野のなななのか

野のなななのか

作品情報

日本劇場公開日 2014年5月17日
製作国 日本

新着感想・ネタバレ

heshinseiyaの感想・評価
2014.12.28 シネマ尾道 大林監督&常磐貴子さんティーチイン
yusaichikuの感想・評価
難しかった。
異空間で、矛盾の重なり。
それでも伝わるメッセージ。
zatsumuの感想・評価
映画館にて。

北海道芦別市を舞台に、現代社会が抱える問題、震災・原発の話とそれに関わる福島で生きる人の話、地方都市の過疎化、北海道における戦争での負の遺産、個々の家庭の日常問題、故人が墓まで持って行かざるを得なかった話、に急に輪廻転生ものをぶっこんできてて、不意に芦別市の観光情報も差し込まれ、3時間という上映時間もあり、観終わった後はただただ「こ、これが怪作とかいうヤーツか…」となってしまった。
大林監督の映画は他の作品も観てみたい。結局光男と綾乃(信子)の関係はつながりというより縛りに近かったけど、死んでようやく自分を許せた光男とそんな光男を迎えにきた綾乃の力により繋がりになった感じがある。
常盤貴子が怖ろしく美しかったし安達裕美の儚い美しさも素晴らしかったのでそれだけでもお腹いっぱいです…
ciatrをフォロー: