ロルナの祈り

ロルナの祈り

作品情報

新着感想・ネタバレ

tmmyonの感想・評価
最後「あれ、『ベティ・ブルー』かな?」ってなった。
sabiinuの感想・評価
2013/09/25 TV
gwashiiiiの感想・評価
ロルナの祈り/ジャン=ピエール&リュック・ダルデンヌ
★★★★★★☆☆☆☆
ベルギー国籍を得るため、薬物中毒のベルギー人クローディと偽装結婚し共に暮らすロルナ。
早く離婚を成立させて愛する人と一緒になりたいロルナだったが、クローディはロルナなら麻薬に溺れる生活から助けだしてくれるとロルナに依存していた。
麻薬中毒による死別を計画していたはずが、ロルナはなんとかクローディを生かしたまま離婚出来ないか試みはじめる。

今までの同監督作よりも話の筋がはっきりしていて観やすい。
その分本監督特有の冷たく乾いた空気感が薄れているといえばそうなのかもしれない。
(僕にはそのほうが観やすくていいんだけど)

ロルナの気持ちの移り変わりは女性ならもっとすんなり共感出来るのかな。
男の僕には少し突拍子なく感じてしまって???が頭の中に。
愛のカタチとして幻想であろうが何かを守りぬこうとする姿には、美しささえ感じたけども。
そこに感情移入出来ないのがハマりきれない理由かなぁ。

しかし邦題の「祈り」って言葉選びにはピンとこない。
ciatrをフォロー: