アイ・イン・ザ・スカイ 世界一安全な戦場



アイ・イン・ザ・スカイ 世界一安全な戦場

作品情報

原題 Eye in the Sky
製作年 2015年
日本劇場公開日 2016年12月23日
製作国 イギリス
上映時間 102分

あらすじ

イギリス、ロンドン。軍の諜報機関の将校キャサリン・パウエル大佐(ヘレン・ミレン)は、国防相のフランク・ベンソン中将(アーロン・ポール)と協力して、アメリカ軍の最新鋭のドローン偵察機を使い、英米合同テロリスト捕獲作戦を指揮している。 上空6000メートルを飛んでいる空の目であるリーパー無人航空機が、ケニア・ナイロビの隠れ家に潜んでいるアル・シャバブの凶悪なテロリストたちをつきとめる。その映像が、イギリス、アメリカ、ケニアの司令官たちがいる会議室のスクリーンに映しだされるが、彼らが大規模な自爆テロを決行しようとしていることが発覚し、任務は殺害作戦へとエスカレートする。 アメリカ、ネバダ州。米軍基地では、新人のドローン・パイロットのスティーブ・ワッツ(アーロン・ポール)が、パウエル大佐からの指令を受け、強力なヘルファイアミサイルの発射準備に入る。だが、破壊準備に入ったその時、殺傷圏内にパン売りの幼い少女がいることがわかる。 予期せぬ民間人の巻き添え被害の可能性が生じたため、軍人や政治家たちの間で議論が勃発し、少女の命の行方がたらい回しにされる。キャサリンは、少女を犠牲にしてでもテロリスト殺害を優先しようとするが――。

新着感想・ネタバレ

Junichi__Nakamuraの感想・評価
20170114
TOHO 上大岡
flowermurmurの感想・評価
ソマリアで自爆テロを目論むテロリストのアジトを発見。今すぐ攻撃したいが建物の前で少女がパンを売り始めてしまう。1人を救うか、テロで多数の犠牲者が出るのを見逃すか。何がすごいって攻撃するのは2万ft上空のイギリス軍のドローンってこと。現場にいなくても人って殺せるんですなあ…。今はどこからか映像が漏れて全世界にYoutubeで広まってしまう時代だから、誰もが判断しかねて指示を仰ぐのにたらい回し。色んな意味で恐ろしい。誰か早くパン買ってあげて!って手に汗握った。
Tomochika_Nakanoの感想・評価
戦争の現実をみせつけられた。 4.0
R.I.P.アラン・リックマン
ciatrをフォロー: