2021年4月30日更新

IIJmioのおすすめ端末10選!セール品もチェックしてお得にスマホを手に入れよう

iijmio おすすめ 端末

格安SIMでおなじみのIIJmioですが、公式サイトで購入できる端末のラインナップが豊富で、どれがいいのか迷う人も多いと思います。そこで今回はIIJmioでおすすめの端末を、端末の選び方とともに紹介していきます。

目次

IIJmioおすすめの端末は?自分にぴったりのスマホを選んで、お得に契約しよう

アイアイジェーミオ iijmio canvaロゴ

とにかくお得な格安SIMで有名なIIJmio。 実は格安SIMの中でも1、2を争うほどスマホのラインナップが優れているのも大きな特徴です。 そこで今回は、IIJmioで購入できるおすすめのスマホについて紹介。またスマホの選び方についても解説していきます。 ※記事中の金額は全て税込表記となっています。

【IIJmioスマホ端末の”後悔しない”選び方】5ポイントを要チェック

フリー素材、レビュー、評価、肯定的、黒板、チョーク
出典 : pixabay.com

ポイント1:価格帯で選ぶ

スマホを選ぶときにまず考えるには価格でしょう。 IIJmioの端末も、安いスマホは1万円台から、高い物では10万円を超えるものまであります。 普段スマホの用途がインターネットでの調べ物やLINEなどSNSの利用程度であれば安い端末でも十分事足りますが、高解像度の動画を視聴したかったり、高画質のゲームをプレイしたい場合はやはりスペックの高い端末が必要になります。 本記事では ■エントリーモデル ■ミドルクラスモデル ■ハイエンドモデル の3つの価格帯に分けておすすめスマホを紹介していきます。 自分の用途と予算を相談して、最適な端末を見つけてみてくださいね。

ポイント2:OSで選ぶ

スマホ、携帯、フリー画像

OSとは、システム全体を管理して様々なアプリケーションを管理するための基本的なソフトのこと。 代表的なものだとiPhoneに搭載しているiOSや、Android端末に搭載しているAndroid OSなどが挙げられます。 iOSは動作が直感的でわかりやすいですが、Android OSの方がカスタマイズに優れているなど、それぞれに違ったメリットが存在します。 両方のOS共に多くのユーザーに使われている完成度の高いOSなので、家電量販店などで実機を触った感触で決めるのが良いでしょう。

ポイント3:画素数で選ぶ

最近のスマホはカメラ機能も非常に進化しているので、カメラ機能の高さもスマホを選ぶ際の大きなポイントと言えるでしょう。 特に注目しておきたいのがカメラの画素数で、画素数が高ければ高いほど高解像度な写真が撮れますし、拡大しても画像が劣化しません。 さらに画素数が高ければ拡大しても画像が劣化しづらいので、デジタルズームと言って本来ズームできる倍率以上に写真を拡大することも可能になります。 カメラの画素数は1000万画素から多いものだと5000万画素のものまであります。カメラに拘りたい人は注目です。

ポイント4:インチ数で選ぶ!動画やゲーム使用メインなら大画面が◎

フリー素材、スマホ、電話、男性、呼び出す
出典 : pixabay.com

スマホを選ぶときは画面の大きさも重要です。 スマホでゲームをプレイしたりや映画などを見る人は大きい画面がおすすめですし、片手で気軽に持ちたい方は小さな画面がおすすめ。 現在のスマホの標準サイズは5~6インチ程度となっています。 携帯性を重視する人は画面サイズが5.5インチ以下の機種、大画面で映画を観たり快適にゲームをプレイしたい方は6インチ以上の大型ディスプレイを搭載している端末がおすすめです。

ポイント5:その他の機能は必要に応じて

これまで紹介してきたもの以外にも、それぞれの端末に特徴的な機能がついています。 例えば水回りで使う人を想定した防水機能や、1日中外出しても余裕な大容量バッテリー機能、手軽にロック解除が行える画面内指紋認証機能など機種によって個別に様々な機能が付けられています。 自分がスマホを使うシーンがどのようなものか想定して、自分に合った機能を持ったスマホを選ぶといいでしょう。

【エントリーモデル】3万円以下のおすすめランキング

ここからはIIJmioで販売されている中でおすすめの端末を、画素数・値下げの有無・価格に応じてランキング形式で紹介しています。 また2021年4月現在、IIJmioでセールになっている製品は【セール品】として表示しています。 使いやすい端末がさらにお得な価格で購入できるのでねらい目ですよ。

【第1位:セール品】OPPO A73

吹き出し アイコン

国内初!eSIMにも対応&4眼レンズの最新版

■価格(24回払い/一括払い):957円/22,880円 ■インチ数:6.44インチ ■画素数:1,600万画素 ■バッテリー容量:4,000mAh ■防水対応:無 OPPO A73は、有機ELディスプレイを搭載したコントラストの高い、高精細な画面とおしゃれな背面デザインが特徴なエントリー向けモデル。 エントリーモデルながら機能は非常に豊富で、AI搭載の4眼レンズを搭載し顔認証、指紋認証にも対応しているので使い勝手も非常に優れています。 画面サイズも6.44インチと非常に大きく、映画などの映像も快適に楽しむことができますよ

【第2位】Huawei P40 lite E

吹き出し アイコン

トリプルAIカメラ搭載!写真にこだわりたい人におすすめ

■価格(24回払い/一括払い):1,078円/25,080円 ■インチ数:6.4インチ ■画素数:4,800万画素 ■バッテリー容量:4,000mAh ■防水対応:無 HuaweiのP40 lite Eは、エントリーモデルながら写真の機能が豊富な端末。 最大4,800万画素のトリプルAIカメラを搭載しており、まるで一眼レフで撮ったかのような鮮明で高精細な写真を撮影することができます。 Google Playストアが利用できないのでGoogle製のアプリが利用できないのが欠点ではありますが、エントリーモデルの中では性能も良く、コストパフォーマンスに優れた製品です。

【第3位】Xiaomi Redmi 9T

吹き出し アイコン

破格の1万円台でコスパ最強…!

■価格(24回払い/一括払い):638円/15,180円 ■インチ数:6.5インチ ■画素数:4,800万画素 ■バッテリー容量:6,000mAh ■防水対応:無 Xiaomiから発売されているRedmi 9Tは1万円台で購入することができる、破格のコストパフォーマンスを持つ端末。 超低価格ながら性能には妥協が無く、4800万画素のカメラや6000mAhのバッテリーを搭載するなど、機能面も非常に優れています。 特にカメラ機能には力を入れており、120度の超広角レンズなど計4つのレンズを搭載しているので様々なシーンで思い通りの写真が撮影できますよ。

【第4位】ソニー Xperia 8 Lite

吹き出し アイコン

必要最低限の機能が備わったお安めモデル

■価格(24回払い/一括払い):825円/19,800円 ■インチ数:6インチ ■画素数:1,200万画素 ■バッテリー容量:2,870mAh ■防水対応:有 日本のメーカーであるSONYから発売されているXperia 8 Liteですが、こちらも実売1万円台で購入できる非常にコストパフォーマンスの優れた端末です。 端末のスペックでは同価格帯のXiaomi Redmi 9Tが優れているものの、こちらは防水防塵機能を搭載しているのが魅力。 防水防塵のレベルも非常に高く、水中に30分間浸けても問題なく操作するのでお風呂場などでも安心して使用できます。

【ミドルクラスモデル】3万円〜6万円のおすすめランキング

【第1位:セール品】iPhone SE(第2世代) [64GB]

吹き出し アイコン

iOS端末では1番のお得モデル! 迷ったらこれ!

■価格(24回払い/一括払い):1,837円/43,780円 ■インチ数:4.7インチ ■画素数:1,200万画素 ■バッテリー容量:1,821mAh ■防水対応:無 Android端末に比べて端末価格が割高なiPhoneですが、その中でもiPhone SE(第2世代)は低価格で入手することができます。 低価格ながら端末のスペックは非常に高くA13 Bionicチップという高性能なチップを搭載しているので最新のiPhoneと同じくらいのサクサクした動作が期待できますよ。

【第2位:セール品】ソニー Xperia 10 II

吹き出し アイコン

映画好きにたまらない!21:9比率の大画面が特徴

■価格(24回払い/一括払い):1,358円/31,900円 ■インチ数:6.0インチ ■画素数:1,200万画素 ■バッテリー容量:3,600mAh ■防水対応:有 ソニーから発売されているXperia 10 IIは、スマホの中では唯一の21:9比率の有機ELディスプレイを搭載したモデル。 21:9という画面は映画とほぼ同じ比率なので、画面にいっぱいに広がる迫力ある映像を楽しむことができますよ。 さらに機能も非常に豊富で、超広角レンズを含む3つのレンズ防水・防塵機能を搭載。家でも外でも、様々なシーンで活躍してくれます。

【第3位】富士通 arrows M05

吹き出し アイコン

日本メーカーで安心だね

■価格(24回払い/一括払い):1,375円/32,780円 ■インチ数:5.84インチ ■画素数:1,310万画素 ■バッテリー容量:2,880mAh ■防水対応:有 同じく日本のメーカーである富士通から発売されているarrows M05は、スマホ初心者におすすめしたいミドルクラスの端末。 シンプルモードを搭載しており、大きい文字で見やすい表示に変わるほかよく使う電話・電話帳・メッセージがかんたんに操作できるので、スマホ初心者でも迷うことなく使いこなせます。 さらにおサイフケータイ防水防塵耐衝撃機能など、あると安心で便利な機能を搭載しているのも嬉しいポイントです。

【第4位】SHARP AQUOS sense4

吹き出し アイコン

充電の持ちが驚異の1週間…!

■価格(24回払い/一括払い):1,375円/32,780円 ■インチ数:5.8インチ ■画素数:1,200万画素 ■バッテリー容量:4,570mAh ■防水対応:有 SHARPから発売されているAQUOS sense4は、長時間の電池持ちが特徴の端末。 5.8インチという小柄なサイズながら4570mAhの大容量バッテリーを搭載しており、使い方によっては1週間の間ずっと電池が持つという安心の電池持ちが魅力です。 機能も非常に豊富で、写真表現の幅を広げる3眼カメラ防水防塵おサイフケータイ対応など毎日の生活を便利にしてくれる様々な機能が付いています。

【ハイエンドモデル】6万円以上のおすすめランキング

【第1位:セール品】ASUS ZenFone7 Pro

吹き出し アイコン

カメラ機能が最強!画質にこだわりたい人はこれ

■価格(24回払い/一括払い):3,485円/83,600円 ■インチ数:6.67インチ ■画素数:6,400万画素 ■バッテリー容量:5,000mAh ■防水対応:無 ASUSのZenFone7 Proは、カメラ機能が非常に特徴的なフラッグシップスマホ。 背面に取り付けられたカメラが回転して前面カメラにもなるという仕組みを撮っているので、背面でも前面でも最大6400万画素での非常に高精細な写真が撮れます。 さらに前面にカメラを配置する必要が無いので、前面が全てディスプレイで埋め尽くされているのも大きな魅力。 高性能ながら機能的にも非常にユニークなのがZenFone7 Proの特徴と言えます。

【欠品中】SHARP AQUOS zero2 SH-M13

吹き出し アイコン

大画面なのに超軽量!

■価格(24回払い/一括払い):2,975円/71,280円 ■インチ数:6.4インチ ■画素数:2010万画素 ■バッテリー容量:3,130mAh ■防水対応:有 SHARPから発売されているフラッグシップモデルの端末、AQUOS zero2は、大画面ながら超軽量かつ高性能なスマホSnapdrago855というスマートフォンの中ではトップクラスに優秀なチップを搭載しているので、重い3Dゲームも軽快な動作で快適にプレイすることができます。 機能も非常に多彩で、超広角を含む2つのカメラや10億色表現できる有機ELディスプレイ画面内指紋認証など様々な便利機能を搭載。 これほどまでの高性能ながら重さは141ℊと非常に軽いので、持ち運びにも優れたおすすめの端末となっています。

【IIJmio端末購入でよくあるQ&A】在庫切れの場合はどうしたら良い?対処法も伝授!

財布

キャンペーンの人気端末は品切れ続出!

IIJmioは格安SIMの中でも利用する人が非常に多く、また格安価格で売りに出されているので人気の機種はすぐに在庫が切れてしまうことも多いです。 特にMNP限定特価などのキャンペーンが行われている端末は売り切れることが非常に多いので、買いたい端末がすでに決まっている方はなるべく早く購入することをお勧めします

品切れ商品はいつ入荷する?

売り切れた端末の入荷時期については公式に明記されていませんが、「1日の出荷準備可能数を超えた場合、当該端末の当日分の販売を終了しております。毎朝10時に販売状況を更新していますので、10時過ぎにお試しいただければ買える端末は多い」とのツイートが公式から出ています。 そのためもし購入したい機種が売り切れている場合は、毎朝10時過ぎにチェックするといいでしょう。 もし10時になって端末が再入荷していても時間が経てばいずれまた売り切れになってしまう可能性が高いので、在庫が確認できたタイミングで購入の手続きを行うことをおすすめします。

どうしてお得になるの?

IIJmioで購入できる端末の価格は通常よりもかなりお得に購入できます。 これはIIJmioが端末とSIMカードをセットで購入するとお得になるキャンペーンなどがあるからで、自社のサービスに加入する代わりに安く端末を提供する、というシステムになっています。 月額基本料金はスマホセットでなくても同じ設定になっているので「実はサービス料に端末代が上乗せされていて、こっそり回収されていた」といったこともありません。 特にMNPでIIJmioに加入する人用のキャンペーンであるMNP限定特価品は割引価格が非常に高く、先程紹介したXiaomi Redmi 9Tはこのキャンペーンを適用することで110円と、タダ同然の価格で入手することができるのでチェックしてみてくださいね。

端末だけの購入はできる?

端末だけの購入はIIJmio会員であれば行うことができます。 ただしIIJmio会員はIIJmioのサービスを利用している人のみが会員になることができるので、SIMカードは契約しないけど端末だけ購入する、といった形の利用はできません。 既にIIJmioのSIMカードを利用している人が機種変更としてIIJmioのサイトで販売されている端末を購入する、といった用途などでの利用に限られるので、注意してください。

まとめ

今回はIIJmioでスマホを選ぶポイントや注意点を解説すると共に、IIJmioで購入できるおすすめの端末について、価格別に紹介しました。 IIJmioでは通常価格よりも少しお得な価格で端末が購入できるほか、MNP利用者限定で端末価格が大幅に割引になるなどのセールも行っているので、是非このページを参考にして自分に合ったスマホを見つけてみてくださいね。