ふたりの人魚

ふたりの人魚

作品情報

原題 蘇州河
日本劇場公開日 2001年4月28日
製作国 中国・ドイツ・日本

新着感想・ネタバレ

tmmyonの感想・評価
ショーで人魚を演じる女と、その人魚を撮影するうちに恋仲になる男(この人の視線で物語は語られる)。それとその人魚に昔好きだった女の子の姿を重ね合わせ、彼女にその子のことを話し続ける刑務所帰りの男。
なんだろう、まだ上手くは言えないけど、すごくよかった。内容というより雰囲気かな。
手持ちのカメラが上海の若者のリアルを表現している気がする。

「愛しているなら、死ぬまで私を探して、人魚になった私を」

という詩が美しい。
ciatrをフォロー: