映画 ビリギャル

映画 ビリギャル

作品情報

製作年 2015年
日本劇場公開日 2015年5月1日
製作国 日本
上映時間 117分
ジャンル ドラマ・恋愛>青春>学生・学園

あらすじ

名古屋の女子高に通うさやかは、勉強は一切せず毎日朝まで友達と遊びほうける日々。 このままでは大学への内部進学すら危ういと心配した母・ああちゃんは、さやかに塾へ通うことを提案する。そこで入塾面接に行ったさやかは、教師の坪田と運命の出会いを果たす。 金髪パーマ、厚化粧に耳にはピアス、極端に短いミニスカートにへそ出しというギャル全開の姿で現れたさやかに一瞬面食らう坪田だったが、見た目はハデでも素直な性格だとすぐに気付いた坪田はさやかと打ち解け、ふたりは慶應大学への受験合格を約束することに! しかし当のさやかの成績は偏差値30の学年ビリ。学力テストをしても、聖徳太子を“せいとくたこ”と読み、「太った女の子だからこんな名前付けられたんでしょ?」と言う始末で、高校2年生にして小学4年生の学力しかなかった。そんなさやかの教室大爆笑の珍解答の連続にも、「君の発想は天才級だね」と褒める坪田。「日本地図くらい描けるよね?」「無理っしょ普通」「東西南北わからない!?」「そういうの私、ホント無理だわ~。私の友達絶対知らないから」一体どうやって生きてきたのか理解できない知識の欠如。しかし坪田だけは、この愛すべきアホぶりの中に、すごい可能性が秘められていると踏んだのだった―。 「さやかが慶應とかチョーウケる!」と、はじめはノリで慶應大学合格という目標を掲げたさやか。当然、絶望的な高い壁に何度もぶち当たるが、やがて自分の為に必死になる坪田の姿を見て、ガッカリさせない為に、そして愛情を注ぎ応援してくれる母・ああちゃんの為に、さやかファンの不良少年レイジの励まし、ギャル仲間の友情にも支えられ、さやかは本気で勉強に取り組むようになっていった。 果たして、偏差値30のギャル・さやかは偏差値70!の慶應大学にいかにして現役合格を果たせたのか!?

新着感想・ネタバレ

southpumpkinの感想・評価
同名小説の映画化。不良の女の子が塾講師と出会い、慶応大学への入学を目指す話。
予想通りの気に入らない点があったのですが、予想を裏切る面白い点があったので高評価にしておきます。想像通りの似非若者感が鼻につきました。女の子の普段の生活も、若者の生活を想像した大人の描く現代の若者、という感じがします。塾講師と女の子との会話も、塾講師が女の子に興味を持ってもらおうと目線を下げたトークを展開しますが、ここにも似非が。有村架純は抜群の可愛さですが、彼女も演技しながら「こんなの若者じゃない…!」と思ってるんじゃないかな…。底抜けな明るさが謎です。もっともっとドライで悟っているはずなのです。
単純なサクセスストーリーではなく、家族の問題にも発展させたのが本作の面白いところ。息子をプロ野球にしたいがため、娘二人と妻を蔑ろにするお父さんが強烈です。物凄いヘイト凄い溜まり、彼の改心が寧ろ物語の大きなカタルシスを生んでいます。さらに本作では主人公の唯一の味方となっている母親、彼女については全くのお咎めなしですが、少し疑問の残る態度で娘を教育しているようにも見えます。「ワクワクすることだけをやらせたい」は本当に正しいのでしょうか…。そんな問題提起は本作には存在しませんが、ふと考えさせられます。
TORABISU777の感想・評価
ビリのギャルと謳っているくらいなので勉強どころか性格的にも脳みそ的にも反社会的なところからスタートするのかと思いきや、過去に中学受験に成功していたり、大人の言うことにはしっかり従順な女の子だったりするから、事前に想像していた状態より全然希望あるじゃんと少し設定の弱さを感じた。さらに言えば、娘である主人公のことを無下に扱っていた父親が直向きに努力している娘を見直して関係を形成し直す描写があるんだけど、そこが特に浅はかだった。あんなに乱暴だった父が心を打たれて公正するっていうのはまだ分かるんだけど、それに対しての周りの受け入れの姿勢があまりに淡白過ぎるというか、そんなにあっさり迎え入れるか?といった間違った家族愛みたいのが見ていてやるせなかった。まぁ家族ってそんなものではあると思うけど。
とか言いながらも、星4をつけたくなるほど良い所もたくさんあった。
まず、伊藤淳史演じる塾講師の役像が素晴らしい。よくある典型的な熱い先生ではあるんだけど、要所要所の人間らしさや不器用な演技が単純にあーこういう先生いたらいいなぁと感情移入の間口になってくれた。
母親役を演じた吉田烊にも拍手を送りたい。どんなことよりも娘を優先し、辛いことや悲しみを背負っているんだけど、誰にも悟らせない女の強さやかっこよさみたいなのが最高に良かった。というより自然な演技でうまかった。

子供の頃に何にも頑張ってこなかった人間は大人になったら子供に何にも教えてやることができないんだろうなぁとしみじみ。。。俺もまだいわゆる若者の部類に属する時期だからもっと直向きに頑張ろう。まぁまぁ影響されてます。
Sayaka__Todaの感想・評価
【コンプリメントとリフレーミングのプロが登場している】
主人公は名古屋の名門女子校(中高大一貫)に通う、偏差値30の女の子。中学受験で私立校に入れてるってことは、元は悪くない。じゃあビリじゃないじゃん。
それにタイトルでは「一年で現役合格」とされているけど、実際には1年半かけて受験勉強している。なーんだ、半年もプラスあるんじゃん。

…って思いそうになるけれど、そんなのは細かい揚げ足とり。努力しないで現役合格できたはずないし、努力を1年半続けることは、生半可な思いじゃできない。
なんでそんなことができたのかって、彼女のモチベーションを保たせ続けた、伊藤淳史演じる坪田先生がすごい。
誉める。とにかく誉める。テストが0点でもありとあらゆる言葉で誉める。
そして生徒にとって受け入れやすいキーワードやメタファーを使って、教えたり説得したりする。
見習わねば。
(主人公の名前が私と同じ「さやか」。映画の中で坪田先生にめっちゃ誉められて、なんかやる気でた(笑))
ciatrをフォロー: