©2017 A&E Television Networks, LLC | Our Time Projects, LLC

映画『ラッカは静かに虐殺されている』に絶賛の声相次ぐ【あの監督の年間ベスト】

2018年5月2日更新

2016年6月、シリアの街ラッカは過激派団体イスラム国により制圧、人々は暴力が蔓延する生活に突き落とされました。そんな内情をスマホを使って国際社会に発信する団体RBSS。彼らの活動を追った傑作ドキュメンタリーを紹介します。

シリア内戦下のメディア戦線を追ったドキュメンタリー

かつては“ユーフラテス川の花嫁”と呼ばれるほど美しかったシリアの街、ラッカ。それが過激派組織イスラム国の支配によって、地獄のような都市に変わりました。 そんなラッカの内情を告発すべく、スマホを武器に立ち上がった組織RBSS。彼らが挑むメディア同士の戦いを追ったドキュメンタリー『ラッカは静かに虐殺されている』について紹介します。

『ラッカは静かに虐殺されている』のあらすじは?

ラッカは静かに虐殺されている
©2017 A&E Television Networks, LLC | Our Time Projects, LLC

2016年6月、内線下のシリアで、北部の街ラッカは過激派組織イスラム国に制圧されました。ラッカを首都とする国家の建国を宣言したイスラム国は、制圧された町で人々は豊かな生活を送っているとアピールします。しかし実際はその正反対でした。物資は乏しく、市民の日常に溢れているのは暴力です。公開処刑も頻繁に行われ、まさしく死と隣り合わせの生活に人々は怯えていました。 そんなシリアの内情を世界に向けて発信したのが「Raqqa is Being Slaughtered Silently」、略してRBSSという団体です。この団体名を日本語訳すると、映画のタイトルでもある『ラッカは静かに虐殺されている』という意味になります。 RBSSのメンバーは、スマートフォンでラッカでのイスラム国の行いを撮影、各種SNSに投稿することで、ラッカの惨状を国際社会に訴えたのです。当然彼らの行いはイスラム国の知るところとなり、メンバーの暗殺計画が立ち上がります… 本作は自らの命の危険にさらされながら、真実を報じつつけるジャーナリスト集団を追ったドキュメンタリーです。

監督は今もっとも期待されるドキュメンタリー作家マシュー・ハイネマン

本作を監督したのは、才能あるドキュメンタリー作家として知られるマシュー・ハイネマンです。サンダンス映画祭で“今日活動しているドキュメンタリー作家の中でもっとも才能があってエキサイティングな存在”と紹介されるほど注目株です。 2016年に公開された『カルテル・ランド』では、メキシコを舞台に麻薬カルテルに対抗する内科医と、退役軍人が結成した自警団に決死の取材を敢行。メキシコにおける麻薬戦線の最前線を描き、第88回アカデミー長編ドキュメンタリー賞にノミネートしました。 本作も英国アカデミー賞のドキュメンタリー部門にノミネートされているほか、多くの映画祭で高評価を受けています。

『ラッカは静かに虐殺されている』の登場人物を紹介

ラッカは静かに虐殺されている
©2017 A&E Television Networks, LLC | Our Time Projects, LLC

アジズ

RBSSの共同創設者の一人です。ラッカで育ち、ラッカ大学の学生時代にシリア革命活動に参加。その頃からシリア政府に対するレジスタンスを作り始めます。

ハムード

RBSSの共同創設者の一人です。高校生の頃、シリア革命活動に参加したことをきっかけにラッカでのデモを撮影し始めました。

モハマド

RBSSの記者です。団体に参加する前は、ラッカで農業省の職員やレスキュー隊、数学教師など様々な仕事をしていました。教師時代の生徒がSNSでアサド政権を批判し逮捕されたことをきっかけに、モハマドも革命に参加したそうです。

ハッサン

RBSSの共同創設者の一人です。以前はダマスカス大学の法学生でした。しかし、アサド政権が革命に参加した大学生を逮捕したことを知り、故郷ラッカに戻りRBSSを立ち上げたそうです。

『ラッカは静かに虐殺されている』の評判は?

ラッカは静かに虐殺されている
©2017 A&E Television Networks, LLC | Our Time Projects, LLC

ベルリン国際映画祭で金熊賞を受賞した1999年『マグノリア』や、カンヌ国際映画祭で監督賞を受賞した2002年『パンチドランク・ラブ』など多くのヒット作を監督しているポール・トーマス・アンダーソン。彼は本作について“年間ベストの1本!”と絶賛しています。 評論家たちの評判も上々です。海外の映画レビューサイトとして有名なロッテントマトでは2018年3月時点で99%が満足したという評価でした。

描かれるのは、メディア対メディアの戦い

ラッカは静かに虐殺されている
©2017 A&E Television Networks, LLC | Our Time Projects, LLC

ラッカを制圧したイスラム国は、徹底した情報統制を行いました。住民からは衛生テレビののアンテナを取り上げ、インターネットカフェも閉鎖し、外部の情報が入ってこないようにしたのです。その一方、外部に対するプロパガンダは積極的に行いました。 そんなイスラム国のメディア戦略に同じくメディアで戦いを挑んだのがRBSSです。しかもRBSSのメンバーは、本作を通して実名を公表するという、命の危険と隣り合わせの行為をしました。 監督のハイネマンは、彼らは匿名を捨てることで”自身は実在する存在であり、ラッカの出身者である”と世界に示したかったと語っています。そして、彼らが負った壮大なリスクによって、彼らの情報はよりリアルさを増し、イスラム国のプロパガンダに打ち勝つことができたのでしょう。

『ラッカは静かに虐殺されている』の公開劇場は

ラッカは静かに虐殺されている
©2017 A&E Television Networks, LLC | Our Time Projects, LLC

『ラッカは静かに虐殺されている』は2018年4月よりアップリンク渋谷とポレポレ東中野を皮切りに、順次全国にて公開されます。 この静かで激しい戦いの目撃者にあなたもなってみませんか。