『クレヨンしんちゃん』アクション仮面の素顔を徹底解剖!

2017年7月6日更新

大人気の国民的アニメ『クレヨンしんちゃん』。作中に登場する正義のヒーロー”アクション仮面”はテレビシリーズだけではなく劇場版でも大活躍しています。今回はしんのすけも大好きなアクション仮面についてまとめています、ご覧ください!

アクション仮面はしんのすけが大好きなヒーロー

アクション仮面は『クレヨンしんちゃん』の中で放送されているテレビ番組に登場する正義のヒーロー。しんのすけいつも彼の人形を持ち「ワッハハハ」と決めポーズを真似ています。

得意技は両手を握って発射するアクションビーム。その他にアクションパンチ、アクションキックなどヒーローとしてお約束の技を取り揃えています。

悪の組織”メケメケ団”や”雀の涙”と日夜死闘を繰り広げているアクション仮面ですが、マナーには厳しく、メケメケ団のボス、メケメケZがタバコをポイ捨てする度に「タバコのポイ捨てはやめろ!」と大きな声で注意します。

中の人は郷剛太郎

アクション仮面の”中の人”は郷剛太郎。アニメ内では茶髪の爽やかな青年で、実際にアクション俳優としても活躍してるという設定です。さすがはアクション俳優、ということもあって柔道、空手、剣道、ムエタイ、少林寺拳法、カポエラなど様々武術を会得しています。

原作の漫画版にも郷郷太郎が登場しますが、こちらは筋骨隆々で目付きが悪い渋目の男として描かれています。

アクション仮面を支える個性豊かな仲間たち

正義の味方として活躍するアクション仮面に欠かせないのが心強い仲間の存在、劇中を小気味良く盛りたてる名脇役の3人を紹介します。

桜ミミ子

桜ミミ子 【C】 CS-S28-042-C ≪ヴァイスシュヴァルツ≫[クレヨンしんちゃん]

パートナーの少女である桜ミミ子。事あるごとにピンチに陥りますがアクション仮面がいつも助けに来ます。彼の放つ”アクションビーム”のエネルギーを送る役割も担っています。

北春日部博士

映画『アクション仮面VSハイグレ魔王』に登場し、ハイグレ魔王が繰り出す攻撃を防ぐバリアを開発するなど活躍しています。また映画『クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶジャングル』の劇中の映画にも登場します。

郷博士

超科学研究所を設立したアクション仮面の生みの親。一説には郷剛太郎の父という噂もあります。映画版では屋台の親父に姿を変えて登場していました。

『アクション仮面VSハイグレ魔王』では特殊な設定で活躍

テレビシリーズではしんのすけ好きなテレビ番組のヒーローですが、映画『アクション仮面VSハイグレ魔王』では野原家が時空移動マシンによってパラレルワールドにワープしてしまったため、現実に実在するヒーローとして登場します。

正真正銘の正義のヒーローとしてその超人ぶりを遺憾なく発揮し、ドラマではなく本当に世界を救うために活躍します。

劇場版『クレヨンしんちゃん』の第1作目で重要な役割を担ったアクション仮面。映画ならではの迫力のある作画や、秀逸な設定、宇宙人ハイグレ魔王との追いかけっこ対決など、名作揃いの劇場版シリーズの中でも本作は見劣りのしない作品になっています。

『クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶジャングル』では郷剛太郎が演じるアクション仮面として活躍

映画 クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶジャングル [レンタル落ち]

劇場版の第8作目『クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶジャングル』でも姿を見ることが出来ます。本作では、『アクション仮面VSハイグレ魔王』のように超人としてではなく、役者の郷剛太郎が演じるキャラクターとして登場します。

“アクションビーム”を打つことができませんが、それでも”正義のヒーロー”としてジャングルの支配者、パラダイスキングと精一杯戦います。

劣勢を強いられる中、勝利を信じるしんのすけに答えようとするアクション仮面の姿は子供よりもむしろ大人が感動してしまうかもしれません。

アクション仮面の声優は?

シティーハンター TVシリーズ(1 & 2 & 3 & ’91) コンプリート DVD-BOX (全140話, 3482分) 北条司 アニメ [DVD] [Import] [PAL, 再生環境をご確認ください]

アクション仮面を演じている玄田哲章は、岡山県出身、1948年5月20日生まれ、81プロデュース所属の声優です。

1972年、テレビアニメ『科学忍者隊ガッチャマン』でデビュー。その一度聞いたら忘れられない、渋くて低い声はシュワちゃんことアーノルド・シュワルツェネッガーの吹き替えでお馴染みです。

アニメ『シティハンター』の海坊主役や、『幽☆遊☆白書』の戸愚呂(弟)役など、どちらといえば厳つい役のイメージがある声優だけにアクション仮面の声をしているのは少々意外なのかもしれません。