ねじ式

ねじ式

作品情報

新着感想・ネタバレ

traumereiiiの感想・評価
オープニングから「この映画はやばい」と思いました。
カオス…。
映画を見始めたのが朝で、「こんなの朝に見るのは間違っているのだろうな…」となんとなしに思いながらも、だらりだらりとハマり込んで、見終わってしまいました。

人の夢の中にいるようです。話に一貫性がなくて、まるで夢の中。
「こういう話です」とはどうやっても言えないので、見てみてください。笑
感じとしてはユメ十夜みたいな感じ。
とにかく不思議て、たまに不気味。
なんにせよ、傷のつまみ方おかしい。笑
aizome__の感想・評価

ねじ式 / 石井輝男
原作 つげ義春
石井輝男監督がつげ義春のねじ式を映画化。
とにかくわけがわからないことこの上なく、
また妖艶という言葉に油をかけたかのようなどろどろとした映像表現。
音にすごく気をつかっているのか、
一枚幕を張ったかのような鈍さで台詞が紡がれる。
ダメな男の不可解な旅路。
理路整然と説明することが不可能なストーリー展開がとても石井監督らしい。
ねじ式のタイトルの意味は最後にようやくわかるが、
わかったとしてもどこにつながっていくのかわからない。
とにかく面白い面白いと思いながら独自の世界観のままに
作り上げている感じがあり、
観ていてとても興奮した。
yaswitchの感想・評価
原作を読みたいな。じゃないとよく分からないとこ多い。なんで眼医者ばっかやったんかな?東京には赤いくつはあったんかな?ガンバれガンバれ言われてもお乳は揉まれてはいけない。
そういえば、これ神戸のほうまで観に行って、めちゃくちゃ好みの子(たぶん)がいて、生まれて初めてナンパ的なことを、したい、と、思った日だったな。
ciatrをフォロー: