キッズ・リターン

キッズ・リターン

作品情報

製作年 1996年
日本劇場公開日 1996年7月27日
製作国 日本
上映時間 108分

新着感想・ネタバレ

theskinheadsの感想・評価
改訂版(加筆しました)
この映画はなんとも。
素晴らしい映画を観せてもらった。まさに世界の北野。流石です。
欲を言うならば高校時代、いや、中学校時代に観たかった。別にボクシングを始めようってわけじゃない。そうじゃなくて青春映画を観た時の甘酸っぱさを今惜しんでも取り返せないんだよな。青春映画はたくさんある。その多くが胸に響く。中でも特にキッズリターンはリアルだった。人生ってこうだろうなと思うことが映画の随所にあった。墓石のセールスマンになって、厳しさからタクシーの運ちゃんなら楽だろうって同僚に誘われた男。そんなことはなかった。
センスがないと馬鹿にされながらも3人しか集められなかったコンビが夢を掴む。ちょうど録画してた成功の遺伝子って番組を見てた。何で録画したかっていうとビートたけしが出てるから。最近すごく尊敬するようになってて、浅草キッドを歌うっていうから録画した。浅草キッドは最後の大サビの部分だけツイッターで歌ってる人がいて知ってた。全部は知らなかったしどんな思いが込められてるかなんて全くだ。その歌の意味を知った時、大迫力で歌うビートたけしを観た時、魂が震えるとはこのことだね。涙が止まらなかった。そしてちょうどキッズリターンを思い出した。このシーンだ。
客が2人の 演芸場で
夢をたくした100円を
投げて真面目に 拝んでる
キッズリターンに出てくるお笑いコンビはそういうところと重ねても...
Keisuke__Aoyagiの感想・評価
当時、格好いい系の映画だと思って見てたけど、金子さんと安藤さんの顔でボクシングとヤクザっておかしくね?と保守的な世間の空気からハラスメントを感じました。二人とも女の子とイカしたデートしてそうなのに、ストイックで誠実そうな部分をたけしに弱みと見られてしまったのかな。ストイックな主役二人とサブカルで水と油のようにまとまらない完全分離の内容が逆にリアルに思えます。全体的に人を小馬鹿にした作りだけど、また久石譲の音楽の本気度が違う。もしかしたら自分と同じ感覚で見ていた方もいるかもしれません。
Mae_Hiroakiの感想・評価
ciatrをフォロー: