2020年12月15日更新

「バイオハザード」実写映画リブート版!新キャストでラクーンシティの前日譚を描く

「バイオハザード」 リブート サムネイル

サバイバル・ホラーゲームの金字塔として多くのファンに愛されてきた「バイオハザード」。完全新作映画によるリブートが決定しました。これまでに公開されてきた実写版映画では全世界興⾏収⼊総額12億ドルを記録していますが、新作はどうなるのか、最新情報を随時更新していきます!

目次

「バイオハザード」のリブート企画が始動!ハリウッドで制作される完全新作長編映画

全世界興⾏収⼊総額12億ドルを記録してきた映画「バイオハザード」シリーズ。2021年からはフル3DCGアニメーションと、実写の2パターンによる連続ドラマ化も決まり話題になりました。 そして今回は完全新作長編映画として実写版「バイオハザード」のリブート版について紹介。ゲーム版の「バイオハザード」シリーズの世界観を重視され、新キャストたちによって新たなストーリーが繰り広げられていきます。 日本での劇場公開は2021年に予定されていますが、ビデオゲームを原作とする映画史上で、もっとも人気を集めてきた作品のリブート版に、すでに多くの関心が寄せられているようです。 これまでオリジナル版の「バイオハザード」6部作を楽しんできたファンにとっては、非常にうれしいニュースでしょう。

舞台は1998年のラクーンシティ!現代の観客にも身近なストーリー

『バイオハザード ダムネーション』
©Sony Pictures Home Entertainment/Photofest/zetaimage

リブート版「バイオハザード」の舞台となるのは、1998年のラクーンシティの夜。オリジナル版の前日譚として物語が展開していくとのことです。 脚本・監督を務めるヨハネス・ロバーツは、「寂れたアメリカの⼩さな町で起こる現実味ある⼈間ストーリーを描く事で、現代の観客にとって⾝近で共感できる作品にしたい」とコメント。 違う時代を生きる我々も思わず共感してしまうような、非現実的ではなく奇しくも「身近に感じられてしまう恐怖」を楽しめそうです。 オリジナル版ストーリーが始まる前夜に何があったのか、映画「バイオハザード」シリーズを観てきた人も、これから鑑賞したいという人にも、必見の内容となっているのではないでしょうか。

リブート版「バイオハザード」のキャスト一覧!新主人公クレアはカヤ

カヤ・スコデラリオ/クレア・レッドフィールド

カヤ・スコデラリオ
©︎WENN.com/Zeta Image

14歳の頃に海外ドラマ『スキンズ』(2007年)でデビューして以降、映画『嵐が丘』(2011年)、映画「メイズ・ランナー」シリーズ(2014〜2018年)、映画『パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊』(2017年)などに出演してきたカヤ・スコデラリオ。 10代の頃から女優としてのみならずモデルとしての活躍も見せており、一流モデル事務所「Models 1」に所属しています。 「薄っぺらい女性の役は演じたくない」という信念のもとで女優業を務めているカヤ。男性のお飾りのようなガールフレンド役を演じるのは御免なんだとか。 カヤのこういった芯の強く美しいスタンスは、多くのファンを集めている理由の1つでしょう。「バイオハザード」リブート版でもクールな勇姿に期待大です。

ハナ・ジョン=カーメン/ジル・バレンタイン

『Misfits/ミスフィッツ-俺たちエスパー!』(2011年)や『ブラックミラー』(2011年)に出演するほか、スパイス・ガールズの曲をベースに構成されたウェストエンドのミュージカル『Viva Forever!』(2012年)で主役を演じた経験もあるハナ・ジョン=カーメン。 スティーブン・スピルバーグ作品である『レディ・プレイヤー1』(2018年)や、マーベルの人気作『アントマン&ワスプ』(2018年)への出演でも知られています。 ドラマに舞台に映画にと幅広く活躍しマルチな才能を放ってきたハナが、「バイオハザード」リブート版でどのような演技を見せてくれるのか楽しみです。

トム・ホッパー/アルバート・ウェネカー

2007年にBBCドラマ『カジュアルティ』や「Doctors」に出演して以降、人気SFドラマ『ドクター・フー』、ドラマ『魔術師 MERLIN』などで活躍してきたトム・ホッパー。 さらに映画『ノース・ウォリアーズ 魔境の戦い』(2014年)に出演するほか、大人気ドラマシリーズである『ゲーム・オブ・スローンズ』への出演でも知られています。 196センチという長身と鍛え上げられた肉体が特徴のトム。その身体を活かしたダイナミックな演技も魅力の1つです。「バイオハザード」リブート版では、どのようなアクションを見せてくれるのか楽しみですね。

アヴァン・ジョーギア/レオン・S・ケネディ

アヴァン・ジョーギア
©Eugene Powers/WENN.com

アヴァン・ジョーギアは、『A Girl Like Me: The Gwen Araujo Story』(2006年)への出演でキャリアをスタートさせ、『ビクトリアス』(2013年)や『ゾンビランド:ダブルタップ』(2019年)への出演で知られている俳優です。 2019年に放送されたコメディドラマシリーズ『ナウ・アポカリプス 〜夢か現実か!? ユリシーズと世界の終わり』では主演を務めています。 またLGBTの若者へのいじめや差別に関するキャンペーン「Straight But Not Narrow」を立ち上げたことでも有名です。

ニール・マクドノー/ウィリアム・バーキン

ニール・マクドノーは、『スタートレック ファーストコンタクト』(1996年)や『マイノリティ・リポート』(2002年)、『キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー』(2011年)のほか、『ソニック ザ・ムービー』(2020年)など数々の映画に出演している俳優です。 『バンド・オブ・ブラザース』(2011年)や『M.I.緊急医療捜査班』(2004〜2005年)、『デスパレートな妻たち』(2008〜2009年)、『SUITS/スーツ』(2014年)など、人気ドラマにも数多く出演しています。

新しい「バイオハザード」の豪華スタッフ陣一覧!プロデューサーと制作会社は変わらず

脚本・監督 ヨハネス・ロバーツ 

『アザー・サイド 死者の扉』(2016年)、『海底47m』(2017年)、『ストレンジャーズ 地獄からの訪問者』(2018年)など、数々のホラー映画で知られるヨハネス・ロバーツ。 2020年には『海底47m』の続編である『海底47m 古代マヤの死の迷宮』が公開されました。これまでに数々のホラー映画で培われてきたキャリアを活かし、どのような作品が作られるのか期待が寄せられています。

プロデューサー ロバート・クルツァー

「バイオハザード」シリーズをはじめ、『ファンタスティック・フォー』(2015年)、『シャドウハンター』(2014年)などで知られるロバート・クルツァーが、「バイオハザード」リブート版でも引き続きプロデューサーを担当します。 これまでの「バイオハザード」6部作のファンにとってはうれしいニュースではないでしょうか。

製作会社 コンスタンティン・フィルム

これまでの「バイオハザード」シリーズ6部作の製作も手がけてきたドイツの映画製作配給会社・コンスタンティン・フィルムが、引き続き製作を手がけます。 「バイオハザード」シリーズ以外にも、『ネバーエンディング・ストーリー 』(1984年)や『ファンタスティック・フォー:銀河の危機』(2007年)、『三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船』(2011年)、『モンスターハンター』(2020年)などで知られる大手製作会社です。

これまでの「バイオハザード」シリーズをおさらい!CGアニメも

大人気シリーズ映画「バイオハザード」、主役はミラジョボヴィッチ

「バイオハザード」シリーズの第1作目が公開されたのは2002年。2016年に『バイオハザード: ザ・ファイナル』が公開されるまで、約14年にわたって愛されてきた長寿シリーズです。 ポール・W・S・アンダーソンが監督を務めた、この映画「バイオハザード」6部作では、ミラ・ジョヴォヴィッチが映画版オリジナルキャラクターの主人公・アリス・アバーナシーを演じてきました。「バイオハザードと言えばミラ・ジョヴォヴィッチ」という人も多いのではないでしょうか。 ミラにとってもこのシリーズは特別な作品なようで、過去に「アリスは最高の私」と語っています。 新たな「バイオハザード」リブート版では、カヤ・スコデラリオが演じるクレアが主人公。これまでのアリス視点で紡がれてきた物語とはどのように変わっていくのか、期待して待ちましょう。

CGアニメーションも

「バイオハザード」シリーズは、実写版だけでなくCGアニメーション映画も製作されてきました。2008年には『バイオハザード ディジェネレーション』、2012年には『バイオハザード: ヴェンデッタ』、2017年には『バイオハザード ダムネーション』が公開されています。 また2021年には最新アニメ『バイオハザード:インフィニット ダークネス』がNetflixにて独占配信予定。人気キャラクターであるレオン・S・ケネディとクレア・レッドフィールドの活躍に、これからも目が離せません。

映画を観る前に!監督が目指す、ゲーム版「バイオハザード」旧作2作の恐怖を体験

「バイオハザード」リブート版で監督を務めているヨハネス・ロバーツは、「私がオリジナルのゲーム第1作⽬と第2作⽬をプレイした当時に味わった⼼の底からの恐怖を、今回の映画で再現したく思っている」と述べています。 オリジナルゲーム「バイオハザード」の1・2は、「バイオハザード」シリーズをサバイバルホラーゲームとして確立していった名作。緊張や高揚、そして迫りくる恐怖感をこれでもかと味わうことができる作品です。 使用できる弾薬やアイテムが限られている極限状態の中、次々に襲ってくるゾンビたちにどう立ち向かっていくのか。「バイオハザード」リブート版を鑑賞する前に、ゲーム版の1・2をおさらいとしてプレイしてみるのもいいかもしれません。

映画「バイオハザード」リブート版は2021公開予定、最新情報から目が離せない!

新たにヨハネス・ロバーツを監督に迎え、カヤ・スコデラリオやハナ・ジョン=カーメン、アヴァン・ジョーギア、ニール・マクドノーなどの豪華キャストが揃った「バイオハザード」リブート版。公開は2021年を予定しています。 オリジナル版の前日、あのラクーンシティの夜で一体何が起こっていたのか。オリジナルゲーム「バイオハザード」さながらの迫りくる恐怖を、映画で再体験してみてはいかがでしょうか?