スター・トレック ジェネレーションズ

スター・トレック ジェネレーションズ

作品情報

原題 STAR TREK: GENERATIONS
日本劇場公開日 1993年11月30日
製作国 アメリカ

新着感想・ネタバレ

t_u333の感想・評価
TNGの映画ですが、カーク船長とスコッティとチェコフが出演しています。スコッティとチェコフの出演は開始十数分だけです。

データ好きには堪らない映画だと思います。彼が人間らしく楽しく笑ったり、敵を恐れて怖じ気づいたり、自責の念で押し潰されそうになったり、嬉しいのに涙が流れたりと色んなデータを見ることができます。残念ながら、格好良いデータは居ませんが……。

カークがピカードに「絶対にエンタープライズを降りるな。出世や名声を与えられるとしてもだ。エンタープライズに、あの椅子に座っている時が一番輝いていた」みたいな台詞を言います。これが映画開始冒頭のカーク船長を思い出して、グッときます。

最後のシーンでピカード船長が言う、「人生は何を成し遂げたかではない、どう生きたかだ」の言葉がこの映画の全てだと思います。
ciatrをフォロー: