蘭の肉体

蘭の肉体

作品情報

新着感想・ネタバレ

southpumpkinの感想・評価
僕のレンタルしたDVDには『愛の肉体』とあったのですが、どういうことでしょうか。愛の肉体は無修正ノーカット版とあったので疚しいほうが『愛の肉体』、疚しくないほうが『蘭の肉体』ということなのでしょう。(裏付けはなし)
殺し屋に追われた二人が出会ったのは莫大な遺産を受け継いだ女だった、というお話なのですが、ご都合主義が強すぎてちょっと良くわかりません。いくらなんでも偶然が重なり過ぎではないでしょうか。そもそも疚しい気持ちで借りたのに全然エロくないとはこれどういうことでしょうか。さすがに起こっても良いかと思います。フランソワ・オゾンでお馴染み、シャーロット・ランプリングが上を脱いじゃうということで、それだけ。それだけがポイントであとはどちらかと言うとサスペンス映画なのでした。官能映画としてもダメ、サスペンス映画としてもダメ。ダメダメダメです。
ciatrをフォロー: