ちはやふる 上の句

ちはやふる 上の句

作品情報

製作年 2016年
日本劇場公開日 2016年3月19日
製作国 日本
上映時間 111分
ジャンル ドラマ・恋愛>青春

あらすじ

綾瀬千早(あやせちはや/広瀬すず)、真島太一(ましまたいち/野村周平)、綿谷新(わたやあらた/真剣佑)の3人は幼なじみ。 新に教わった“競技かるた”でいつも一緒に遊んでいた。 そして千早は新の“競技かるた”に懸ける情熱に、夢を持つということを教えてもらった。 そんな矢先、家の事情で新が故郷の福井へ戻り、はなればなれになってしまう。 「新にもう一度会いたい。会って『強くなったな』と言われたい。」 千早の想いが情熱に変わるとき、百人一首の世界のごとく、世界が煌びやかに色づき始める。 高校生になった千早は、新に会いたい一心で“競技かるた部”創部を決意、高校で再会した太一とともに、 部員集めに奔走する。呉服屋の娘で古典大好き少女・大江奏(おおえかなで/上白石萌音)、 小学生時代に千早たちと対戦したことのある、競技かるた経験者で“肉まんくん”こと、西田優征(にしだゆうせい/矢本悠馬)、 太一に次いで学年2位の秀才・“机くん”こと、駒野勉(こまのつとむ/森永悠希)を必死に勧誘、 なんとか5名の部員を集め、創部に成功。 初心者もいる弱小チームながら、全国大会を目指して練習に励み、東京都予選に臨む。 千早の新への気持ちを知りながらも、かるた部創部を応援し、部長となった太一。 彼もまた、新に勝たなければ前に進むことが出来ない。「千早に自分の気持ちを伝えたい」―。 千早、太一、新、そして瑞沢高校かるた部の、まぶしいほどに一途な想いと情熱が交錯する、熱い夏が来る。

関連まとめ

新着感想・ネタバレ

Kaori_Yaguchiの感想・評価
広瀬すずの映画
southpumpkinの感想・評価
漫画原作の邦画にしては随分と評判の良い印象で、噂に違わぬもので合ったように思います。競技かるたに青春を捧げる高校生たちの物語。
かるた一直線の女の子”ちはや”と男二人の所謂三角関係ですが、その三角関係描写がとても良い。主人公の男の子は女の子に好意を寄せ、一緒にかるたをすることになります。一生懸命にかるたに励む女の子の素直さを見て、自らのかるたに対する不順な動機に負い目を感じると同時に、過去のトラウマも引っ張り出してきます。この映画の良い所は女の子”ちはや”の内面があまり描かれていないところにあります(実は下の句で描かれちゃうのですが、ここが上の句のほうが評価が高い理由)。何かに必死になることを、手段ではなく目的にする。醒めた若者に対して、青春の存在意義を示しているかのようです。
となれば普通のスポ根映画のようですが、ここで題材となる競技かるたが生きてきます。百人一首は歌に思いを乗せたもの。今も昔も、同じように思いを届ける媒介であることをとても映画的に描いているんです。
序盤のバカバカしいコメディも、くどいように思われるスローモーションも、すべて広瀬すずがなんとかしてくれるのも見どころです。悪く言えば臭い演技ですが、これが素なのではないか、とも思わせる不思議で抜群の存在感です。広瀬すずでしかありえません。
sharaponの感想・評価
シンガポール行きの機内で鑑賞。
競技かるたの説明と、団体戦に焦点をあてた上の句。青春だ、純粋だ。
キラキラした千早は、広瀬すずのハマり役だろう。
高校時代、自分ももっと、何かに打ち込めていたらなぁ。
ciatrをフォロー: