2017年7月6日更新

映画『ナスティ・ウーマン(原題)』あらすじキャスト【アン・ハサウェイ主演】

アン・ハサウェイが新作『ナスティ・ウーマン(原題)』に出演するようです!共演は『ピッチ・パーフェクト』シリーズの人気女優レベル・ウィルソン。名作コメディのリメイクとなる本作のあらすじ・キャスト・最新情報をまとめました!

アン・ハサウェイ主演の新作コメディ映画『ナスティ・ウーマン(原題)』!

アン・ハサウェイ

『マイ・インターン』のアン・ハサウェイが、コメディ映画『ナスティ・ウーマン(原題)』に出演交渉中と報じられました。本作は、『ペテン師とサギ師 だまされてリビエラ』(1989年公開)のリメイク映画です。

『ピッチ・パーフェクト』シリーズに出演するレベル・ウィルソンの主演がすでに明らかになっており、ハサウェイはウィルソンとともに主演を務めるとみられます。

『ナスティ・ウーマン(原題)』のあらすじ

アン・ハサウェイ

アン・ハサウェイとレベル・ウィルソンが演じるのは詐欺師。二人が手を組んで、天才ITエンジニアから大金を騙し取るというストーリーになるようです。

オリジナル作品はマイケル・ケインとスティーブ・マーティン主演のコメディ『ペテン師とサギ師 だまされてリビエラ』

『ペテン師とサギ師 だまされてリビエラ』

1989年に公開された『ペテン師とサギ師 だまされてリビエラ』の舞台は、南仏コート・ダジュール。偶然、出会った二人の男性詐欺師が、テリトリーを勝ち取るため一人の女性を利用して賭けをするというコメディです。

ショーン・レビ監督のリメイク版『ピンクパンサー』(2006年公開)で、主人公クルーゾー警部を演じたアメリカ人俳優スティーブ・マーティン。そして『グランドフィナーレ』で主演を務めたイギリス出身の名優マイケル・ケインが、主人公の詐欺師に扮しています。

本家『ペテン師とサギ師 だまされてリビエラ』では、詐欺師の一人であるローレンスがカモだった女性に惹かれるというロマンスの要素も。『ナスティ・ウーマン(原題)』でもラブストーリーが展開されるのでしょうか?気になる詳細は今後の情報をお楽しみに。

『ナスティ・ウーマン(原題)』のキャスト

アン・ハサウェイ

My car nap is not going well... but isn't @pennylovellstylist's coat fabulous? @sheiscolossal

Anne Hathawayさん(@annehathaway)がシェアした投稿 -

さえない女子高生を演じたラブコメ『プリティ・プリンセス』で華々しい映画デビューを飾ったアン・ハサウェイ。その後、『アリス・イン・ワンダーランド』『レ・ミゼラブル』『ダークナイト ライジング』といった数々の話題作へ出演する名女優に。

一方で、メリル・ストリープと共演した大ヒット作『プラダを着た悪魔』や、ジェイク・ギレンホールの恋人役で出演した『ラブ&ドラッグ』、ロバート・デ・ニーロの上司を演じた『マイ・インターン』などコメディ作品でも人気を博しています。

『オーシャンズ11』

ハサウェイは『オーシャンズ11』を女性キャストでリブートすることが話題の『オーシャンズ8(原題)』(2018年公開予定)にも、出演が決まっています。

レベル・ウィルソン

レベル・ウィルソン

オーストラリア・シドニー出身の女優レベル・ウィルソン。アメリカで大ヒットを記録したコメディ映画『ブライズメイズ 史上最悪のウェディングプラン』で、主人公アニーのルームメートを演じ注目を浴びます。

さらに、アカペラに青春を捧げる女子大生たちの姿を描いた『ピッチ・パーフェクト』にも出演。自ら「ふとっちょ」と名乗るエイミー役に扮し、人気コメディエンヌの地位を確立しました。

『ペテン師とサギ師 だまされてリビエラ』もリメイク作品だった!

『ペテン師とサギ師 だまされてリビエラ』

実は『ペテン師とサギ師 だまされてリビエラ』は、『寝室ものがたり』のリメイク映画として製作されています。

マーロン・ブランドとデヴィッド・ニーヴン主演の『寝室ものがたり』

『寝室ものがたり』

『ゴッドファーザー』で知られる伝説的俳優マーロン・ブランドと、『ピンクパーサー』シリーズ第1作にあたる『ピンクの豹』に主演したデヴィッド・ニーヴン。この二人が主人公を務め、1964年に公開されたコメディ映画が『寝室ものがたり』です。

『恋人よ帰れ』でアカデミー脚本賞にノミネートされ、コメディに定評のあったスタンリー・シャピロ&ポール・ヘニングが共同で脚本を執筆。このコンビは『ペテン師とサギ師 だまされてリビエラ』でも、脚本家として参加しています。

『ナスティ・ウーマン(原題)』でクリス・アディソンが映画監督デビュー!

映画『ナスティ・ウーマン(原題)』で監督を務めるのは、イギリス出身のコメディ俳優クリス・アディソン。映画『ミスター・スキャンダル』、政治コメディドラマシリーズ『The Thick of It(原題)』などで活躍しています。本作で映画監督デビューを果たすことに。

脚本はジャック・シェイファーが担当します。ハサウェイの新作SFコメディ『The Shower(原題)』にも参加する脚本家です。