2023年1月17日更新

漫画『いつわりの愛 契約婚の旦那さまは甘すぎる』全話ネタバレあらすじ&感想!イケメン御曹司との契約婚

いつわりの愛
©金森ケイタ・上乃凛子/コミディア

『いつわりの愛~契約婚の旦那さまは甘すぎる~』は小説『偽りの愛の向こう側』を原作とする、恋愛漫画です。悲劇に見舞われた女性が契約婚を経て変わっていく姿が描かれており、甘々なイケメンを楽しめる作品となっています。 本記事ではそんな本作のあらすじや感想を、ネタバレありで全話紹介していきます!

AD

『いつわりの愛~契約婚の旦那さまは甘すぎる~』のあらすじ【ネタバレ注意】

『いつわりの愛~契約婚の旦那さまは甘すぎる~』は、めちゃコミックで配信中の恋愛漫画です。 広告代理店に勤務する桜井遥菜は営業の清貴と付き合っていましたが、彼が総務部の女性と浮気をしていると知ってしまいます。清貴から罪をなすりつけられた彼女は、好きだった仕事を退職することに。 そんな彼女は挨拶に行った取引先の綾瀬不動産の御曹司である綾瀬理人に、突如家政婦をしてほしいと依頼を受けました。それだけでなく契約結婚の話まで持ちかけられーー。

小説「偽りの愛の向こう側」のコミカライズ作品

『いつわりの愛~契約婚の旦那さまは甘すぎる~』は上乃凛子による小説『偽りの愛の向こう側』をコミカライズした作品です。原作小説はすでに完結しており、小説投稿サイト「エブリスタ」で読むことができます。 同じ作者が執筆した作品にはほかに、『すべてが始まる夜に』や『嘘と秘密と運命の恋 ~いろんなキミに恋をした~』などがあります。

1話~5話ネタバレ感想

いつわりの愛
©金森ケイタ・上乃凛子/コミディア

広告代理店に勤務する遥菜は取引先の理人がなぜか目を合わせてくれないことを察し、会うのを憂鬱に感じていました。そんな中営業をしている彼氏の清貴が浮気をしていると知り、会社に居場所がなくなった彼女は退職を決めます。 1人で取引先に挨拶に来た遥菜は、綾瀬不動産で働く湯川からある提案を受けました。それは理人の家政婦を始めることです。最初は断っていた彼女ですが、結局家政婦として新しい仕事を始めることに。 理人は家政婦として働きだした彼女の優秀さを見抜き、優しさに安心した表情を浮かべるのでした。 とんでもない悲劇に見舞われ、退職前に清貴から追いうちまでかけられた遥菜。ここから幸せを掴むことを願います……!

AD

6話~10話ネタバレ感想

理人は父との話を憂鬱に感じながら、先延ばしできない状況に追いやられてしまいます。そんな彼は思いついたある策を、遥菜に話しました。それは遥菜と自分の契約結婚です。 一度は断るも、理人に説得され結局契約結婚を了承してしまう遥菜。彼女の実家に挨拶に来た理人は、質問にスラスラと答えていきます。その内容に赤面しながらも、遥菜は良心を少し痛めていました。そんな中理人は遥菜をジュエリーショップに連れて行き、真剣に指輪を選んでくれたのでした。 契約結婚とはわかっていても、遥菜は理人の行動にドキドキしています。本物の愛が生まれるのも時間の問題かもしれません!

11話~15話ネタバレ感想

荷造りを終わらせた遥菜は、ついに理人との契約結婚生活をスタートさせます。そんな中理人は前に付き合っていた梨香子のことを思い出していました。理人が忙しくなったことですれ違ってしまい、結局別れてしまった2人。湯川との会話でそれを思い出した理人の頭には、遥菜の優しい笑顔が思い浮かびます。 契約にはない朝食を作った遥菜は、それが綺麗になくなっているのを見て自然と笑顔になります。そして理人も契約にはないはずの朝食を、楽しみにするようになるのでした。 13話では理人がやきもちを妬くシーンもあり、理人の中の遥菜も大きくなっているようです!

AD

16話~20話ネタバレ感想

理人は遥菜に、パーティへの出席を頼みます。このパーティで結婚の挨拶をしたいと打診された遥菜は、それを了承しながらも元同僚も来ると知り不安な表情を浮かべました。 理人と共にドレスを選び、突然の素敵なプレゼントに顔を赤らめる遥菜。彼女が顔を赤らめているのを鏡越しに見て、理人も顔を赤くします。 パーティ当日、メイクアップした自分を見た理人の反応に、遥菜はスッと気分が落ちてしまいます。しかし呼び止められ2人になると、優しい理人に戻り遥菜は喜びの涙を流すのでした。 変わった遥菜を見て、元同僚がどんな反応を浮かべるのかが楽しみです!

21話~25話ネタバレ感想

パーティが始まると様々な人が理人と遥菜に挨拶に来ますが、来る女性来る女性が嫉妬心に駆られた冷たい視線を送りました。そして1人で休憩していた遥菜は、ついに清貴と浮気相手である西田と再会してしまいます。 嫌味を言われ続ける遥菜を、理人が救います。態度を変える西田ですが、理人はすべてを見ていました。そこに前の職場の部長が現れ、理人と遥菜の関係を知った2人は一気に青ざめるのでした。 パーティも終了し日常に戻った理人は、自分の遥菜に対する気持ちを自覚します。しかし契約関係である事実を考え、彼はこれ以上好きにならないようにと感じていました。

AD

26話~28話(最新話)ネタバレ感想

風呂掃除のときミスでびしょ濡れになってしまった遥菜は、理人から服を貸してもらって幸せな気分になります。一方で理人は遥菜に対する気持ちを募らせ、契約終了まで今の状態を続けられるか心配していました。 その後遥菜はソファーで眠っている理人を発見し、思わずその寝顔を見つめてしまいます。すると突然理人が手を伸ばし、彼女のことを抱きしめてきたのです。実は彼は起きていたのですが、遥菜は寝ぼけていただけだろうと結論付けてしまいます。 後日、遥菜は買い物から帰る途中で元彼の清貴と遭遇。彼に一方的にひどい言葉をぶつけられ泣きそうになっているところに、理人が颯爽と現れました。 理人と遥菜の関係が進展しましたが、それ以上に理人と清貴がどんなやり取りを繰り広げるのかも気になるところです!

『いつわりの愛~契約婚の旦那さまは甘すぎる~』の感想&レビュー

「いつわりの愛」は本人は何も悪くないのに最悪の状況に置かれていた遥菜が、理人との生活で少しずつ幸せになっていく姿に癒される作品です。また遥菜にひどい仕打ちをした2人が青ざめる姿にも、スカッとできるでしょう。 幸せそうとは言え理人の元カノの存在やまだ何かを仕掛けてきそうな清貴と西田など、壁となる存在はいます。最後は壁や契約を乗り越え、本当の夫婦として幸せになってほしいですね!

AD

『いつわりの愛~契約婚の旦那さまは甘すぎる~』あらすじをネタバレ解説しました

本物の愛を育みだした遥菜と理人ですが、まだまだ問題は山積みです。ここからさらに面白くなること間違いなしなので、気になる人はぜひ『いつわりの愛~契約婚の旦那さまは甘すぎる~』を読んでみてください!