2018年6月1日更新

『クレヨンしんちゃん』野原しんのすけ役声優、矢島晶子が降板。その理由とは?

国民的アニメ『クレヨンしんちゃん』の主人公・野原しんのすけ役の声優、矢島晶子が降板することが明らかになりました。27年間にわたってシリーズで主役を務めてきた彼女はなぜ降板に至ったのでしょうか?

野原しんのすけ役、矢島晶子が降板

国民的アニメ「クレヨンしんちゃん」シリーズで、主人公・野原しんのすけ役を演じていた声優・矢島晶子が降板することが、テレビ朝日のオフィシャルサイトで発表されました。矢島が最後に、しんのすけを演じる放送回は、2018年6月29日になるそうです。

矢島晶子の降板の理由は?後任声優は決まってる?

1992年にシリーズが放送開始されてから、27年間ににわたってしんのすけ役を演じてきた矢島は、1967生まれ。半生にわたってしんのすけを演じてきました。 そんな彼女が今回の降板を決意したのは、「しんのすけの声を保ち続ける事が難しくなった為」とのこと。矢島は「キャラクターの声を作る作業に意識が集中し、役としての自然な表現が出来にくくなってしまった為です」と降板の理由を綴ると共に、「27年間、ありがとうございました」と感謝の気持ちを述べています。そして、同役を離れても矢島は声優としての活動を続ける旨を明かしています。 なお、7月からしんのすけを演じる声優は調整中とのことです。