ヒックとドラゴン

ヒックとドラゴン

作品情報

原題 How to Train Your Dragon
製作年 2010年
日本劇場公開日 2010年8月7日
製作国 アメリカ
上映時間 98分
ジャンル アニメ

あらすじ

はるか昔、北の海にあるバーグ島が舞台。そこで生活するバイキングたちは島から食料を奪っていくドラゴンたちと長きにわたる戦いを繰り広げていた。バイキングのリーダーであるストイックはひ弱で変わり者の息子・ヒックのことで悩んでいる。 ドラゴンが島を襲ったある日ヒックは自ら発明した投擲機で、誰もが恐れるドラゴン、ナイト・フューリーを縛り付けることに成功。皆が信じてくれない中、ドラゴンが落ちたあたりを探しに行くと傷と追ったナイト・フューリーがいて..

新着感想・ネタバレ

shinseinamarim1の感想・評価
最高に面白かった。ドラゴンのトゥースが可愛すぎてどうにかなりそうこれに尽きる。展開の緩急が見事でどのシーンを切り取っても完成されてる映画だと思ってる。最後の最後に自らにつきつけられた現実を受け入れる主人公の顔がファンタジーらしからず印象的。とにかくトゥースが可愛いこれにつきる。
southpumpkinの感想・評価
日本で全然売れなかったアニメにとんでもない傑作が混じっているという話は前々から気居ていたのですが、ここまでとは。ドラゴンと敵対するバイキングの子として生まれながらもその才能に欠ける少年ヒックがドラゴンと出会うことで成長していく物語。非常にシンプルながらも奥深いというまさに映画な映画でした。
本作でテーマになっているのはズバリ「世代間のギャップと転換」です。ヒックはドラゴンと共存できることを知りますが、バイキングのトップである父はそれを認めようとしない。本作では新世代側(ドラゴンとの共存を目指す)からの視点であり旧世代側が悪のように見えます。しかしそのオチでは新世代から旧世代のリスペクトすら匂わせる展開に。この辺りは言外で語られます。鮮やかな世代交代、それをわかりやすく解釈させるための親子の対立。すっごいぞ。
豊かなキャラクターと抜群のテンポもあり、全く無駄なシーンがありません。子どもも大人も楽しめる映画です。
ciatrをフォロー: