『バイオハザード』映画版全作品のあらすじをざっくり紹介!

2017年7月6日更新

2017年に公開が予定されています『バイオハザードⅥ ザ・ファイナル・チャプター』は、映画・バイオハザードシリーズの最終作となります。独自の展開を見せてきましたが、今回は最終作への予習として、シリーズのあらすじを振り返ってみました。

バイオハザード映画版が相当面白い!

カプコンから発売された大ヒットゲームシリーズの実写映画『バイオハザード』。映画では、ゲーム版の世界観をベースにオリジナルの要素を多く取り入れています。

主人公となるアリスはゲーム版には登場しないキャラクターで、映画版だからこそできたオリジナルの設定が作品を盛り上げています。ゲームファンに限らず、ホラー映画、アクション映画と、多方面から支持されるシリーズです。

今回はそんな映画『バイオハザード』シリーズのあらすじをざっくりとご紹介します。

『バイオハザード』

konoxoxomi 何回見ても怖い!びびる! このゾクゾク感がサイコーにやめられない!
i_chan0124 何回見てもおもしろい 昔は怖くて見れなかったけど ゾンビとホラーは別物! 内容が充実してて楽しい ミラがかわいい

アンブレラ社は全米で家庭用医薬品のシェア90%を誇る企業です。ラクーンシティ郊外、アンブレラ社の地下研究室「ハイブ」で、生体兵器の「T-ウイルス」が何者かによって施設内に漏洩し、バイオハザードが発生。

アンブレラ社の特殊部隊隊員だったアリスは記憶を失っていました。

やって来た特殊部隊とともにメインコンピュータ「レッド・クイーン」のシャットダウンをしようとハイブへ突入しますが、そこにはアンデッドと化した研究員がいたのです。

『バイオハザードⅡ アポカリプス』

kanameandit 中学生の時に見たな。絶大の影響を得た。ゾンビ映画の親玉。
Ruruca 好き過ぎて映画館何度も行った(笑)ホラーじゃなくてアクション映画❗️ジルも出て来て女性二人の格好良さが際立つ✨

アンブレラ社の地下研究室「ハイブ」でのバイオハザード発生から36時間が経過し、何者かに囚われたアリスは病院のベッドで目を覚まします。目覚めた彼女が見た光景は「T-ウイルス」によって住民たちがアンデッドと化しているラクーンシティでした。

アリスは警察の特殊部隊のジルと生き残った者たちと街からの脱出を図ります。しかしそこには隠蔽を目論むアンブレラ社が送り込んだ追跡者のネメシスが迫り、更に核兵器で街を一掃しようと画策しているのでした...。

『バイオハザードⅢ』

Risa_Ishiguro シリーズで一番好きかも知れない。 がっつり超能力使ってて、私は好きでした。 アリスの女性らしい一面とカッコいい一面が絶妙に共存してたなぁ。
switch_head アリスの超能力が発揮された作品。アリスの服飾や演出が好きでDVDも購入しました。

ラクーンシティの惨劇から数年後、「T-ウイルス」は世界中に広がります。その結果、人類のほとんどがアンデッドと化し、地上は砂漠へと変わっていました。

世界各地の地下に施設を移したアンブレラ社はアリス計画を始動し、同時進行でクローン実験が行われていました。

オリジナルのアリスは世界を放浪する中、ラクーンシティで一緒に戦ったカルロスたちと再会。一行は安全だとされるアラスカへ向かいます。

『バイオハザードⅣ アフターライフ』

Yoshiaki_Nishi 娘と二人で劇場で観た映画。 久しぶりに録画で。

能力奪われたはずのアリス強過ぎ。

xxxsakasu ◯栗山千明は綺麗なゾンビだったな(笑)「それがレディーに対する態度?」とかアリスかっこよかった!序盤の忍者風のアリスやばいね、東京もアンデット化しちゃった。刑務所内での戦闘はもちろんすごかったし、普通の人間に戻ったアリスの元々の身体能力の高さもすごかった!クレアもかっこよかった!

東京へやって来たアリスはアンデッドが蔓延る中、彼女はクローンとともに活動を続けるアンブレラ社の地下施設を探し当てます。地下施設を壊滅に追い込んだアリスでしたが、アルバート・ウェスカー議長が血清を打ち彼女は能力を失い、そのまま逃げられてしまいます。

それから半年後、アリスはクレアと再会し、生存者を求めてロサンゼルスにある刑務所へとたどり着きます。しかしそこにはクリスという男が囚われていました。

『バイオハザードⅤ リトリビューション』

konoxoxomi バイオハザードは完全にSFだから好き! アリスの車運転するところがかっこよすぎた! ローラが出るⅥが楽しみやな! 今まで全部DVDで見たけん映画館で見たい!
toshibakuon TOHO六本木ジャパンプレミアム試写会にて。このシリーズもいよいよ大詰めになってきたな。というよりもよくここまで続編が出来たなと感心。当初に比べ格段に映像がすごくなってるがストーリーはハチャメチャになってる気がする。本作は一部日本が舞台になっていて中島美嘉がアンテッドとして出演しているので日本のファンにとっては嬉しい。

アルカディア号でアルバート・ウェスカーを倒したアリスでしたが、アンブレラ社の戦闘部隊が急襲し、圧倒的な火力の前にアリスは為す術なく倒れてしまいます。

アリスのクローンたちはアンブレラ社の度重なる実験で何体もアンデッドに殺されていました。オリジナルのアリスは独房で目を覚まし、そこでアンブレラ社の元工作員エイダ・ウォンと出会い、彼女の助けで施設を脱出しようとします。

最新作『バイオハザードVI ザ・ファイナル』とは

2015年の夏に撮影開始予定でしたが、主演のミラ・ジョヴォヴィッチは次女を出産し撮影が延期に。2015年9月には開始され、全世界公開は2017年1月の予定です。

前作では第一感染者に歌手の中島美嘉がキャスティングされていますが、今回は女戦士コバルト役にタレントのローラが起用されています。

アクションはもちろんですが、ローラの演じる女戦士コバルトにも注目が集まります。