WALL・E/ウォーリー

WALL・E/ウォーリー

作品情報

原題 WALL・E
日本劇場公開日 2008年12月5日
製作国 アメリカ

新着感想・ネタバレ

tremolo779の感想・評価
あまり喋らないけど感情表現豊かなロボットのラブストーリー。
その裏のテーマは環境破壊への警鐘だったり、過度な機械化を進めるとどうなるのかっていう部分なのかなと思う。

ウォーリーはレンズの部分の上がり下がりで、イヴは液晶部分で、それぞれ上手く表情が出ていたのは良かった。
(その分、後半であんなにイヴが喋る必要は無かったような気もするけど)
前半は完全にウォーリーの片想いなんだけど、後半はどっちかというとイヴがウォーリーを助けようと奔走する。
個人的にエンディングが1番印象に残ってるなぁ。
ロボットと共存しながら地球を再生していくんだけど、それが絵画の歴史を辿るみたいにどんどん進んでいくのが面白かった!
潔癖症で一生懸命なモーがすごく可愛かった。
copparmanの感想・評価
20161217
モーが家に1台欲しい
tnht77の感想・評価
ウォーリーが可愛かった。ゴミだらけの地球を掃除するためのロボットなのに、なんで心があるロボットにしたのかな〜〜とは思った。勝手に芽生えたのかな。
ciatrをフォロー: