市民ケーン

市民ケーン

作品情報

原題 CITIZEN KANE
製作年 1941年
日本劇場公開日 1966年6月14日
製作国 アメリカ

新着感想・ネタバレ

Hironari_Yoshimatsuの感想・評価
未だに新鮮に感じる映画の構成
maronjr776の感想・評価
字幕なしだったから内容よく分からず2回鑑賞。当時はオーソン ウェルズの斬新なアイディアとテクニックで話題になったらしく(過去と現在を交互に描く構成など)、映画批評家による数々の映画ランキングでも1位とるような金字塔的作品らしいが、50年以上たった現代からしたらそれほど特異には感じられず、がそれにも関わらずそれほど評価を受けている理由がよく分からなかった。。幼くして両親と別れ人から愛情を受けることなく育った新聞王の孤独な生涯を描くことによって生きることの本質に迫ったストーリーは素晴らしくできていると思った。もともとの制作に取り掛かる前でのタイトルはThe Americanだったらしいことから、オーソン ウェルズはチャーリー ケーンを通してアメリカの物質主義とその惨めさを描き、そしてアメリカという国を非難する意味でこの映画を作ったんじゃないだろうか。
skateman0107egaの感想・評価
よくわからんw
とりあえず自分勝手は嫌われる事が良く分かる映画 少し苦手でしたー
ciatrをフォロー: