2020年3月17日更新

映画「スーサイドスクワッド」のフル動画を無料視聴できる配信サービスを紹介【吹き替え/日本語字幕あり】

スーサイド・スクワッド
©WARNER BROS

2016年公開の映画「スーサイドスクワッド」。本作は、DCエクステンデッド・ユニバースの第3作目であり、初のヴィランズが主役となった作品です。本記事では、映画「スースク」のフル動画を無料視聴できる配信サービスを紹介します!

目次

映画「スーサイドスクワッド」のフル動画は配信サービスで無料視聴しよう【吹き替え/日本語字幕あり】

2016年公開の映画「スーサイドスクワッド」。本作はジョーカーやハーレイ・クインら悪役たちがメインキャラクターで、正義感を持たない彼らの、破天荒で個性的な魅力を思う存分見ることができます。 この記事では、そんな本作のフル動画を無料視聴できる配信サービスについて紹介します。pandoraやdailymotionなどの違法動画に手を出さず、合法的に無料で視聴しましょう。

映画「スーサイドスクワッド」のフル動画を無料で視聴するならU-NEXTがおすすめ!

▼今すぐ登録&視聴▼

2020年3月20日にハーレイ・クインのスピンオフ映画が公開!

2020年3月20日にはハーレイ・クインが主人公を務めるスピンオフ映画『ハーレイクインの華麗なる覚醒 バーズ・オブ・プレイ』が公開され、続編「スーサイドスクワッド2」の製作も決定しています。 是非この機会に、ジョーカーやハーレイ・クインが一堂に会する映画「スーサイドスクワッド」をチェックしておきましょう。

映画「スーサイドスクワッド」のフル動画を配信中のサービス一覧【無料あり】

映画「スーサイドスクワッド」は、6つの動画サービスで配信中。 U-NEXT、TSUTAYA TV/DISCAS、hulu、ビデオマーケットでは、初回入会時のキャンペーンを活用して、無料でフル動画を視聴可能です。 amazonプライムビデオとdTVでは、本作のレンタル配信を行っています。 次の項目ではU-NEXT、TSUTAYA TV/DISCAS、huluのサービス内容について解説します。自分にあったサービスに加入してみてください。

U-NEXTで「スーサイドスクワッド」のフル動画を無料視聴する【吹き替え/日本語字幕あり】

U-NEXTでは、映画「スーサイドスクワッド」のフル動画を吹き替え、日本語字幕版ともに440円でレンタル配信中です。 ですが、本サービスの初回入会時に600円分のポイントがもらえ、そのポイントを使用することで本作を無料で視聴できます。 見放題作品も豊富に配信していて、初回登録からの無料体験期間も31日間と長いU-NEXTは、映画好きにおすすめのサービスです。

TSUTAYA TV/DISCASで映画のフル動画を無料視聴する【吹き替え/日本語字幕あり】

TSUTAYA TV/DISCASは、それぞれ動画配信サービスとDVD宅配レンタルのサービスです。 TSUTAYA TVでは映画「スーサイドスクワッド」のフル動画が吹き替え、日本語字幕ともに400ポイントでレンタル配信中。ただ初回登録時に1100ポイントの付与があるため、このポイントを活用して映画を無料視聴することができます。 またDVDを無料で観たい人はTSUTAYA DISCASを利用しましょう!新作以外は、登録から30日間であれば無料で宅配レンタルすることができます。

huluで映画のフル動画を無料視聴する【吹き替え/日本語字幕あり】

2020年3月1日から映画「スーサイドスクワッド」の配信が開始された、動画配信サービスhulu。吹き替え、日本語字幕を選んで視聴することができます。 本サービスの特徴は、配信作品はすべて見放題であるということ。レンタル作品がないため、無料期間の2週間以内であれば、配信されている全作品を無制限で無料視聴することができます。 U-NEXTやTSUTAYA TVに比べて、無料期間が短いためその点は注意しましょう。

pandoraやdailymotionでもフル動画を無料視聴できる?

違法アップロード

映画「スーサイドスクワッド」は、pandora(パンドラ)やdailymotion(デイリーモーション)でも視聴可能なのでしょうか?調べて見たところ、一部のサイトにアップロードされているのを確認しました。 しかしこうしたサイトは、視聴中に何度も広告が表示されたり、有料サイトへの勧誘が多かったりします。さらに、ウイルス感染の危険性や、フィッシング詐欺などの被害に遭う可能性も……。 視聴中に感じるストレスや、ウィルス感染の危険を冒してまで、こうしたサイトで動画を視聴する意味はあまりないでしょう。また、本作の魅力の一つであるアクションシーンは、高画質で見てこそ本来の良さが伝わるはずです! 本記事で紹介している配信サービスなら、安全かつ快適に本作を視聴できるので、こちらの方法で楽しむことをおすすめします。

映画「スーサイドスクワッド」のあらすじ

ヒーロー達によって投獄された悪党達は、死刑や終身刑として服役していました。 しかしそんな時、減刑と引き換えに特殊部隊「スーサイドスクワッド」を結成させられます。そして、彼らは米国政府のため、危険なミッションを遂行させる捨て駒として送り込まれることに。 メンバーは、最初こそ反乱を試みますが、脱走すれば爆発するよう設計されたナノ爆弾を首に埋め込まれており抵抗できません。こうして、彼らは強制的に危険なミッションに挑むことなり……。

映画に登場する悪役キャラクター/メインキャストを紹介

デッドショット/ウィル・スミス

デッドショット、スーサイドスクワッド、ウィルスミス
©Supplied by LMK

デッドショットは、狙った獲物は決して逃さない百発百中の凄腕狙撃手。彼は、バットマンに敗れて刑務所に収監されたあと、スーサイドスクワッドにスカウトされ、チームのリーダー的存在となっていきます。 デッドショットを演じたのは、俳優のウィル・スミス。彼は、1986年にラッパーとしてデビューし、人気を博しました。その後、1992年公開の映画『ハートブレイク・タウン』で映画デビュー。彼が、俳優として人気が出始めると、出演作が軒並み大ヒットを飛ばす「ドル箱俳優」の仲間入りを果たします。 ウィルの代表作として、映画「バッドボーイズ」シリーズ、映画「メン・イン・ブラック」シリーズ、映画『ハンコック』、実写映画『アラジン』など。 日本語吹き替えは、ウィル・スミスの吹替でおなじみの東地宏樹が務めました。

ジョーカー/ジャレッド・レト

スーサイドスクワッド、ジョーカー、ジャレッド・レト
©Supplied by LMK

ジョーカーは、バットマン最大の宿敵です。彼は、ギャングのボスとして君臨しており、囚われたハーレイ・クインを助けるために奮闘します。 バットマンの宿敵であるジョーカーを演じたのは、俳優のジャレッド・レト。 彼は、ニューヨークで演劇を学んだあと、ロサンゼルスで俳優活動を始めました。その後、テレビドラマの主要キャストに抜擢され、1997年公開の映画『プリフォンテーン』で映画俳優デビュー。 ジョン・レノン殺害の犯人を描いた、2007年公開の映画『チャプター27』では、役作りのため激太りをし、痛風を患ったせいで車椅子生活を余儀なくされた時期があります。 日本語吹き替えは『∀ガンダム』のギム・ギンガナム役などで知られる声優・子安武人が務めました。

ハーレイ・クイン/マーゴット・ロビー

マーゴット・ロビー『スーサイド・スクワッド』
© WARNER BROS./zetaimage

ハーレイ・クインは、ジョーカーに魅了されて悪に落ちた人物。彼女は、元アーカム・アサイラムに勤める精神科でしたが、診察を受けていたジョーカーに惚れてしまい、彼の投獄を手伝ってしまいます。 本作で注目を集め、一躍大人気キャラクターとなったハーレイ・クインを演じたのは、女優のマーゴット・ロビー。 彼女は、2008年にドラマ『ダークネス・ビギンズ』に出演し、女優デビュー。その後、2013年公開の映画『ウルフ・オブ・ウォールストリート』に出演し、注目を集めました。 日本語吹き替え声優は、エミリー・ブラント、ゾーイ・サルダナらの吹替を担当することの多い東條加那子が務めました。

映画「スーサイドスクワッド」の見どころ ジョーカーやハーレイ・クインが集結!

本作の見どころは、2008年に公開された映画『ダークナイト』以来、久しぶりにジョーカーが出演しているところでしょう! 『ダークナイト』でジョーカーを演じたヒース・レジャーは、それまでのジョーカー像を覆す迫真の演技を見せましたが、作品が公開される前に薬物中毒でこの世を去っています。色んな意味で伝説を残したヒースを前に、ジャレッドも相当役作りをしたそうで、精神科医や犯罪者と面会もしたそうです。 ビジュアルは過去のジョーカーとは全く異なっており、全身タトゥーに緑の短髪をオールバックにしています。 本作の彼は、ハーレイ・クインと恋人同士ではありますが、スーサイドスクワッドの一員ではないため、出演時間はあまり多くないのが残念なところです。

映画「スーサイドスクワッド」の気になる評価・感想・レビューをチェック

sogo_hiroaki
sogo_hiroaki 3.5

平均値が、3.0ぐらいなのは、非常に頷ける。 DCコミック、特にバットマンが好きな人は、たまらないかもしれない映画なのかな? 正直、キャラクターに詳しくないが、ウィルスミスは、違うような気がする。正直彼は、悪党面ではない。 完全悪党面で、悪党だから、娘の為に家族の為だからこそ、涙出てくるのを、何故か黒人お父さん役王道キャストを選んでしまった所に(-_-) あとは、面白かったです。 そして、この映画を観てハッキリ分かった事があります。 世界人類最強の敵は、未知なる生命体(エイリアン)と魔女なんだと(⌒-⌒; )

Megu_Komatsu
Megu_Komatsu 2

とにかく今回の主役である悪党たちがかっこいい。思ってたのより皆んなまともな人たちかなと思うキャラクターでもありましたが、ジョーカーが一番期待を裏切らないイカれ具合。かっこよかったです。 ただ、ストーリーは期待はずれでしたね。悪党たちのおしゃれ具合による映画の雰囲気だけを味わう作品という感じもしました。

amazon02
amazon02 3

珍しく娘たちが観たいというので同行。 次回DCムービーのブリッジ? 本国ではファンも付いてたりするのかも知れませんが、非常に編集の上手い序盤の全キャラ紹介(多少の偏りは否めない)で、なんとなくわかった気になって観ていて、キャラの心理が読めてこない。 初めてできた仲間を大事にしようとする、そんな安っぽい感情で任務を遂行するかなぁ。 スーパーマン以降のDC2作品は、色々中途半端な印象が拭えません。 まあ、今回のチームはDCを代表するヴィラン達なんだろうから、常人の解釈なんて及ばないところで思考してるだろうし、重しのように要所要所でハーレイに関わるジョーカーに至っては、全ての行動や言動の意味がわからない…>_

Naura_Tanaka
Naura_Tanaka 3

なによりも マーゴットロビー × カーラデルヴィーニュ かわいい × かわいい これが最高! 可愛い女の子は何してもかわいい〜〜!! マーゴットは終始かわいいし お尻も最高! カーラは魔女の時の変な踊りが 気持ち悪いかわいいでくせになる。 それ以外はもっと悪すぎて笑える キマっちゃってる悪さを 想像してたので物足りなさも。。 思ったより優しい映画。 あの炎の彼が あんなに頑張ったのに 終わりあっさりだし 結構仲間感でてたのに だれも大して悲しまない感じは ちょっと可哀想。 音楽は良かった! 吹き替えで観て ハーレークインの声が 好みじゃなかったので 字幕でもう一回観たい。

southpumpkin
southpumpkin 2

悪い奴らを揃えてもっと悪い奴らを倒そう!というアイディアの元組織された個性豊かな悪人たちが共闘します。DCコミック系なので、ベン・アフレック版バッドマンやスーパーマンも名前だけ登場します。 マーベル『アベンジャーズ』はそれぞれの単独映画をしっかりやった上で、キャラクター愛を植え付けた上で満を持して大集合だったはずが、皆さんの初お目見えのまま、適当な紹介がなされます。ボスっぽい女が自分が揃えた悪の集団について順番に揃えていく回想シーン。この時点でまず超ダサいのですが、それぞれのエピソードが本当につまらない。しかも徐々にそれぞれがトラウマを抱えている(デッドショットが娘好きとかなんとか)という温めな感動ストーリーが語られます。キャプテンブーメランって誰だっけ?レベルの描けてなさで、勝手に共闘。なんの行動原理も示されぬまま団結します。愛!団結!感動!という観客を馬鹿だと思っているに違いない脚本です。 戦闘シーンにも例の『BvS』のダメなところ、パワーの差がありすぎるところが増幅されています。ちょっとエロくて悪い女とかその程度のレベルの人たちがハチャメチャに強い敵と対峙します。ここで『BvS』のバッドマンを思い出します。そういえば彼は逃げ腰で遠くから爆弾投げてたっけ。そもそも悪いってだけで集められてるんだから、もっと悪どいところを押し出していきゃいいのに、なぜかパワーバトルに。そんなん敵うわけないだろ…、と思いますが、やはり映画なので敵を倒す。そうなるとどうしても敵が間抜けにならざるをえない。御都合主義的な敵のアホさに辟易します。 そうして迎えるラスト。今後の作品のためとはいえ、何にも報われないラストにむちゃくちゃイライラします。希望なんてありゃしません。自由について語るマーベルとは雲泥の差です。 宣伝ではハーレイ・クインとその他いろんな人たち、という紹介をされていました。誇張宣伝かよ、と思いましたが、これは間違っていません。ハーレイクインはとにかく最高。マーゴット・ロビーは本当に最高です。エロくてマッドでもう最高。僕もプリンちゃんになりたい。こんな最高なハーレイが映っているのに星2という奇跡的な映画です。今後の作品に期待を込めている方、一部の映画オタク以外は本当に観る必要のない映画だと思います。

映画「スーサイドスクワッド」に多く寄せられた感想は、キャラクターはかっこいいけどストーリーがいまいちというものでした。ただ、ジョーカーやハーレイ・クインを絶賛する声は多くあがっています。

この作品も無料で観られる!おすすめ関連動画の紹介

アメコミ映画史に残る大傑作 映画『ダークナイト』

2008年に公開された映画『ダークナイト』。本作は、前作『バットマン・ビギンズ』の続編であり、ジョーカーを演じたヒース・レジャーの遺作となっています。 映画『ダークナイト』は、その完成度の高さから、第81回アカデミー賞にて音響編集賞を受賞しました。さらに、亡くなったヒース・レジャーは、助演男優賞を受賞。 本作は、公開当初の興行収入は映画『タイタニック』に次ぐ2位を記録しています。

DCコミックヒーローが大集結! 映画『ジャスティス・リーグ』

2017年公開の映画『ジャスティス・リーグ』。本作は、2016年に公開された映画『バットマンVSスーパーマン ジャスティスの誕生』から続くストーリーであり、DCコミックのヒーロー達が集結する作品です。 前作の出来事がきっかけで、バットマンことブルースウェインは、ワンダーウーマンと共に新たなヒーローを集めようとします。 一方で、海底アトランティスに保管されている、破滅と創造の力を秘めた「マザーボックス」を手に入れようと、ステッペンウルフの魔の手が迫っていました。

映画「スーサイドスクワッド」のフル動画は配信サービスで無料視聴しよう【日本語字幕/吹き替え】

以上、映画「スーサイドスクワッド」を無料視聴できる動画配信サービスについて紹介しました。 本作は、スーパーヒーローたちに負けないぐらい個性的で、どこかお茶目な悪役達が大活躍します。気になる方は、ぜひ紹介した配信サービスを利用して、本作を楽しんでくださいね!