鉄人28号 白昼の残月

鉄人28号 白昼の残月

作品情報

新着感想・ネタバレ

tomoartの感想・評価
未だ戦後復興の途上にある昭和30年代。今日も東京の地下からは巨大な不発弾が掘り出された。しかし、それを狙う謎のロボット3体。防ぐ為に正太郎操る鉄人28号が出動するが、3体が相手とあって苦戦する。ところがそこに謎の青年が登場し、正太郎から鉄人のリモコンを奪うと驚くような操縦技術を発揮!瞬く間に3対のロボットを粉砕する。驚く事はそれだけではなかった。彼は自らをショウタロウと名乗り、自分もまた金田博士の息子だと告げたのだ・・・・。

面白い。面白いんだけどね・・・・・何となく諸手を上げて褒められないんだよね。何でだろう。

上記の粗筋はオープニングから数分のナレーション&ダイジェスト映像のみで語られてしまう。前段の部分は手際良く説明してしまい、いきなり本題に入って面白いところをじっくり描くという姿勢はとてもいい。誰だって面白いところが見たいんだから。昭和30年代の描写も、作りかけの東京タワーはありがちだが、同潤会アパートを始めとした下町の猥雑感溢れる街並や、歌われる「お富さん」など、ディテールもしっかり作って雰囲気を盛り上げる。そして正太郎とショウタロウの兄弟の微妙な距離感が縮まって行くところや、村雨一家やアパートの管理人とのふれあいなど、人間ドラマもしっかり書き込まれていて、主な登場人物達がちゃんと「生きて」いるのもいい。

ただ、ドラマの比重が大きくなってしまった為に、鉄人の活躍が薄い。出...
ciatrをフォロー: