ザ・シャウト さまよえる幻響

ザ・シャウト さまよえる幻響

作品情報

原題 THE SHOUT
製作国 イギリス

監督・スタッフ・キャスト

新着感想・ネタバレ

southpumpkinの感想・評価
2015/04/18 新文芸坐「イエジー・スコリモフスキ オールナイト」にて
これは見紛うことなき大傑作。修行をしたとかなんとかで「叫ぶだけで人を殺すことができる」特殊能力を手に入れた胡散臭いおっさんのお話。主人公のビジュアルとか、舞台とか、複合的なテーマとか完全にアレハンドロ・ホドロフスキーのオマージュだと思うのですがどうでしょうか。しかもホドロフスキーの良くないところ(というか僕が嫌いなところ)である説教臭いところが全くなく、その代わりにかなり魅力的な脚本が付加されています。カルト映画への分類は間違いないですが、かなり見やすいカルト映画(矛盾)なのではないでしょうか。”音”がテーマなので映画館で爆音で鑑賞するのが一番お勧めです。
オールナイト上映で主要作4本一気に観たのですが、こういうテイストの作品を後にも先にも撮っていません。この路線で映画を撮り続けてもおそらくライフワークにできたのでしょうけど、それを放棄してどんどん新しい映画をとっちゃう辺り鬼才と呼ばれる所以なんだろうなあ。
tmmyonの感想・評価
ポーランドの監督イエジー・スコリモフスキの作品。(なんとも引きこもりのような覚えにくい名前)
アボリジニの集落に婿に行き15年?ほど修行したせいで叫び声だけで人が殺せるようになるという不思議な男とそれに巻き込まれる夫婦の話。
なんだろう、意味不明なのにとにかく最高!!!カメラワークがなんとなくヒッチコックの『めまい』ぽかったりしてかなり引き込まれました。意味はわからんのですが。
sabiinuの感想・評価
2014/09/09 名古屋シネマテーク
気にはなっていたがかなりツボかも。
ciatrをフォロー: