2021年3月31日更新

【2021】IIJmioの速度って実際遅いの?プランごとの速さ・評判を徹底解説

【2021】IIJmioの速度って実際遅いの?プランごとの速さ・評判を徹底解説_サムネイル

株式会社インターネットイニシアティブが提供する格安SIM/格安スマホ「IIJmio」。本記事では、気になっている人も多いであろう通信速度について、プランごとにまとめてみました!さらに実際の評判や使用に向いている人なども徹底解説していきます!

目次

IIJmioの速度って実際どうなの?評判からわかった向いている人・向いていない人

株式会社インターネットイニシアティブが提供する格安SIM/格安スマホ「IIJmio」。他の格安スマホと比べも安価にスマホを使用でき、そのお得さに惹かれている人も多いのではないでしょうか。

しかしやはり気になるのは通信速度。日常使いにストレスを感じるほどの遅さでは、購入も踏みとどまってしまいますよね。

そこで今回はIIJmioの通信速度について、プランごとの速さや評判を徹底解説します!是非とも本記事を参考に、IIJmioの購入を検討してみてくださいね!

※価格は特に断りのない限り、税込価格です。

【1. IIJmio公式の速度】docomo・au回線で速さが異なる!

IIJmioの公式速度
ドコモ回線 最大131.3Mbp 最大1288Mbps
au回線 最大112.5Mbps 最大958Mbps・

※表は横にスクロール可能
※この情報は3月30日時点のものです。

IIJmioの通信速度は、「クーポン(高速通信できるデータ容量のこと)の適用・非適用」と「ドコモ・au回線のどちらを使用しているか」で異なります

クーポン適用時には、ドコモ回線では下り最大1288Mbps・上り最大131.3Mbps、au回線では下り最大958Mbps・上り最大112.5Mbpsの最大速度となっています。また、クーポン非適用時にはどちらも最大200kbpsです。

よって最も速い速度を持つのは、クーポン適用時のドコモ回線となります。契約の際には、ドコモ回線で契約することがおすすめできそうです。

なお、これらは「理論上の最大速度」ですので、お住まいの地域や回線の混み具合によって速度がこの数値以下に減少することも大いにあり得ます。あくまでもある程度の基準として考えてください。

吹き出し アイコン

ちなみに「上り」とは主に送信・アップロードで使う通信のことで、「下り速度」は受信・ダウンロードで使用する通信のこと。自分がどんなネットの使い方をするかに応じて、どちらを重視するか決まりそうですね。

【2. 実際の速度】口コミ・評判からわかったこと:昼・夕方の通信速度に注意!

昼や夕方は通信速度が極端に遅くなる!

スマホ利用者が多い昼や夕方には、通信速度が極端に遅くなることが考えられます。例えば動画やゲームをするにはかなりストレスになる速度にまで低下してしまうでしょう。

通常のネットサーフィンではある程度問題なく利用できますが、それでも通信の遅さが目立つこともあります。

なお、こうした昼や夕方の通信速度の低下は格安SIMに共通の悩みですので、IIJmioだけの特徴ではないことも覚えておきましょう。料金を抑えた格安SIMの利用を考えているのであれば、日中の速度の低下はある程度受け入れなくてはいけません。

逆に早朝・深夜はサクサク

日中は動作が重いIIJmio(格安SIM)ですが、逆に利用者が少ない早朝・深夜は大手通信キャリア(au・ドコモ・ソフトバンク)同様にサクサク動きます。動画やゲームであっても、特にストレスを感じることなく視聴できる場合が多いでしょう。

「お昼は自宅やオフィスのWi-Fiで、早朝や深夜はデータ利用を」など、時間帯に応じて利用方法を分けて考えられると上手に活用できます

【結論:IIJmioはこんな人におすすめ/こんな人には不向き】

おすすめ1:お昼にはあまりデータ使用しない人

IIJmioは先述したとおり日中の通信速度にやや難があるため、お昼にあまりデータ使用しない人に向いている格安SIMです。オフィスや自宅にWi-Fiが通っているなど、昼間の利用にデータを消費しない環境にいる人にはおすすめです。

あるいは日中は動画の視聴やゲームなどをほとんどせず、ラインのやりとりやネットサーフィンが主な利用目的だという人も、通信速度の遅さによるストレスをあまり感じずに使用できると言えるでしょう。

おすすめ2:深夜・早朝にデータ使用する人

日中は速度の遅さが気になる格安SIMですが、深夜・早朝帯は普通のスマホとほぼ変わらない速度で通信を行うことができます。

そのためIIJmioは、日中はWi-Fi環境の元で使用しており、データ使用は主に深夜・早朝に行っている人におすすめできます。業務形態が夜勤型の人や、生活リズムが夜型の人、また早起きして朝活を行っている人などは、積極的に購入を検討してよいでしょう。

おすすめ3:ネットで軽い作業(SNS・WEB閲覧など)しかしない人

IIJmioは、「動画やゲームはパソコンで行い普段はあまりスマホを使わない人」、「電話やライン用途でスマホを使用している人」にもおすすめです。

近年では安全確認のため高齢者にスマホを持たせ、連絡を取り合っている人も多いと思われます。この場合も必要なアプリやスマホの使用用途は限られてくると思いますので、IIJmioは高齢者向けのスマホとしても活躍が見込めます。

「自宅にWi-Fi環境がない人」や「外出先でかなりスマホを使う人」には向かないかも

逆に「自宅にWi-Fi環境がない人」や「外出先でかなりスマホを使う人」は、データ遅延の影響を大きく受けるため、IIJmioの購入にはあまり向いていないと言えます。

これらの特徴がある人は他社の格安スマホも同様にあまり向いていないと思われるため、日中でもサクサク通信ができるキャリア(ドコモ・au・ソフトバンクなど)で契約するのがおすすめです。

\IIJmioについて、詳しくは以下の記事もチェック!/

【IIJmioの速度が遅い時には、こんな対処法が】

通信制限がきている場合

IIJmioには「クーポン(=高速通信ができるデータ容量)」という制度があり、クーポンを購入することで通信速度を上げることができます。もし急に通信速度が遅くなった場合、回線の混雑が原因ではなく、クーポンを使い切ってしまったことが原因の可能性もあります。

IIJmioはデータ容量の追加購入もできるため、使いすぎて通信制限がきている場合、データ容量を追加するのも一手です。

昼や夕方にどうしても使用したい場合

昼・夕方の通信速度が遅めなIIJmioですが、昼や夕方にどうしても使用したいという人も多いでしょう。そのような人は、ポケットWi-Fiなどの導入も検討してみましょう。Wi-Fi環境下であれば通常のスマホ同様サクサク動作することが望めます。

機種やプランによっては、ポケットWi-Fiの料金を足しても通常のスマホ料金よりも低くなることも十分にあり得ますので、ポケットWi-Fiの導入を考えてみてくださいね。

IIImioの通信速度には弱点もある!メリデメをしっかり知って、お得に契約しよう

いかがでしたでしょうか。 今回は株式会社インターネットイニシアティブが提供する格安SIM/格安スマホ「IIJmio」について、その速度と評判を中心にまとめてみました。 格安スマホは通常のスマホと比べて通信に弱い点が挙げられますが、使用方法や環境を整えれば、通常のスマホ同等の通信を格安で利用することができます。 是非とも本記事を参考に、IIJmioの購入を検討してみてくださいね!