松本人志の名言まとめ。お笑いの天才は名言だらけ!?

2017年7月6日更新

お笑いコンビ・ダウンタウンの松本人志と言えば今やお笑いの天才やお笑いの神さまとまでいるほどのお笑い芸人。さすがとも言える名言の数々はとても松本らしいひねりの効いたものばかり。天才と言われた松本人志の名言をまとめてみました。

ほんまに君に金髪が必要なら金髪に生まれてきてるはずや

ありのままの姿で、ということですね。自分本来の姿でより輝けるよう頑張っていけば、その姿こそが一番なのかもしれません。

「松ちゃん遅れてる」の一言に対して 松本「俺はお前と同じ方向に進んでない」

すべての人が同じ方向に向かっているとは限りません。百人の人がいれば百通りの道があるということですね。

ヤクザから神父になった人より、ずっと神父の人の方がえらいだろ。

たしかにその通りかもしれません。その道を極めるというのも大事ですね。

プロレスもレフリー居ないと、やりずらいでしょ。

自由は秩序があるからこそ自由なのかもしれませんね。なんでも自由ばかりを求める前に秩序というものも考えなければ・・・。

世界で一番面白くない人は、実は一番面白い

面白くないものを逆に笑いにしてしまう、そんな松本人志らしい考えがわかるヒトコトです。

100点は無理かもしれん。でもMAXなら出せるやろ

常に100点をめざしがんばった結果がどのようなものであれ、自分のMAXが出せたのであればそれは100点なのかもしれませんね。

生きた人のなかで、いちばん笑い声を聞いた耳でありたい

笑いにストイックな松本人志らしい言葉です。常に誰よりも多くの笑いを生み出したいという芸人らしい目標ですね。

笑いは0円で作れる

高価なものでなくても、自分次第で相手に笑顔を届けられるということですね。笑いは人にとって世界共通のものですもんね。

人生なんて楽しいもんやないんや。だから楽しまなあかんねん。

自分から楽しい物を求めていくという姿勢が大事ということですね。受け身ではなく常に前向きに進んでいきたいものです。

ゆっくり走ることだけが安全運転ではない

なんでも物事は一つの捉え方ではなく多角的な捉え方ができるということですね。視野を広げ考え方を柔軟にしていきたいものです。