夕陽のガンマン

夕陽のガンマン

作品情報

原題 For a Few Dollars More
日本劇場公開日 1965年12月18日
製作国 イタリア

新着感想・ネタバレ

southpumpkinの感想・評価
お恥ずかしながらマカロニウエスタンの鑑賞が初めてです。イーストウッドにハマりつつあるので、この勢いでとうとう手を出してしまいました。中身が無いという皮肉も込められた「マカロニ」ウエスタンは言い得て妙。直前に見た西部劇が『許されざる者』という極肉厚西部劇だったので、余計に本作がエンターテイメントに振り切れているように感じたのかもしれない。ただそれがマイナスの意味ではなく、登場する個性的なキャラクターのエピソードに終始しているようでした。
僕は二人の賞金稼ぎが出会うシーンが特に好きです。そもそも最強感のあったイーストウッドが「こいつはやべえ…」って思うんだけど、絶対に口に出さずに虚勢張る感じ好きです。まだイーストウッドが「若さ」を売りに出演していたことをうかがわせます。
弱い映画好きなのでリー・ヴァン・クリーフという俳優を初めて知ったのですが、あの存在感素晴らしいです。若くしてアレなイーストウッドは想像通りでしたが、ギラッギラのリー・ヴァン・クリーフがすごかった。調べればマカロニウエスタンの大スターだそうで、『続〜』にも出演しているとのことで期待しています。
happofusagariの感想・評価
古臭さ(当たり前だが) がドストライクだった
Keimiyazatoの感想・評価
イーストウッドは勿論ですが リー・ヴァン・クリーフが更に格好よい!この二人だけでは無く端役の人まで個性的な役者揃いで本当に面白い マカロニウェスタンはクセになります。
ciatrをフォロー: