2020年7月29日更新

Disney+ (ディズニープラス)とは?ディズニーデラックスとの違い・料金の詳細も!【入会/支払い方法解説】

ディズニープラス解説記事サムネイル
©ciatr / イラスト:Eika

2020年6月より提供開始となったサービス「Disney+ (ディズニープラス)」。どんなデバイスで視聴可能なのか、ディズニーデラックスとの違いは何なのか。その入会方法からサービスの内容、注目のラインナップまで余す事なく徹底解説します。

目次

Disney+ (ディズニープラス)とは?

2020年6月11日より、ウォルト・ディズニー・ジャパンとNTTドコモが提携したサービス「Disney+ (ディズニープラス)」が提供開始となりました。動画見放題サービスとして知られていますが、登録の方法や実際の内容はどうなっているのでしょう? 本記事では「Disney+ (ディズニープラス)」のサービス内容、そして登録方法や見放題作品の中から一押し作品をピックアップして紹介します。

Disney+ (ディズニープラス)とディズニーデラックスの違いって何?【料金の解説も】

2020年6月からサービス開始したDisney+ (ディズニープラス)ですが、ディズニーデラックスとの違いが気になる方も多いのではないでしょうか。 大きな違いとしては、配信コンテンツがパワーアップしたことが挙げられます。Disney+ (ディズニープラス)はディズニー作品やマーベル作品、スター・ウォーズなどの作品も引き続き視聴可能で、さらにディズニーデラックスにはなかったオリジナルドラマも続々と配信予定です。 なお料金や無料体験期間については特に変化がありませんが、元々ディズニーデラックスに加入して無料期間を過ぎてしまった方は、Disney+ (ディズニープラス)に移行しても無料期間がありません。

 

 

 

 

ディズニープラス 比較項目 ディズニーデラックス
700円 料金 700円
31日間※ 無料体験期間 31日間※
ダウンロード機能
最大5台 デバイス 最大5台
4台 同時視聴 4台
オリジナルドラマ
ナショナルジオグラフィック ×
フルHD 画質 フルHD

※dアカウントで入会した場合、初月無料(初回のみ)

Disney+ (ディズニープラス)の支払い方法

Disney+ (ディズニープラス)の支払い方法ですが、ドコモユーザーの方はクレジットカードとキャリア払いが選択可能。その他のユーザーは、クレジットカードのみとなっています。 なお使用できるクレジットカードはVISA、MASTER、JCB、AMEXのみです。またデビットカードやプリペイドカードなどは使用できないので、注意してください。

Disney+ (ディズニープラス)の契約方法

①dアカウントによるサービスの申し込み

さて、気になるのは入会方法。まず、大前提に使用している携帯がドコモのものか、そうでないかで登録方法が異なってきます。 ドコモの携帯を利用している場合、まずdアカウントよりサービスに申し込みをします。「Disney+ (ディズニープラス)」の公式ページ内の「入会はこちら」というボタンをクリックすると、契約サイトに移動。その際に、dアカウントのログインを求められるので、既にアカウントを持っている人はそのまま進みます。アカウントを持っていない場合は作る必要があります。 ドコモの携帯でない場合も、dアカウントを新規登録することでサービスを利用できます。

②ディズニーアカウントの登録

「Disney+ (ディズニープラス)」利用には、上記のdアカウント、そしてディズニーアカウントの2つへの登録が必須となっています。 ディズニーアカウントは、dアカウント作成(及びログイン)画面の次に、そのまま作成またはログインが可能です。この時も、既にアカウントを持っている方はログイン。持っていない場合は、必要項目を入力してアカウント発行が可能です。 ディズニーアカウント登録が済めば、登録関係は全て終了となります。

③アプリをダウンロード

最後に「Disney+ (ディズニープラス)」や「Disney DX」アプリをそれぞれダウンロードすれば、サービスを楽しむことができます。ログイン時は、それぞれ登録したディズニーアカウントを使用しましょう。

Disney+ (ディズニープラス)で見られるイチオシ作品を紹介!

「ファルコン&ウィンターソルジャー」

ファルコン、キャプテン・アメリカ シビルウォー
©Supplied by LMK/zetaimage

マーベル・シネマティック・ユニバースのフェーズ4に含まれるドラマシリーズとして2020年に放送予定の「ファルコン&ウィンターソルジャー」。「キャプテン・アメリカ」シリーズでお馴染みのファルコンと、バッキー・バーンズ(ウィンターソルジャー)が主人公となって、キャプテン・アメリカの盾の継承の物語が描かれます。

「ロキ」

ロキ,マイティ ソー バトルロイヤル, トム・ヒドルストン
©MARVEL STUDIOS/DISNEY

マーベル・シネマティック・ユニバースのフェーズ4に含まれるドラマシリーズとして2020年に放送予定の「ロキ」。「マイティ・ソー」シリーズでソーの実弟であり、掴み所のない悪役・ロキのスピンオフドラマです。

「ワンダヴィジョン」

エリザベス・オルセン『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』
© MARVEL STUDIOS/DISNEY/zetaimage

マーベル・シネマティック・ユニバースのフェーズ4に含まれるドラマシリーズとして2020年に放送予定の「ワンダヴィジョン」。 「アベンジャーズ」シリーズに登場するワンダ・マキシモフことスカーレット・ウィッチと恋人のヴィジョンが主人公です。『アベンジャーズ・エンドゲーム』後の世界で、シチュエーションコメディ作品のようなセットを舞台に、2人の奇妙なドラマが描き出されます。

『マンダロリアン』

「スターウォーズ」シリーズの実写スピンオフドラマ『マンダロリアン』はディズニープラスで公開されています。本作は『スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還』の後、帝国が崩壊した辺境の地を舞台に、賞金稼ぎとして生きるマンダロリアンを主人公にした物語です。

『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』スピンオフドラマ

2016年に公開された映画『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』のスピンオフドラマがディズニープラスで放送予定。人気キャラクターであるキャシアン・アンドーを主人公に、「ローグワン」よりも前の時間軸が描かれると発表されています。

オビ=ワン・ケノービのスピンオフドラマ

スターウォーズ クローンの攻撃、オビワン、ユアン・マクレガー
©Lucasfilm Ltd/zetaimage

「スターウォーズ」シリーズに登場するオビ=ワン・ケノービを主人公にしたスピンオフドラマも公開予定です。「スターウォーズ」のエピソード1〜3で主人公アナキン・スカイウォーカーの師匠だったオビ=ワン・ケノービのストーリーで、ユアン・マクレガーの再演に期待の声が集まっています。

実写版『わんわん物語』

ディズニープラスで公開中の実写ドラマ「わんわん物語」は、1955年に公開されたディズニーアニメ映画「わんわん物語」を実写化した作品。お嬢様育ちの迷い犬と、たくましい野良犬の出会いを描くロマンティックな物語です。

「NOELLE」

ディズニープラスで公開予定の映画『NOELLE』は、映画「ピッチ・パーフェクト」などで知られるアナ・ケンドリックが主演を務めるクリスマスムービー。サンタクロースの一家に生まれたノエルは、サンタの跡を継いだ兄ニックをサポートしますが、ニックは重圧に耐えかねて逃亡してしまい……。

『ハイスクール・ミュージカル ザ ミュージカル』

2006年に放送されたテレビ映画『ハイスクール・ミュージカル』のリメイク版ドラマ『ハイスクール・ミュージカル ザ ミュージカル』がディズニープラスで配信中です。本作は、オリジナル版と同じくイースト高校が舞台となっています。 冬のミュージカルで『ハイスクール・ミュージカル』を演じることになった生徒たちのドキュメンタリー風ドラマで、トロイやガブリエル役を演じる生徒たちのリアルな姿が新鮮です。

マーベル!スター・ウォーズ!人気2シリーズも視聴可能

Disney+ (ディズニープラス)では、マーベル、スター・ウォーズの人気2シリーズ作品が見放題です! マーベルでは、『アベンジャーズ/インフィニティウォー』や『ブラックパンサー』など2018年公開の作品も配信中。最近のマーベル作品は、一作目の『アイアンマン』から最新作まで連続してストーリーが続いていたり、キャラクターが関係し合っているのが特徴的。劇場で最新作を観る前に“復習”が欠かせないのです。そんな時、「Disney+ (ディズニープラス)」に加入していれば怖いものなしです。 同様にスター・ウォーズも、2018年公開の『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』やスピンオフ「ローグ・ワン」といった劇場公開作品をはじめ、オリジナルアニメシリーズ「スター・ウォーズ レジスタンス」などのテレビ版コンテンツなどがラインナップに加わっています。

実写化されたアニメーション作品【プリンセス好きな子どもに!】

美女と野獣
© Walt Disney Studios Motion Pictures

「Disney+ (ディズニープラス)」では、数多くのディズニーブランド作品を堪能できますが、その中でも実写化の決まったアニメーション映画はつい見返したくなりますよね。 2019年に公開された実写版『アラジン』のほか、これまで実写化された『美女と野獣』や『シンデレラ』、そして『眠れる森の美女』も視聴できますよ。

実はディズニー?「天使にラブソングを」も観られる!

『天使にラブソングを』
© Buena Vista Pictures /zetaimage

Disney+ (ディズニープラス)では、ディズニーの会社ブエナ・ビスタ・インターナショナル・ジャパンが配給した映画作品も数多く用意されている点です。中には、『天使にラブソングを……』や、ロビン・ウィリアムズ主演の『フラバー』といった、世界的に大人気なコメディ映画もラインナップに入っています。

もしも解約したくなったら?退会方法の紹介

Disney+ (ディズニープラス)を解約したくなったら下記の公式サイトにアクセスし、解約手続きを進めてください。 日割りの計算はしないので、月末まで使い切って退会するのがおすすめです。

ps4で視聴可能!?対応デバイスの確認

サービスは基本dアカウントとディズニーアカウントの登録が完了していれば、全ての携帯キャリアから利用が可能となっています。そして、対応OSに関してもiPhone、iPad(互換モード)、Android 5.0以上、iOS 11以上で利用可能です。 またアプリでは、上記のOS・デバイスに加えて以下のテレビ、PCで視聴可能です。 ps4を利用する人はps4でもDisney+ (ディズニープラス)が視聴できるのか気になりますよね?しかし、ps4では視聴できません。注意してくださいね。

デバイス・ブラウザ 利用可能環境
Apple TV tvOS11以上
Fire TV、Fire TV Stick 第2/3世代(FireOS5以上)
Android TV Android5以上/Android TV搭載のBRAVIA、AQUOS
Windows PCブラウザ Windows7,8,Windows10/Internet Explorer11/Edge、Firefox、Google Chrome ※ブラウザは最新のVersionのみ
mac PCブラウザ mac最新OS/Safari、Firefox、Chrome ※ブラウザは最新のVersionでご利用ください

動画以外にも充実のコンテンツ【アプリはある?】

各アプリの違いを知ろう!

デッドプール2
©2018 Twentieth Century Fox Film Corporation. All rights reserved.

「Disney+ (ディズニープラス)」は、各アプリで構成されています。 「Disney+ (ディズニープラス)」アプリでは主に、ディズニーの映画やTVなどが毎月追加されます。ディズニーの長編アニメ/実写作品、ピクサー作品、マーベル作品、スター・ウォーズ作品などがここで視聴可能。 もう1つのアプリ「Disney DX」は、ディズニーやピクサー作品関連のトリビアやファッション記事が読めて、きせかえやスタンプ、オンラインイベントといった限定特典が楽しめるアプリです。

動画以外も楽しめる?【トリビア情報も】

『くまのプーさん 完全保存版II ピグレット・ムービー』
© 2003 - Walt Disney Studios. All rights reserved.

アプリの説明の中でも触れましたが、本サービスは見放題の動画だけを楽しむものではありません。加入をすれば、観た映画のトリビア情報や、キャラクターの歴史といった、様々な記事コンテンツも楽しむことができるのです! 他のストリーミングサービスは、このように公式の記事コンテンツアプリなどは存在しません。そういった文脈でも、かなり有益で価値の高い情報を堪能することができるでしょう。

Disney+ (ディズニープラス)で作品を楽しもう!【料金・支払い方法解説】

これまで紹介してきた「Disney+ (ディズニープラス)」ですが、簡単な3ステップで登録が完了し、月額770円(税込)で様々なコンテンツが堪能できるサービスでした。 毎月新たな作品がラインナップに加わる点、そして他にない公式アプリでの記事などはディズニーファンにとってはもちろん、多くのエンタメ好きな人たちを虜にすることになるのではないでしょうか。