ケンタとジュンとカヨちゃんの国

ケンタとジュンとカヨちゃんの国

作品情報

新着感想・ネタバレ

____RiN____の感想・評価
公開当初に観た時は絶望の深い映画だなあと思ったものですが、数年経って観直してみると、脚本の荒さが目立ちました。
施設育ちの教養も金もない男二人が、ある日キレて、雇い主から金と車を奪って逃走する話。行きずりの馬鹿なビッチも同行します。孤独な三人の逃避行、どこかで聞いたことのある絶望のロードムービーです。
脚本は荒いんですが、安藤サクラの存在感と演技力がずば抜けていて目をみはります。彼女こそまさにカメレオン女優。
chiakiii1204の感想・評価
サクラちゃんが大好き♡
あんなにかっこいい
高良君がこの映画だとかっこ良く見えなくて
ほんとにカメレオン俳優だなと
シミジミ思ったww
momoka_0131_の感想・評価
曇り空の日みたいな映画。
なにかをみつけたくて愛されたくて
でも分からなくってあがいてもがいて…
でもふとした瞬間にどこに行っても
自分は変わることはできないって
ことに気づいてしまったときの
喪失感はものすごい。
なんとなくじぶんに重ねてしまうし
余計にこっちまで悲しくなる。
でも不器用だけどいつもなんか形が
ちがうんだけど…一生懸命な彼らなりの
愛情とか自己表現がすごくすき。

ciatrをフォロー: