2017年7月6日更新

【観覧注意】おすすめアメリカR指定映画トップ9!

アイズ・ワイド・シャット

アメリカのR指定映画は、『17歳未満の観賞は保護者の同伴が必要。卑語、激しい暴力、ヌード、薬物乱用など成人向け要素を確実に含むと判断』されたものとなります。

目次

[第9位]巨匠スタンリー・キューブリックが、トム・クルーズとニコール・キッドマンというスター夫妻を迎えて描きあげた愛と性のダークファンタジー

k1ller_aka_tKo
k1ller_aka_tKo 4

スタンリー・キューブリック監督の遺作であり、当時スター夫婦であったトム・クルーズとニコール・キッドマンが夫婦役を演じた作品。 隠された性の欲望と妄想、禁断の仮面舞踏会、繰り返される不穏なピアノの戦慄、謎の団体による圧力、そして反復する台詞など映像の美しさと相俟って何とも不思議な作品。これはまるで大人版・不思議の国のアリスなのかも知れない。 夫婦という形式に囚われて本当の内面を知らない夫婦、妄想に取り憑かれ禁断の扉を開けてしまうビル。館の仮面舞踏会での怪しい儀式と乱交の様子は何とも言えない怖さを孕んでいた。一種のおとぎ話であり妙な後味の悪さ(もしくは後味の良さ)を感じられるキューブリックの最終作。トム・クルーズはやはり男前だしニコール・キッドマンの裸体が美しいです。

[第8位]夫の狂おしい愛によって豪奢な屋敷に閉じ込められた女ソナ。そんな抜け殻のように生きるソナのもとにある日、留守宅を転々とするミステリアスな青年テソクが現れた…

Satoko_Suzuki
Satoko_Suzuki 5

実は、ギドク作品の中で、コレが一番好きかも(2014現在)(あっ、まだ観ていないものかなりあった!)です。 かなーり静かな、変態的ラブストーリー。 この男女が惹かれ合う理由が今ひとつハッキリしないんですが、そんなのどうでもいい、ってくらい引き込まれました。 もう、始終ドキドキしっぱなし。息を殺して観てしまうため、結構疲れます(^_^;) 結局、現実世界の話なのか、妄想なのかは観た人が判断すればいい、って感じです。 静かで、美しく、スリリング!!

[第7位]とある富豪が誕生日プレゼントにもらった紹介状によりおかしな出来事に巻き込まれるというスリラー映画

Yanpy
Yanpy 4.5

友達に進められた映画。大概の映画はある程度ストーリーが進むとどうなってゆくか想像できるが、この映画は最初から最後まで全く何が正しいのか分からないのが面白い。 成長ストーリーにも感動させられた。最近映画見てないけど見てないなーって人に超オススメ。

[第6位]失恋のショックで不眠症になったアーティストのベン。眠れないため、深夜のスーパーマーケットでのアルバイトをはじめる。不眠症がエスカレートして、ついには自分以外の時間が止まってしまう…

Moto_Ishiduka
Moto_Ishiduka 4

自分以外の時が止まるようになるきっかけが不眠症とゆうちょっと変わった始まりなんだけど、この話には純粋な色恋と夢へ向かう直向きな人間が観れて、結構好きだった。時間の流れの表しかたや間の使い方がすごく良くて、女がヒステリックになるシーンとかスローモーションになるところなんかも面白かった。

[第5位]少年時代からいじめられ、武術を磨くも、いまだ気弱な性格は直らず、いつもおどおどしながら暮らしているイチ。しかし、ひとたび特製スーツに身を包むと殺人マシーンと化す

southpumpkin
southpumpkin 4

傑作『オーディション』直後で一番ギラギラしてた頃の三池崇史監督作品。そりゃあ面白いに決まっています。原作は同名の漫画で、あまり漫画を読まないのですが実は全部読んだことあります。原作の雰囲気とはかなり違うのですが、映画化にあたりかなりうまく昇華させたタイプかと思います。疾走感があり、キレがあり、見ごたえも十分です。ところで過度なグロテスクはむしろ原作に忠実でした。 原作よりもうまくキャラクターを濃くしているのが良かったです。あの双子に松尾スズキ持ってくるセンスはさすがとしか言いようがありません。浅野忠信のヒール役は最高でした。原作ではそれほど意識されていなかったように思いますが、あのビジュアルも含めやはりジョーカーからのインスピレーションもあるんでしょうなあ。

[第4位]ベルリンの壁が崩壊する5年前、1984年の冷戦下の東ドイツを舞台に、その残忍さ、非情さにおいてナチス時代のゲシュタポにも匹敵するシュタージ(国家保安省)という強大な監視システムに初めてメスを入れた問題作

tora
tora 5

東ドイツを中心に物語が展開するジョン・ル・カレの寒い国から帰ってきたスパイを読了して以来、観たいなあと思っておりました。ついに鑑賞。社会主義国家の優等生と言われていた東ドイツの暗部シュタージ側の視点にたって進むお話。東西冷戦が緊迫していた時代、西側スパイ及び国内の二重スパイや西側諸国への亡命者、反共思想者を厳しく取り締まっていた秘密警察シュタージ及び高級官僚の高圧的な言論統制、人権蹂躙、徹底的な監視体制等、諸々の腐敗を克明に描いていて興味深い。シュタージのエリートに属しつつもある事を契機に良心の呵責に苛まれ、自分なりに信じる良心に従って組織の規律に背いて生きる事を決断した男の物語。国民の10人に1人がシュタージ及びIMだったという事実はベルリンの壁崩壊後も旧東ドイツの住民、家族間に人間不信や家庭崩壊等様々な傷を遺しています。余談ですが、当時の東ドイツサッカーリーグもシュタージが深く関与しており、審判に不正を働かせる等して、バックアップを受けていたチーム、ベルリナーFCディナモが不正の結果リーグ戦10連覇を成し遂げる等スポーツの領域でも当時のシュタージの影響力の強さが伺えます。

[第3位]ベルバーグとハリウッド黄金期の映画にオマージュを捧げつつ、純粋さゆえの理想主義を抱く双子の姉弟と、彼らの世界に引き込まれた青年の性と現実を活写する

Katsuhiko__Miyata
Katsuhiko__Miyata 5

フランス映画に思い入れがある方にはおすすめ。 これは何の映画でしょうクイズがあったりして所々でどや顔できちゃうかも笑 誰か一緒にルーヴル美術館走って記録更新しませんか?笑 なんか観てると胸が暑くなってベルトルッチに感謝したくなりますね(笑)この映画はエロすぎると言う方もいますがわかってくれる人はわかってくれるはず!! ちなみに自分はバスター・キートン派です。

[第2位]資産家の妻の殺害を企む男。彼は妻の不倫相手に計画を依頼する

Naoko_Kanehira
Naoko_Kanehira 4

大好きなパターンのサスペンス! マイケル・ダグラスとグウィネス・パルトローという組み合わせもアダルトな世界観がプンプンと漂っていて良かったです。

[第1位]全米各地の病院を周り薬品を販売するジェイミー(ギレンホール)は、シカゴの病院でパーキンソン病を患う勝ち気な女性マギー(ハサウェイ)と出会い、すぐに恋仲になるが

Riyon_Yamamoto
Riyon_Yamamoto 4

アンハサウェイのヌードがみれてビックリ。笑 潔く見せてくれるところに女優魂を感じました。めちゃめちゃ綺麗な体!笑 軽い感じの普通のコメディかと思いきや意外と深い話。たった一人の運命の人で人生は180度変わる。当たり前のような奇跡に、いい恋愛がしたいと思った。