『クレヨンしんちゃん』野原しんのすけの魅力をまるっと紹介だゾ!

2017年12月4日更新

国民的人気アニメ、『クレヨンしんちゃん』の主人公、スーパー幼稚園児の野原しんのすけ。性格や名前の由来、大人顔負けの女性の好みなどをご紹介します。

野原しんのすけのプロフィール

クレヨンしんちゃん しんちゃんとシロ アイロン ワッペン 約4cm KYAP351

『クレヨンしんちゃん』は1990年コミック誌『漫画アクション』(双葉社)で連載が始まった臼井儀人作の人気コミックで、2000年より『まんがタウン』(双葉社)へ移籍。2010年臼井儀人死去により、連載は終了しました。

1992年よりテレビ朝日でアニメ化され、以降、国民的人気アニメとして2016年5月現在も放送されています。

子どもとは思えない突拍子もないことを言い出す主人公・野原しんのすけを主人公に、家族や周囲の大人たちを描いたギャグマンガです。

埼玉県春我部市(コミックでは春日部市)に住み、アクション幼稚園ひまわり組(アニメではふたば幼稚園)に通っています。血液型はB型で自分のことを「オラ」と呼びます。

「きれいなお姉さん」と「チョコビ」が大好きで、性格は超マイペース。やりたい放題の5歳児に、まわりの大人たちは振り回されています。

しんちゃんの名前の由来は?

クレヨンしんちゃん[ファイル]A4シングルクリアファイル:2016AW 【野原一家 】

しんのすけの名前の由来は、父・ひろしが出産前「しんいち・とものり・すぐる・けんた」の4つを候補にし紙に書きました。

その後、妻みさえが産気づき急いで病院へかけつけたのですが、雨に濡れてしまい、名前を書いた紙もグシャグシャに。かろうじて「しんのすけ」という文字だけが残り、それが名前になりました。

しかしタイムスリップする回では、結婚する前のみさえとひろしの姿が描かれています。その時みさえは「子どもが生まれたらしんのすけにしてほしい」と言っていました。

得意技は「ケツだけ星人」

クレヨン しんちゃん おしりでスイスイ すすめ! ケツだけ星人 水着Ver

しんのすけの得意技は「ケチだけ星人」。お尻を丸出しにして小刻みに激しく揺らし「ぶりぶり〜、ぶりぶり〜」と叫びます。かなり下品でインパクトのあるお尻芸です。しんのすけはこの芸に更なる発展を見せ、さまざまなバリエーションを増やしました。

この下品さが問題となりました。アニメを見ている子どもがマネをするという理由で、日本PTA協議会主催の「小中学生と親のテレビ番組に関する意識調査」で、「子どもたちに見せたくない番組」アンケートの上位に入ってしまいました。

そのため、アニメ版では表現規制されるようになり「ケツだけ星人」は登場しなくなりました。

同じ理由でしんのすけのもう一つの得意技「ぞうさん」もNGに、母のことを「ミサエ」と呼び捨てにしていたのも「母ちゃん」に変更されました。

美人なおねえさんが大好き!

クレヨンしんちゃん Volume49 (アクションコミックス)

しんのすけは年上好みで、恋愛対象は高校生以上と決めています。例外として映画『嵐を叫ぶ!夕陽のカスカベボーイズ』で14歳のつばさに恋をしてしまいました。好きなタイプは、小宮悦子、松たか子、岡本夏生、かたせ梨乃…とても幼稚園児とは思えない早熟ぶりを発揮しています。

どんな状況でもきれいなおねえさんを見掛けたら、ナンパせずにはいられない、まるでイタリア男のようです。

劇中でしんのすけは女子大生・大原ななこ(20歳)に恋をします。保育士志望のななこは、「メゾン・ド・黒トカゲ」で一人暮らしをしています。しかしななこと遊びに出かけるときは、大抵ななこの友人で女子プロレス同好会に在籍している神田鳥忍が同席します。

しんのすけは神田鳥忍が苦手で、邪魔者扱いするのですが、結局はいつも一緒に遊んでしまいます。

しんちゃんが結成した「かすかべ防衛隊」って何?

50ピース 子供向けジグソーパズル ボードパズル クレヨンしんちゃん

しんのすけが幼稚園のクラスメイトと結成した、春日部の愛と平和を守る組織が「かすかべ防衛隊」です。本拠地は担任・よしなが先生のお宅です。

隊員はしんのすけ(イメージカラーは赤)のほかに、風間トオル(イメージカラーは青)、桜田ネネ(イメージカラーはピンク)、佐藤マサオ(イメージカラーは緑)、ボーちゃん(イメージカラーは黄)の5名です。劇場版では妹・野原ひまわり(イメージカラーはオレンジ)が臨時メンバーとして加入することもあります。

劇場版アニメには『電撃!ブタのヒヅメ大作戦』(1998)で初登場した「かすかべ防衛隊」。以降、劇場版では堅い絆で結ばれた仲間として登場します。

2004年公開劇場版アニメ『嵐を呼ぶ!夕陽のカスカベボーイズ』は5人の活躍を描いた作品です。

しんちゃんとシロとの絆

クレヨンしんちゃん でっかいシロぬいぐるみ

シロは生まれてすぐ、道端で箱に入れられて捨てられていたところ、しんのすけに拾われて、野原家で飼われることになった犬です。毛の色が白いので「シロ」と名づけられました。

散歩に連れて行ってもらえなければ一人で散歩し、エサがもらえなければ商店街で一芸を披露してエサをもらい、何でも一人でこなせるかしこい犬です。ときには、お使いをたのまれたしんのすけの代わりに行ったり、妹・ひまわりの面倒を見ることもあります。

そんなシロですが、実は酒癖が悪いのと、注射が苦手なのと、ケンカに弱い、という弱点があります。

7:しんちゃんの声優は?

クレヨンしんちゃん シロ編 (アクションコミックス)

野原しんのすけを演じるのは、声優の矢島晶子です。

1989年放送された『アイドル伝説えり子』の主人公・田村えり子役で声優デビューしました。このアニメは実在のアイドル(当時)・田村英里子とタイアップした作品で、アニメのえり子役には矢島晶子、歌うシーンでは田村英里子本人が歌いました。

1992年アニメ放送開始から野原しんのすけを演じている矢島ですが、放送開始当時は、今よりも高い声で演じていたそうです。あの独特の声は、徐々に作られていったもので、実際の矢島晶子の声とはだいぶ異なっています。

しんのすけの他に、『PEANUTS スヌーピー ショートアニメ』(2015)ではチャーリー・ブラウン役を、人気アニメ『ケロロ軍曹』ではアリサ=サザンクロスを演じています。