音楽を融合させたダークファンタジー作品となっています。その評価は高く、若手監督とミュージシャンがコラボする映画祭「MOOSIC LAB 2015」にてグランプリを獲得。また、ベストミュージシャン賞に「Vampillia」、最優秀女優賞に金子理江、最優秀男優賞には吉村界人と、本作で各賞を総なめにしました。

奇抜なアイドルだけでなく、女優としての成長も楽しみな金子。今後の活動に注目です。