悪魔のいけにえ

悪魔のいけにえ

作品情報

原題 The Texas Chain Saw Massacre
日本劇場公開日 1974年10月4日
製作国 アメリカ

新着感想・ネタバレ

theskinheadsの感想・評価
めちゃくちゃ怖い!
序盤から不吉な感じがジワジワと押し寄せてくる。連続して流れてくる不吉なニュースや、謎のヒッチハイカー。どことなく閉鎖的な田舎はなんとなく不気味な雰囲気。
レザーフェイスとの遭遇からは完全に縮み上がってた。何が怖いって、スピードの早さ。初登場のレザーフェイスが数秒でヤバいやつだとわかる。下手に人を殺すのに間を持たせたりしない。間髪入れずとはこのことかな。多少はグロいけど特別ではないのに、怖さを引き立てるのは一家の狂いっぷりだろう。善悪の区別がなく、自分の声が届くことはない。利己的で相手のことを考えるような人間達ではないのだ。
今となってはステレオタイプな展開だが、最後まで怖がらせてくれたし、朝日をバックにチェーンソーを振り回すレザーフェイスには芸術性すら感じた。
確かに怖くて、世界観としてもかなり良くできた映画だけど、だから故もう一回観るのは度胸がいる。
sogo_hiroakiの感想・評価
FB「映画の森」にコメントくださった方々からのオススメもあって早速鑑賞。

テキサスチェーンソーに比べて、こちら方が俄然面白かった。

歴史やまだ、撮影技術が今よりもない頃の作品もあるも、こちらの方が登場する人物がシンプルだし、ナチュラルな「人」描写で、凄く良い。
今の映画は、最初の「起」では、時代背景・人物の説明・今現在の状況などを表しているが、この映画は、あまりなく寧ろ「観れば」わかる。

始まり方が、凄くいい。
始まり方が、1番恐く、何も映ってない(画面は黒)映像から始まるので、いきなり想像・連想させられ、掴みOKみたいな。

今は、灯りや色合いは、PCで表現できるし、それも凄く良いが、今の技術がないからこその映像だけに、凄く良い。味がある(^^)色合いで、恐さを出すのも有りだけど、こちらの方がリアルで、凄くよかった。

今の映画は、薄暗く何か恐い事が起きる予感をかもし出して映画表現しているが、襲われるとは、正にこうだよねと思った。

映像構成・表現や描写を抜きにして、こちらの方がリアルに見えるし、俳優の顔の表情が良かった。

しかも、なにより「人間臭さ」を感じる。

これは、いつ観ても新しい。
ekurmovの感想・評価
レザーフェイスの初登場シーンのスピード感やハンマーの勢いに圧倒され、終盤の目のドアップの映像には衝撃を受けました

見たのは随分前ですが記録を忘れていたので記憶を頼りにざっくりと印象だけ書かせていただきました
若者たちがキャンプに行った先で殺人鬼に襲われ〜というサイコホラーの定番ストーリーの生みの親的作品ということでリスペクトもこめて☆4です
ciatrをフォロー: