セデック・バレ 第二部 虹の橋

セデック・バレ 第二部 虹の橋

作品情報

原題 Warriors of the Rainbow II: Rainbow Bridge 賽德克・巴萊
日本劇場公開日 2013年4月20日
製作国 台湾

新着感想・ネタバレ

Tomochika_Nakanoの感想・評価
戦闘多めの第二部、戦争映画としてみても見応え十分。花岡義兄弟の葛藤、小島の描かれ方など、もっと日本人の愚行を強く描いても問題ないんじゃないかなってくらいだった。半日映画では微塵もなかった。確かに長い、でも無駄はない。
本当に面白い映画!4.5
potunenの感想・評価
単なる英雄譚だけじゃなくて、勇ましい男たちの割りを食う女たちまできちんと描かれてるあたり、隙がない。一部に続き戦闘シーンの迫力もすごい。
polo1026の感想・評価
最初こそ奇襲攻撃で好戦を続けるセデック族ですが、銃や毒ガスを使って攻撃を行う日本人にはかなわず、徐々に追いつめられていく。
戦で戦う男のみならず、女性や子どもたちは殉死という選択肢を選ぶ。

この現状に頭目のモーナ・ルダオは何を思ったのだろうか。
反乱で亡くなった若者たちは「セデックバレ=真の人」となれたのだろうか。

ciatrをフォロー: